2016年01月29日

新説 霊は心臓の中に入れない

 こんばんは
 霊について正しく考える講座である。従来の説の嘘八百を暴いていきたい。今日はその一つ

新説 霊は心臓の中に入れない
 古来から心臓に霊が宿ると思われてきた。ショパンの心臓は、キリスト教でも例外的に神聖なものとされる。

しかし、心臓に霊が入り込むことは不可能である。
1,まず霊は肉体の中に入れない。霊は重なることはできないためだ。生きている人には本人の霊がいる。それで、二体目は入れない。

2,次に、霊は小さくなることはできない。
 ガリバー旅行記では、人間が巨大化して、また小指の大きさにまで縮小することもできる。が、霊であってもそれは無理だ。霊が小さくなれないなら、心臓に入り込むことは不可能である。

 詳説
1の説明は今までさんざんしてきたから省く。

2、霊は巨大化したり、小型化したりできない
 これは奇妙でもなんでもない。人間が巨大化、縮小化できない理由と同じだ。童話やSFのような非現実的な世界では、そういうこともできる。が、どうして、現実世界ではできないのか?
 人間は細胞からできている。細胞は化学物質やDNAなど分子から出来ている。分子は原子からなる。分子が結合する時の距離は一定である。それを短くすることはできない。また原子間の距離も一定である。簡単な装置で、原子の間の距離を縮めることはできない。
人間が元の状態から変化しないためには、人間を縮小したり、巨大化する時には、分子数や原子数を同じままに、大きくなったり小さくなったりしなくてはならない。が、原子間の距離を2-3倍にするのは、どうやったらよいか見当もつかない途方のないことなので、原子論か、量子論など物理学的に不可能なのである。

 原子間の距離が少しでも縮むと、もう原子論の均衡が崩れてしまい、はちゃめちゃな世界になる。超のつく重力下で原子の距離まで縮むというような話もあるが、その他でそういうケースはきかない。
 つまり、細胞が巨大化したり、縮小するのは無理なのだ。すると、細胞からなる人体も大きくなれない。

 現実的に考えると、人体が大きくなるときは、重さも大きくなるはずだ。すると、この場合は、分子か原子が増える。細胞が増える。人間が大きくなる時は、細胞が増殖する。そのために、多大なエネルギーがいる。食わなくてはいけない。もしくは細胞分裂する。それは一朝一夕にはできない。小さくなる時も、体重が小さくなるなら、元の肉体より細胞が減るはずである。すると小さくなる時、脳細胞まで減ることになる。すると、もう元の思考はできない。元の人間ではいられなくなる。

 人間の場合はこれで、巨大化したり、縮小したりできないと、理解してほしい。もっと厳密に考察することもできる。が、今は簡単にこのくらいにする。

 霊は、人体から分離するものだ。思考も肉体もほぼ同一。つまり、細胞まで同一で、分子・原子まで人間とうり二つと考えられる。
 すると、霊の肉体は細胞からなる。その細胞は、原子・分子からなる。霊と人間はほぼ同じ脳の機能をもっている。脳はかなり複雑な化学作用をする。電子の作用もある。それがほとんど同じ。そこから、霊の世界の分子と原子は、人間とほとんど同じ働き、性質があると考えられる。
 霊が縮小する時は、分子の距離を縮めると、霊の身体が壊れるからできない。だから、原子間の距離を小さくするしかない。霊の物理世界も人間のとほぼ同等だから、それは不可能だと推測できる。霊が巨大化する時も同じだ。

 というわけで、霊は巨大化することも、縮小化することもできない、と結論づけられる。

 霊はよって、小さくなることはできないから、心臓の中に入れない。

 あまり難しくなかった。霊が巨大化することが現実にあると考えることが、非科学的だ。お伽話の世界なのである。そういう妄説からは早く脱しよう。

以上。
posted by たすく at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする