2016年01月30日

悪霊がいない、悪宇宙人がいることの論証

 こんばんは

 ここからは少し毛色の違った話に。霊能力を科学的に解明する話である。

 交信について
 ここでは、降霊術、憑依での霊言、チャネリングなどを「交信」と呼ぶ。他にも、睡眠中に交信する前世療法もある。幽体離脱して、天国にゆき霊と語るのもある。夢の中で、霊のようなものと話すのもある。

 私は、前回、強い悪霊はいないと書いた。

(同じく、強い善霊も地上にいない。霊がたかだか数十年で、閉ざされた地上でそんなに賢くはならないからだ。人が人生長く生きても、たいした知恵はつかない。霊も同じ。古い霊は、当時の考えに凝り固まる。そういうのがこの地上で、何百年生きても、文明の成長のほうが早いから、人智を超えはしない。アインシュタインほどにはなれないのである。天国にはいるだろうが。)

 大勢はこう尋ねるだろう。「交信で、悪魔などたくさん現れるではないか? あれはどう説明するのか?」

 私の答えは簡単だ。「あれは、悪霊ではない。悪宇宙人だ。」 実に、物理的だろう? 死後、霊が地上にいる間に、人間より賢くなる見込みはない。が、「交信」をすると、人はとても賢そうな知性に出会える。何かと科学技術を知っていそうなそぶりをする霊か宇宙人。宇宙の文明すら教えてくれる霊か宇宙人。天国の仕組みを教えてくれる霊か宇宙人。彼らが言うことに真実があるとは思えないが、彼らは地球の文化を凌ぐ力をもつ。

 彼ら霊か宇宙人か区別しにくいような者達が教える科学技術はどれも使えない。実用化したものはない。実際はほとんどガセネタだ。が、ガセといっても侮れない。わざと有用な技術や理論は隠して、インチキばかり話すのも何らか核心となるものを知ってなくてはできないからだ。それらSFもどきは、過去のSF小説にないオリジナルだ。死んで、あの世をさまよう霊が思いつけるような安っぽい代物ではない。古い霊は、古い時代の話しかできないものだ。が、彼ら霊・宇宙人は、現代文明を超える未来の物語すら話せる。昔の時代を生きた霊とは思えない。

 人間や地上の霊が思いつかないもの。ならば、それを語るのは天国の霊か、宇宙人である。

 宇宙人の発生確率は最近、高まる。生命が育つには、惑星がハビタブル・ゾーンにあること。そして、高度な知性が育つまで、温暖な気候であればよい。この条件を満たす惑星は、あると考えられている。宇宙人がいても不思議ではない。今は、惑星はたくさん発見しているから、最初の生命がある惑星を発見することが、宇宙探求の焦点だ。宇宙人は皆無と考えるのは、私非科学的である。

 実は、多くの霊能者は同時に宇宙人コンタクティーでもある。なぜ、霊能力という一つの才能しかもっていないのに、霊と宇宙人と同時に交信できるのだろうか。周波数が違うから、というのが霊能者の説明である。が、もう一つこんな説明もできる。実は、霊は宇宙人の演技で、本当は、宇宙人としか交信していないのである、と。

 彼ら霊能者が霊と交信するという。が、私はそれが霊でないことを論理的に説明できる。あまり難しくない。

 天国の霊は嘘をつかない。嘘をつくのは悪霊か、悪宇宙人である。例えば、宇宙人は、科学技術を教えない。交信者が教えられた通りにして、実用化した技術はない。彼らは技術的なことで嘘ばかりつく。もちろんほんのわずかな例外はある。ここでは大多数について論じている。よって、その霊は、偽善者で、悪霊か悪宇宙人である。地震予知する霊はたくさんいる。が、当たったことはない。よって、その霊はインチキで、天国からのものではなく、悪霊といえる。

 人が交信するのは、悪霊か悪宇宙人のどちらかだ。これまでの説明から悪霊はいない。よって、交信でつながるのは、残る悪宇宙人である。

 証明終わり。

 論より証拠がほしい? それはまだ。ここは、霊に関する事実から、諸現象を考察して、論理的に何がいえるかを明らかにする場なのだから。

 以上
 

posted by たすく at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊の生態

こんにちは
 私にはわかりきったことだ。が、知らない人が多い。意外とね。

ここからは、霊の生態を語る。霊界の根本的な原理はこれまで説明した。そこから見えてくる霊の現実を述べる。

 霊はよって、
 1、歩いて移動する
 2,死後、ほとんど地上に長くいる。地上こそが地獄
 3,霊は部屋に閉じ込められている。
 4、成仏する時は、地上から消えて、天国にゆく
 5,霊は強力な悪魔になれない

 1、歩いて移動する
 瞬間移動出来なくて、飛ぶこともできないから、移動は歩きだ。匍匐前進では疲れるだろう。

 2,死後、ほとんど地上に長くいる。地上こそが地獄
 肉体から分離して、霊になったら、地上にいる。瞬間移動できないから、地上以外の所には行けない。霊は、地上で目撃される。人間の全ての霊は地上で目撃される。

 3,霊はすぐに部屋に閉じ込められる
 自縛霊は部屋にこもる。が、全ての霊に共通する。死後、霊となってうろつく。外は寒いから家の中に入る。しかし、扉を通りぬけできない。人が玄関の扉を開けた時にだけ家の中に入れる。その後、誰かが同じことをするまで、家の中から出られない。
 霊は扉が開いた部屋の中に入る。誰か人がその扉を閉めると、もう出られない。誰かがそこを開けるまで、ずっと部屋に閉じ込められる。
 この点、霊は赤子や室内ペットと一緒である。一度、部屋に閉じ込められたら、なかなか逃げられない。自縛霊というのは部屋にいる霊だが、実際は、部屋から出られなくて、困っている間抜けな霊なのである。

 4,成仏時は、天国にゆく
 古来、天国は別世界だ。しかし、地上にそれはない。異なる世界にあると思える。別世界は、科学的に考えると、異なる次元の世界だ。そこに移動するには、現在の科学技術では無理だ。霊は、自力で、そんな異次元にある天国に行けない。
 が、科学が進んだ天国なら、そういうことも可能だろう、と推測する。アメリカの裏では次元移動も可能らしいから。あれは高度な技術ではなく、21世紀初頭のローテクである。

 5,霊は強力な悪魔になれない
 死後、地上にとどまる。町を出歩いても、人間の知識以上のものはない。寒いし、居心地が悪いから霊は家の中に大勢は暮らす。家の中は、冬は暖かく、テレビも見れる。
 地上の霊というものは、「地獄絵」や「霊画」のように、服もなく、おそらく食べ物もなく、水もない。治療すら受けられないので医学もない。現代の生活水準以下の暮らしだ。
 そんな極貧の暮らしをあの世で何十年続けようが、時が止まった世界のように進歩がまったくない。そんな世界に何十年いても、何百年いても、現代科学の知識すら持てない。
 当然、人知を超えるような才知も育たない。霊は地上にい続ける限り、魔王やサタンなどになれるはずがない。魔王やサタンは、実在しない。それがあの世の真実である。

 天国から落ちたら可能だって?

「失礼ですがお嬢様はバカですか?」
 天国は、現代より進んだ世界とする。治安はいい。また天国内の全ての霊を監視する技術くらいはもっているだろう。もちろん全ての霊の思考すら把握できる。すると、少しでも、反乱、退廃、犯罪者の心をもったら、すぐに矯正するはずである。悪の心の芽は、小さな段階で摘むこともできる。

 今の地球の技術では、夜に町の外れで悪人が何をするかは、監視できない。が、天国はそれができる。全ての霊の心理を管理できる。

 ここまで技術が進むと、痴漢も冤罪もない。あらゆる過去・未来、可能性世界を映し出せる。あらゆる霊の心の中は覗きこむことはできる。犯罪の心をもつことを止められる。犯行や事故などは全て未然に防げる。当然、犯罪者になることすらできない。そういう素行が悪いのには、監視がたくさんつくからだ。
 人の目の届かないところで、犯罪者がいて、犯行がなされる。それは人間社会の現在の治安状況だ。その感覚で話すから、天国からも時々、人間社会のように犯罪者が現れる。どんなに矯正しても、悪人は治らないとなる。が、それが、そもそも間違いである。
 現代社会での犯罪率は、古来からだいぶ小さくなった。天国では、何千年も進化した社会なので、犯罪率はとことん低くなるだろう。犯罪者の発生率もほぼゼロに押さえ込める。犯罪的思考が生じた段階で、犯行を起こす前に封じ込める。そこまで進んでいると考えるべきだろう。
 つまり、「天国から堕落して、地上に落ち、地獄に隠れて、犯罪を行う。」というのは、ありえない。神の叡智や天国の技術や理論、規律を一つもわかってない人のセリフである。

 天国から落ちても、悪の心はもてない。人間は未熟だから、善人が悪人に転化することもあるが、高度な精神規律をもつ人が集まる天国では、それもない。だから、天国の技術が天国霊によって悪用されることはない。

 というわけで、霊界でもあの世、地上は、人間と同じような考えの霊達ばかりにあふれている。仕事もなく、何しないで、成仏を待つ日々である。悪党はいても、単に乱暴なだけである。賢くもない。

 わかっただろうか。これが霊の生態である。死んで、霊となってはじめてわかる人もいる。が、今は、あの世のことは、正しく覚えておこう。すると、あの世に行ってから戸惑わなくてすむ。

 では、なぜ交信すると、そんな悪いのがうようよ現れるのだろうか? 霊界にはいない霊がゴマンと。それは後で説明する。

 以上
posted by たすく at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊の特徴のまとめ

こんばんは
 私みたいに、何百の霊と会話した経験からすると、常識なのだけど、多くの人にとっては新しい知見である。

これまで明らかになった霊の特徴をまとめる。

1,瞬間移動できない
2,壁、肉体など霊質を含む物体の中に入れない
3,霊は飛ばない
4,重力は霊に作用する
5,巨大化しない、縮小しない

である。

 1-3からいえることは、霊は、幽体ではないということだ。幽体とは、臨死体験や幽体離脱の体験における自分の体だ。幽体は、瞬間移動ができ、すぐに天国にゆけるためだ。これを認めると、地獄が存在しなくなる。 霊能者の多くは、この単純なことがわかっていない。

 2からいえることは、霊が人体の中に入れないことだ。転生、合体霊は人体の中に入って霊が人を指導するのではない。霊能者は、霊が消えたというが、単に見えなくなっただけである。

 5からいえることは、小人の霊や心臓の中に霊がいるというのは嘘であることだ。霊画は正しく、霊を等身大に描く。

 4からいえることは、霊は空中に飛ばないから、歩いて移動することだ。日本の幽霊は足があるともいえる。成仏する時に、空中に浮かんで消えるのは嘘だとなる。

 こういうのは大発見である。霊界について、根本的にかわるからだ。

以上
posted by たすく at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする