2017年01月26日

地球が目標とすべき星は? 技術や理論は数百年先の文明から学ぶことで、十分

 地球が目標とすべき星は?

 人類は文明初期の星である。あらゆることを何にも知らない。タイムマシンはもってない。隣の太陽系にも行けない。未知の分野がたくさんある。文学はまだ科学にすらなってない。

 こんな赤ん坊のよちよち歩きの惑星が、どの星を目標モデルにしたらよいだろうか?

 いきなりこの宇宙ナンバーワンの星、宇宙の中心付近にある何十億年と発展した古い高度な文明を志すのは尊い。が、小学生がアインシュタインの相対性理論を学びたいという感じだ。

 宇宙の航行法(異時空に移動して、飛行する技術)すら知らない人類は、もっと目先の星、200-10000年進んだ星で十分だろう。地球よりも一歩進んだ星がちょうどよい。

 特に、技術を学ぶ時はそうだ。次の技術、次の理論、そういうものを順番に習得すべきだ。その積み上げによって、より高度な技術を会得できる。飛躍して、出来もしないものを学んでも、それを作り上げることはできない。技術は身につかないと、習得したことにはならないのだ。

 シリウスという近場にも行けないのに、銀河系の中心まで宇宙船を飛ばす技術など学べはしないのだ。

 人類が目指すべき文明社会は、ほんのすこし、数百年進んだところがちょうどよい。200年先の技術と理論。それでも、人類はそれをすべて習得するのに、200年くらいかかる。

 5万年進んだ文明から、そんな技術や理論を学習しても、地球人がそれを実際に使えるのは、5万年後である。先走っても、人類は力量不足で習得できない。

 技術な理論については、あまりに未来文明のものを学んでも、そう役立つことはない。数百年先のもので十分だ。だから、人類は、技術や理論はまずは、少々進んだ文明から、手に入れるのがよいだろう。そういう惑星をモデルにしよう。

 が、そんな地球の文明とさほど変わらない社会ばかり勉強しても夢がない。心躍らないだろう? やはり最高を目指さなくていけない。それはまた今度。
posted by たすく at 21:56| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成長率を上げるために、火星と金星を植民地にする

 成長率を上げるために、火星と金星を植民地にする

 成長率を上げるためになすべきことは一つ、人口を増やす。しかし、地球の人口を無理やりあげるのはよくない。人口密度を上げると、個人の活動が落ち、全体の創造性はあがらない。星のサイズで人口は決まる。

 地球の最適数は、10-15億人だ。それ以上は増やせない。太陽系は人類の持ち分だ。金星と火星を新たな居住地にする。

 火星を緑化する
 寒いが、何千年かけて、大気を作り、二酸化炭素を増やして、温室効果?で、氷の星から、生物が住める気温に高める。

 そして、地中の氷を溶かし、海を作る。植物を植えて、酸素を増やす。何万年かけて、大気を形成して、生物を植えて、緑化する。一つ出来上がり。

 金星を植民地にする
 400度以上の高温の大気で覆われている金星は火星ほどに素早くできない。火星の倍くらいかかるだろう。

 二酸化炭素を減らして、大気の温度を徐々に下げる。常温になったら、水を入れる。素材は、金星の岩石などを使う。あとは、緑化して、持続可能な生物圏とする。

 人口
 火星と金星で、そんなに多くは住めない。せいぜい5000万人だろう。地球人は地球が好きだ。衛星がなく、火星は平坦な惑星で小さい。金星も平坦な星だ。そこの住民は、地球ほどの活力は持てない。動物からの刺激がないからだ。

 人類は新しい惑星をもつことで、総人口を増やし、より成長することができる。
posted by たすく at 21:33| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする