2017年01月24日

文明の年齢と文化力について

 文明の年齢と文化力について

 宇宙最高の科学をもつ星を探す。どこにあるか? これまでの議論から、それは宇宙中心の超巨大銀河系の中にある。そこのどんな星か?

 文明は誕生して、地球は6000年ほどだ。新参である。人類は科学技術を毎日のように開発して、科学理論は高度になる。年数が入った古い星ほど、文明は優れる。

 古い文明ほど、文化・科学力がある。これが法則である。地球より何億、何十億と進んだ文明はざらにある。そんな星ほど優れているのだ。

 ほとんど文明の能力は、この文明の年数で表す。

 地球は数千年の文明だ。宇宙の年齢は138億年ほどだ。宇宙が誕生してから、50億年で生物が高度な知性になるとすると、80億年の文明があってもよい。

 そんなに古い星は銀河系にはないかもしれない。銀河系では、古い星は35-60億年くらいか。そういう文明はあることはある。

 地球にやってくる宇宙人で多いのは、数千から60億年までの範囲である。

 人間を指導している霊をみたら区別しやすい。知恵があるのは、古い霊だ。彼らは出身星が近くにある。この見分け方はいずれ書こう。

 このようにだいたいは、古い文明のほうが優れている。新しい文明のほうが未熟である。

 たまに新しい文明が古い文明を超えて、逆転することもあるが、それはまたの話である。
posted by たすく at 21:55| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする