2016年01月20日

『霊が三次元の物質を通り抜けられない理由』

こんにちは、
 私の霊界論は、新しくて、斬新。しかも面白い。きつと夢中になるだろう。

 霊についての新説4 『成仏の時、霊が上昇するのは間違い。』

 これまでのまとめ
 「霊の瞬間移動」が事実なら、従来の霊界の姿が変わる
 まず地獄がなくなる。地縛霊もいなくなる。瞬間的にそんな居心地の悪い所から消えるから。霊が上昇するという成仏の光景も嘘となる。瞬間移動で霊は、地面に立ったまま消えて、天国にゆくから。

 霊についての新説5 『霊が三次元の物質を通り抜けられない理由』

 扉や物質を通りぬけるのも不都合なことになる。
 すると、霊どこまでも落ちるか、地球上に固定されなくて宇宙空間に投げ飛ばされる。        
 重要なことも他に一つある。

 霊同士はぶつかる。すると、霊は食べ物をとることができる。人霊は、りんごの霊、ごはんの霊をたべる。霊同士がお互いに通り抜けることはない。通り抜けると、霊は何も食べられなくなる。空気も吸えなくなる。

 さて、霊は人体から分離する。すると、生きている人には普段、霊が入っていることになる。というわけで、霊と霊がぶつかるなら、霊は人体を通り抜けることができない。人体に入っている霊は通りぬけられて、人体の外に出た霊(死霊)とはぶつかるというのもおかしいからだ。

 もっと考える。動物の霊がある。猫も犬も霊をもつ。クジラやイルカなど高等生物だけに霊がある、というのは間違いである。すると、植物の霊がなくなる。死後、霊は何も食えなくなる。あらゆる動植物に霊があると考えるべきである。

 鉱物も同じだ。動物と植物に霊があって、鉱物だけにないと考えるのは変である。水などの霊がないと、あの世で、霊は飲水がないことになる。お皿もないことになる。霊が衣服やベルトなどに金属を使うことから、植物や鉱物の霊はあると考えられる。
 霊が裸ではないから、衣服の霊はある。そんな炭素でない霊は生きてなく、知性もない。霊の物質で作られているという霊物質だ。

霊の物質は、三次元の物質から分離されると考えられる。
 霊物質で出来た、水、食べ物、衣服、棍棒、十字架、空気もあるはずだ。それは、人体から霊が分離するように、三次元の物質から、霊の物質を分離できるはずだ。
 三次元の物質には、多くの場合、そこに霊的なものが同時に存在している、と考えられる。もちろん意識をもつのは、動物の霊に限られる。高等知性をもつのは、知性をもつ動物に限定される。

 霊同士は、ぶつかることはさっき説明した。よって、霊は、地面の鉱物(中に鉱物の霊が入っている)とぶつかる。霊は、扉の中にある霊的な物質とぶつかる。つまり、霊は、壁や扉を通り抜けることはできない、という結論に達する。

 結論
 霊は、合理的に考えると、扉や壁、地面を通り抜けることはできない。

 整理しよう。三段論法である。
 1、霊同士はぶつかりあう (霊同士が攻撃できる理由、霊の食べ物を食える理由)
 2,三次元の物質の中には、霊物質が入っている(人間、動物、植物、鉱物、空気)
 3,よって、霊は、三次元の物質を通り抜けることはできない。

 簡単だ。これは、霊界を大きく変える重要な論点である。
 私は、こちらの立場である。誰か、これを上手に反論できるだろうか?
   
では、失礼。
posted by たすく at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする