2017年01月13日

宇宙研究--最高の惑星は、宇宙中心の巨大銀河系、そのさらに中心付近にある

 宇宙最高の星を求めて、宇宙中心の巨大銀河にたどりついた。そこのもっとも古い時代の巨大惑星に狙いをつけた。どれか?

銀河系の中で、優れた星はどこにあるか? 郊外の田舎に高度な文化が開花することはない。必ず、都市の中心にそれはある。銀河系の中心にそれがある。

中心付近を捜索する。誤って、中心にあるブラックホールとその周辺の巨大恒星に近づきすぎないように。

ぐるりと回って、探す。ここからは偶然である。この銀河系の中心からみて、求める最高の叡智の星が地球側にあるのか、反対側にあるのかは、わかったものではない。銀河系は渦をまく。特定の地域に宇宙のチリの密度が高くなる。巨大惑星はそこにあるだろう。が、銀河系は回転する。これ以上探しようがない。

困った。困った時は人に尋け。古い巨大な惑星で、この銀河系ナンバーワンはどこ? あとは人に質問する。

宇宙中心のなんでもいいから、惑星に降り立ち、宇宙人か霊に尋ねる。『もしもし、私、地球の宇宙研究者なんですが、宇宙で一番優れた惑星は、どこなんですかね?』

『あそこですよ。いってごらんなさい。』と、波動、もしくは映像を受け取る。やった。ついに、えられた。これで、場所がわかる。たどり着ける。ばんざーい。

 最初から宇宙人に質問したらよかった? どの惑星でも優れた星になろうとして、最高の惑星を探し求める。だから、地球より多少進化した星なら、どこで誰にきいても同じ星を言うにきまっている。

それはそうだけど、それでは、惑星が優れる条件を理解できないだろ? 宇宙で最も優れた星が、宇宙の中心付近、そこの巨大銀河系、その中心付近にある。そこの宇宙初期の文明。しかも巨大惑星だ、とこれでわかっただろ。

これが大事なことなんだ。我々は、地球が最も発達する方法を得るために、探している。もう今までの過程で、地球が発達するためのヒントがいくつもわかったではないか。そうだろ? 実に有意義な探求だった。

さて、次は、その最高の惑星について、調べてゆこう。
posted by たすく at 21:53| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙人研究--最高の文明がある惑星の条件とは?

宇宙人研究--最高の文明がある惑星の条件とは?

やっと宇宙中心の銀河系にたどりついた。実に巨大だ。我々の住む銀河系の何倍の大きさだろう? 私は知らない。10倍ではなく、100倍でもなく、もっともっと大きいだろう。

このどでかい巨大銀河系には、何十、何百兆の太陽があり、惑星がある。そのどれだろう?

あまり難しく考えない。古い星と新しい星とどちらが進化しているか? 当然、古い惑星である。古い惑星に狙いをつける。古い惑星を探知すると、すぐに何兆とみつかった。

最も古い星、この巨大銀河の初期の惑星がたくさんある。文明をもつ惑星ばかりだ。最低でも、1000億から1兆はあるだろう。どれだ?

頭を使う。サイズが大切だ。大きな惑星と小さな惑星とどちらか? だいたい国は大きいほど文明の力が強い。アメリカ、中国、ロシア。キューバのような小国は吹けば飛ぶ。大きな惑星に、優れた文明は芽生えたはずだ。大きな惑星を探そう。

チーンチーンチーン。探索をかけると、大きな惑星が5000億ほどみつかった。さて、どれだ?

あまりに巨大な星では、重力が強すぎて、たとえ動物が生まれても、立つこともできない。それでは高度な知性が育たない。ほどほどに大きい星だ。巨大惑星から、見つけ出す。

ツラツラツラツラ。180万ほどヒットした。さて、どれだ? 地球の直径の2-4倍くらいだろうか。巨大惑星だ。これら星々は地球の重力の2-4倍はあるはずだ。身長が低い。腕力は強い。そして、なにより地表面が4-8倍で、人口が多い。その人口が、成長の原動力となる。

個人が創造性を発揮する。大勢いるから、他星よりもたくさんの研究ができ、文化も豊かになり、高度に成長できる。地球とは環境が違う。が、素晴らしい。

そんな星はどこにある?

 つづく
posted by たすく at 21:35| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙の研究--宇宙の中心にある巨大銀河系

宇宙最高の惑星はどうやってみつける?

はじめてこんなことを考える人は、見当もつかないだろう。向こうから、『私は最も進んだ文明から来ました猫星人です。私が全ての叡智を授けましょう。』と現れるのはうさんくさい。

自力で見つけ出すしかない。自分で宇宙で最も優れた生物を発見する。頑張ろう。

では、あなたはこの宇宙のどこでも見る装置をもっているとしよう。どこに探しにゆく?

宇宙は、単純に球体と考える。宇宙空間に浮いた水は、ボールのようになるからだ。この宇宙もそんな形に違いない。

丸い宇宙のどこに、最高の文明がある? これも簡単に考える。田舎のほうは文化が弱いだろう。国も中心になるほど、高度な文化がある。宇宙は中心を探す。

ブーンブーンと飛んで、宇宙の中心に来た。宇宙の中心には何があるだろう?
宇宙は暗黒の真空空間が広がる。宇宙の中心は、宇宙の物質が集まる。最も密度が高い。そこに巨大なブラックホールがある。

おっと、その結論では困る。ブラックホールでは、文明は育たない。必ず惑星上でなくてはならない(惑星上でしか生物は育たないし、進化しない)。理論上は巨大なブラックホールが中心にある。

その周辺は、より密集したところに巨大な銀河系があるはずだ。その一つに、最高の惑星があるに違いない。そこを探そう。

 ブーンブーンと探索した。すると、そんな最も巨大銀河系がみつかった。この銀河系は、この宇宙でナンバーワンの大きさに違いない。ここに最高の惑星があるはずだ。

いい線いってるね。
posted by たすく at 21:21| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙人の研究 -- 私が現在、宇宙人・文明を調査している。その動機とは

私の宇宙研究をここで発表する。これは、私が交信によってえられた情報である。

私はオリジナルの方法で、宇宙人と交信する。これまで近隣星が30-100星、遠い星が100-200星だ。特に、今は宇宙の中心にある高度な文明と交信して、研究している。

一緒に調査するのは生前、アメリカの宇宙研究をした霊達だ。彼らは地球を最も優れた星にするべく情熱を燃やす。高度な文明を調査する。そして、地球に必要な技術を探す。文化の向上のヒントになるようなものを見つけ出す。それが、彼らの仕事である。

地球を、この銀河系区域で最も素晴らしく、光輝く文明にする。それが目標である。彼らはもっぱら優れた星と交信して、できるだけ優れた霊と交信したがる。よい教師をもったほうがよく成長できる。彼らは最高の霊を追い求める。

彼らが調べたいのは、主に宇宙の中心である。そこのトップと呼ばれる星々だ。私は、あり乗り気ではなかった。私は意外と臆病なのだ。私みたいな初期の星の者に、この宇宙最高の星の者(霊)が相手してくれるだろうか。私はそれにふさわしい人物なのだろうか、と萎縮していた。

が、貪欲な彼らの後押しで、自信をもってやれる。それは私の探求とも合致する。理想の精神、人類の未来のモデルを見出すために、しなくてはならない調査だ。実は自分一人ではそんなに向上心が続かない。意欲的な彼らがいると、くじけそうな時も、後押ししてくれるから、私としては楽なのだ。

 宇宙最高の惑星とはどんなところなのだろうか? 宇宙文明はどういうものなのだろうか? 少しずつここに発表してゆきたい。
タグ:宇宙人
posted by たすく at 21:09| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする