2016年04月23日

奇跡は神の証明にならない。

奇跡は神の証明になるか?

どこの宗教団体にも『奇跡』がある。
 難病が治った。地震で信者の被害が軽微だった。円盤が見えた。写真に輝く光体が写った。九死に一生を得た。奇跡は、熱心な信者や教祖に起きる稀な現象だ。神がいる証拠とされる。

果たして本当だろうか? それらは自然現象ではないのか? 確率の低い偶然が起きても、それは神の仕業としてよいのだろうか? 本当にそれら現象は、神の関与によって生じたものだろうか? それを証明できるのだろうか?

科学が進むと、奇跡はどんどんありきたりな自然現象となった
南米で日食は神の怒りだった。が、ヨーロッパ人にとってそれは予知することもできた天体現象である。日食、月食は奇跡ではなかった。それを予知することも神の力の根拠とならなかった。
地震予知も学者は今できないが、未来ではいつか予知できるようになるだろう。地震予知を成功させただけで、神に愛されてはいるが、神の下にいる者とは断言できない。地震への洞察が学者より優れていただけかもしれない。
ペスト、コレラ、結核は中世の重病だ。生還は中世においては少なかった。生き延びた者は、神の奇跡が働いたからだろうか。医学的に何らか幸運だったに違いない。

 現代で奇跡とされるものは、神の証拠にならない。
難病が治ったことが神の仕業というのは疑わしい。現代医学では不明な治療法が偶然、行われたからではないだろうか。それとも、ふつうに薬で治ったのに、信者の前で奇跡にしたか。神を原因とするのは飛躍しすぎだ。
円盤が見えたから神がいる。私はこの論理がよくわからない。円盤は、他の惑星の乗り物だ。宇宙人を発見した話だ。神を見たという話しではない。
地震で被害が軽微だったのは、神様のおかげ? 地震から逃げられたのは、地震がくるのを知っていたからではないのか? 知らなかったとしたら偶然だ。神が教えてくれた、もしくは神が助けてくれた、という前に近所の人たちが助けてくれたからではないのか?
 写真に輝く光体が写った。私が思うにそれは神ではないだろう。屋久島の写真で映る光の球は雫だ。神様が光るなら、高感度のカメラでとらえられるはずだ。が、幽霊でさえ簡単にとらえられない。神様はなおさらだろう。
 九死に一生を得た。それは偶然だ。物事は確率的に発生する。そういうことは必ずある。だから、確率以上に助かったという話でないと、それは超常の力にならない。もし神秘の力が働いていたとして、悪か神か、幽霊によるものかを、どうやって区別するというのだろうか?
 というわけで、統計的に確率の低い出来事が、宗教団体内に起きると、奇跡とされる。それは、超自然現象ではない。また、もし超常現象であっても、科学が発展すると、神なしに生じた現象だと説明できるだろう。

 ほとんどの奇跡は、神の存在証明にならない。
 神の証明は、そんな神とはほとんど無関係に生じた現象から行われるものではない。『神による現象』、『神が引き起こした様々な現象』を研究しても、神の証明にならない。間接証明は、うまくいかないだろう。直接証明が必要である。『神自体の現象』を究明しなくてはいけないのである。

 円盤を見るのが不思議としない
 現代の科学では生命の住む惑星が存在する確率がかなり高い。知的生命はいると考えられる。それが文明を持ち、地球を超えた科学をもち、円盤に乗って、遠く離れた地球に来訪する。その円盤を人が目撃するのは何億分の一の奇跡とすることはできない。

posted by たすく at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする