2016年02月07日

霊視、幻視を止める方法は何かないか?

では、霊視、幻視を止める方法は何かないか?

 前回、幻聴、霊聴をなくす方法を書いた。それは耳から何かが入ってくるのだと。その耳の中にある見えない装置か、そこにつながる見えないコードを取り除くと、成功する、と。
 では、幻視、霊視はどうやったら、見えなくなるだろうか? 暗い廊下に幽霊や魔物などがいるのがうっかり見えたら、怖いだろう? そんな怖い幻覚は、どうやったら消せるか?

 ここでは、視界がぐにゃぐにゃしたり、白黒の映像が見えたり、怖い夢を見るという幻覚や夢を止めることは書かない。それらは初期の幻覚だ。

 幻覚の中期くらいになると、霊や魔物が見える。それが見えなくする方法をここで考える。交信がテーマなのだ。幻覚そのものではない。

 実は、私もまだ効果的な方法は知らなかった。せっかくなので考えたい。

 霊や魔物の幻視を止めるには?
 霊視装置がつけられている。頭部のどこかにそれが装着されている。それを取り外す動作をすると、どこでそれをしたら、霊視が著しく落ちたか?

 私の実験では、頭頂、おでこ、後頭部、耳の周り、首、顎を触って、見えない何かを取り外すような動作をした。
 その中で最も効果的に、霊視力が落ちたのは、耳前をいじくった時だった。このあたりに霊視を左右する何かが、あるのではないか。

 なおふつうの人は後頭部である。

 今日はここまで。霊視を下げる効果的な方法は今回みつけられなかった。それは残念である。
posted by たすく at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする