2016年09月04日

ヨハネの黙示録から 首都直下地震を予言

現在、わかっていることを書きます。

2016年9月4日では、どの章のどの節まで、進んだでしょうか?

説明は省略しますが、現在は14章7節までの予言が成就しました。隕石は落ち、「琴」の雨水の災害(フィリピン台風)もありました。

14章 7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」

 これまでに、「天と地」のイベントが終わってます。「地」はイエスのシンボルです。イエスの子が住む北の大地=北海道の災害をさします。

 イエスの子は「剣をもつ赤い騎士」のイメージが強い。おそらく剣道を趣味とする男性でしょう。まだ彼が現れる時期ではありませんから、そっとしておきましょう。

 北海道の災害は、2つあります。2016年6月16日、函館の近く内浦湾でM5.3があり、函館が震度6弱で揺れたものです。函館地震です。もう一つは、8月末から9月初旬の大雨で、北海道中南部で洪水があいついだことです。「天と地」なので、雨とも考えたくなります。が、地震の予言が多いことから、函館地震とします。

 さて、次の災害は「海と水の源を創造した方を礼拝しなさい」です。「川と水の源」という語句は、16章4節でも使われています。私は「源氏」が治めた鎌倉の災害と解釈しました。

 テレビ予知では、富士山か鎌倉付近の地震が、東京地震の前にあるからです。また「寺の火災」もあります。「礼拝しなさい」というのは寺社をさすように思われます。

 この2つの災害が予言されています。それは「神奈川県の地震」と「寺社の火災」です。これが東京地震直前の予言です。

 すると、

14章 8節
また、別の第二の天使が続いて来て、こう言った。「倒れた。大バビロンが倒れた。怒りを招くみだらな行いのぶどう酒を、諸国の民に飲ませたこの都が。」

 「バビロンの倒壊」です。東京地震です。震災では、「ぶどう酒」が登場します。葡萄の樽のことです。311では、千葉県の石油タンクが炎上爆発しました。石油タンクはワイン樽によく似ています。それが起きるのでしょう。

 「天使」の災害は飛行機の墜落です。すると、「何かが倒れます。」、2度目に「東京が倒れます。」 間髪入れずに地震が起きるから、連動するものです。最初のは、東北沖の大地震と考えました。すると、千葉の石油タンクが爆発します。「諸国の民」は千葉県をさします。

 このような順序で、東京地震に至ります。まもなくです。

 これを投稿した時点では、バビロン倒壊を9月18日と予想しています。9月17日の深夜に3の大地震があります。その数時間以内に、9月18日となり、バビロン倒壊にいたります。

 1 神奈川県の地震
 2 飛行機の墜落
 3 「倒れた」 東京以外の地震
 4 バビロン倒壊= 東京地震
 5 葡萄だる = 千葉の石油タンクの爆発

 これは小さいほうのバビロンの倒壊です。被害が小さいほうです。もう一つ、16章18節に 最後の日の大地震があります。

16章 18節
そして、稲妻、さまざまな音、雷が起こり、また、大きな地震が起きた。それは、人間が地上に現れて以来、いまだかつてなかったほどの大地震であった。

16章 19節
あの大きな都が三つに引き裂かれ、諸国の民の方々の町が倒れた。神は大バビロンを思い出して、御自分の激しい怒りのぶどう酒の杯をこれにお与えになった。

 最後の日の災害とは、東京地震です。こちらは、また今度の機会にします。読みたい人は、私の貧困が終わるまでお待ちください。
posted by たすく at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする