2017年02月27日

 ユートピアは、社会技術が一定水準に高まると、自然にくる

 人類が食料に困らないためには、何が必要か?
 あまり難しく考えない。田畑があって、農業技術があるとよい。農業の理論も必要だ。他には、収穫量の多い種類。肥料も必要だ。灌漑も整っていること。

 そんなこんなで人類は農業技術があると、毎年十分な収穫があり、人類は飢えることはなくなる。

 ユートピアを建設するのも同じことだ。個人の自由があること。不当な規制がないこと。奴隷労働で苦しまないこと。犯罪がないこと。社会理論や、社会技術(制度)が必要十分にあればよいのだ。

 社会理論が十分にあるとは、経営や流通や、生産などで、人類は自らの人間たちを十分やしない、発展させることができることが大切だ。苦役なく。

 特定の主義主張にこだわるのは、全体が見えていない。食料で飢えないこと。それと同じように、社会技術が十分あるとよい。それだけが必須条件で、ユートピアを作れる。

 陳腐な共産主義は論外。経営学は必要だ。高度な組織論ももちろん。生産性も一定以上ないと、ベーシックインカムは保てない。人類が労働で多忙にならないためには、機械化も進む。

 これら社会技術が進んで、やっとユートピア(理想社会)を作れる。社会理論が何もなしに、社会制度や機械化もなく、心を美しくすると、理想社会を作ることができる、共産主義にすると社会が荒廃せずに人類は幸福になれる、というのは信じてはいけない。彼らは、インフラ(社会基盤)すら理解していないのだから。

 社会制度が優れ、それを維持、運営してようやく、理想社会になる。それら社会技術(制度・理論)が足りない社会では、けっしてユートピアにならない。
posted by たすく at 22:59| Comment(0) | ユートピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『人は感情の生き物だ』という人の精神次元は、5次元の上位

 日本人の中には、『人は感情の生き物だ』とどこぞで聞いた観点を得意げに話すのがいる。うっかりこんな幼稚な人間観を披瀝すると、西洋では、野獣と理性をもつ人間との違いがわからない人、と小馬鹿にされる。

 彼らは、アリストテレスから教えなくてはならないこの獣性と人間性がいまだ共存する日本人を冷ややかにみつめ、二度と哲学的な話はふってこないだろう。

 彼の精神次元はいくらか?
 知的な話題を好むから、5次元上位以上だ。5次元の下位は感覚的なことしか興味がなく、賢こぶるのは感覚に素直でないと思っているから、知識にかぶれたまねはしない。
 また個人の内面に関心が強いから、それは5次元上位なのだ。6次元では、外の世界の成り立ちに興味が強く、内面はあまり語らない。
posted by たすく at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人とクジラとイルカなど大きな脳を持つ哺乳類だけが霊になるという嘘

 人とクジラとイルカなど大きな脳を持つ哺乳類だけが霊になるという嘘

 人に霊があるから、動物や植物の霊がある。もし人間だけに霊があるなら、天国は人しかいない。大地も、木々も小動物もいない。そんな何もない場所では、食べ物にこまる。霊はお米か小麦か、穀物を食べるはずだ。植物の霊はある。動物がまったくいない霊界も、寂しい。自然とはかけ離れている。天国にすべての動物が、楽しそうに暮らすはずだ。犬、猫、ネズミ、うさぎ、像、全ての動物は霊になるはずだ。

 霊界は歴史上の絵では人だけでなく、動物も、植物もいて、そんな楽園だ。人間しかいない霊界は、おかしい。

 さて、どこかに人の他には『クジラ』や『イルカ』だけが霊になる、という偽りが書いてあった。クジラやイルカは、人のような高等脳をもって、霊になる。だから大切にしなくてはならない、と嘘くさい。

 動物を大切にするのは、それら海の哺乳類を大切にするのは、彼らが唯一、人と同じく霊をもつから、とそんなのを信じるのは頭が弱い。彼らは天国の絵を見たことがないのだろうか? 小鳥は飛び、木々はさえずる。それら動植物が皆無の何もない大地に人間とイルカとクジラだけがいる光景。なんて悲惨なのだろう。彼らのあの世は、死の砂漠なのだ。それに気づいていないからだ。

 もちろん、そこに海あっても、何も泳がない無機質な水たまりだ。生物は海を何億年かけて、海藻がなびき、魚が泳ぐ生命豊かな世界に変える。彼らの頭の中では、微生物は霊にならないから、海は原始のままである。硫酸やら、塩など物質が溶け込んでいるはずだ。そこでは魚は泳げない。イルカとクジラはいても、彼らの霊界では、海で泳がないで、陸にのたうちまわる。

 イルカとクジラと人間しか霊にならないという話は、嘘だ。すると、霊界にはそのほかの動植物が一切、存在してはならなくなる。そんな世界は、悪夢である。
 
 猫も、植物も、犬も、果物も、さらには微生物も霊にならなくては、その霊界には自然そのものが存在しないのだ。そのような動植物の霊が無数にいるからこそ、霊界は自然豊かで、誰もが楽園として過ごせる美しい場所になる。


posted by たすく at 22:10| Comment(0) | 霊界の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする