2016年02月09日

守護霊は天国から人間をラジコン操作する?

これまでの考察で、守護霊(合体霊)は体内にいないことが考察できた。では、守護霊はどこにいるのだろうか?

 守護霊が人間を動かすにはどうするか?
 昔は、人形浄瑠璃のように、霊が人を後ろから棒か糸で操っていたと考えられていた。人間も同じように守護霊によって、物理的な力学で動かされる、と。
 しかし、ロボット研究が進むと、そうは考えなくなった。ロボットはプログラムを仕込んで、電波で遠隔操作するものだ。ラジコンのように。人間もそのように、遠隔操作される、と。

 守護霊は人間を操作するのに、『浄瑠璃式』か? 『ラジコン方式』か? どちらを用いているか?

 浄瑠璃式なら
 霊は背後に立って、人を操る。もしくは体内に潜り込んで人を操作する。これは今までの議論で否定した。

 ラジコン式なら
 人間に簡単な装置をつけて、霊は天国にいながらにして、人間を操作できる。ラジコンと同じ遠隔操作だ。実に科学的かつ合理的である。

 ラジコン式について、可能かどうかを考察してみよう。

 ラジコンで車を動かすには、1,車には命令を受信する装置が必要だ。2,車は受信したら、その命令を入力する。3,すると車は動く。4,遠隔操作装置は、命令を出力する。これらについて検証しよう。

操作者(守護霊)--遠隔操作装置--出力 →→電波→→ 受信--人は動く

1,操作者 守護霊
 計画を練って、人間を動かすプログラムを用意する。そして、命令を遠隔操作装置で出す。

2,遠隔操作装置
 まずは、天国(霊は天国にいる)にこれはあるはず。そこから命令が、電波か、それに類するもので、出力される。

3,受信装置
 おそらく頭部に受信装置がある。それが天国からの特殊な電波を受信する。人間に感じない周波数の電波では、それを人はまったく自覚しない。その特殊な電波を変換して、何らかの形で人間を刺激する。刺激は、人間が感覚(五感及び、六感のどれか)できる範囲でなされる。

4,刺激を人は感覚を通して、脳に入力
 すると、人間は、その刺激に対応する動きをする。天国の意のままに動く。

 およそこういう流れが想定できる。今日はここまで。
posted by たすく at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする