2016年01月18日

霊についての新説4 『成仏の時、霊が上昇するのは間違い。』

こんにちは
 霊界の諸説を、科学的に論理的に説明している。

本日は、「成仏する時、霊が浄化され、心は軽くなり、霊は浮き上がり、天国にゆく」という説の間違いを解き明かす。

まず、霊があらゆる三次元の物質を通り抜ける時、霊に引力だけが働くと、霊は地球中心に真っ逆さまに落ちる。三次元的な物質に何も干渉しないとすると、霊は宇宙空間に浮いているのと同じ状態である。地球の引力の作用で、落ちるのみだ。上昇することはない。

空気より軽いから上昇するのはありえない。なぜなら、空気は霊の体を通り抜ける。空気の浮力は霊に作用しないからだ。よって、霊は落ちるとしても、上がらない。

もし落ちないとしたら、霊界には、大地や地面、空気、空があるからだ。霊は空から霊界の地面の上まで落ちて止まる。

さて、成仏とは、「霊の世界にも空気があって、浄化されると空気より軽くなり、霊は浮揚することだ。」だろうか? 

こんなことを信じたら、「お嬢様はアホですか?」と執事に皮肉られてしまう。

霊の世界は、霊の物質でできている。霊は、精神だけの希薄な空気のようなものではない。精神は、脳の電気信号である。脳がない人間に心はないように、頭部のない霊に、精神はない。霊は、霊の頭と体があってはじめて存在しえる。それがないと、霊として心もなく、生きてはいない。

霊の体を構成する物質は、人間と同じ密度で、霊界の0.8くらいだ。空気は、ごくごく軽い。すると、どんなに霊が浄化されても、霊体をお風呂で洗ってきれいにしても、精神=信条をきれいにしても、霊の頭・五体の重さは基本的に変わらない。

よって、霊体が霊界の空気より軽くなることない。霊体は空気より重い。いくら心が浄化されても、空気より軽くなって、自然に飛びあがることはできない。これは科学的に少し考えるとわかることである。

霊界映画で、よく執着がなくなると、霊が上昇して、光の粒になって消える。あれは、嘘八百なのである。

 成仏する時は「瞬間移動で天国にゆく」か、「歩いて、天国にゆく」しかない。
posted by たすく at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする