2017年02月24日

 精神次元をあげる時には、瞑想と日記とでは、どちらが効果的か?

 禅宗では、座禅を組み、呼吸を整え、目をつぶり、心静かにする。そうやって、自分の心に浮かぶものを観察する。

 すると、様々な思いが沸いてきて、それぞれに心惑い、煩わされる。感情が高ぶらないようにしながら、それらを受け止め、一つずつの思いを理解する。

 不倫、大きな失敗、反省、悔い、様々なものが心を支配する。なぜ、あの時、悲劇に至ったのだろう。自分がいたらなかったせいか? 自分に何ができたのだろう。激しく動揺するような出来事を、みつめる。今後、自分はどうなるのだろう?

 答えを見出さなくては、いつまでも心から離れないものもあるだろう。そのように一つずつ、悩みに答えを見出しながら、今の自分の問題を解決して、苦悩を消してゆく。

 すると心の揺れはしだいに小さくなり、落ち着いてゆく。自分の立ち位置、自分の状態がクリアにみえる。すると、疑問はしだいになくなる。悩みも消えてゆく。

 目前の問題は、しだいに解決してゆき、だんだんと奥深い問題へと入ってゆく。

 瞑想しなくても、日記を書きながら、毎日の自分の課題を書き出して、答えを見つける。それで、同じように心の問題を解決して、自分の姿をみつめることはできる。

 どらちが優れているか? 自分の心をクリアに保ち、軽くする上では、差がない。だが、暗算で数学の問題を解ける人はまずいない。詰将棋を頭の中だけで答えを出すのは、面倒だ。どちらかというと、紙に書いて、物事を考えたほうが、より正確に、より深く、より正しく考えられる。

 わざわざ目をつぶって、紙と鉛筆を使わないで、瞑想して、自分の心理を分析するのは、要領はよくない。ふつうにそういう時間をとって、卓上でするほうがよい。

 このあたり、自分の心を鎮めるために、瞑想に頼るのは、効率が悪い。自分の課題を書き出して、一つずつ解決して、答えを見出したらよい。

 では、なぜ人々はわざわざ瞑想をするか。人は、心落ち着いて、自分の状態を正確に知ったら、それで次に進むことができる。自分のしたいこともわからない人よりも、日々、的確に行動できる。効率はあがる。

 これを日記に書いて行う人は、頭がよい人ではある。が、その人は、心落ち着けるために専念しているわけではない。次に自分が何をしたいのか、どう行動したらよいのか? それを知るためにやっている。

 瞑想する人は、目的が違う。自分を極度にコントロールして、平静でいたいのだ。自分の根本を知りたい。心のメカニズムを一つずつクリアしてゆくと、さらに心の奥底にたどりつく。感覚すら遮断して、無音、光がない心の底に入り込む。そういうことがしたいのだ。

 だから、安易に比較しないほうがよい。自分の悩みを解決するだけなら、瞑想ではなく、日記をかくようにしよう。

 なお、精神次元をあげたい若者は、日記を書いて、自分の関心、精神課題を調べ、その答えを毎日見つけよう。それしか、次元はあがらない。瞑想はやめておけ。
posted by たすく at 21:55| Comment(0) | 精神次元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

宇宙人は精神次元が高いのか? 実はせいぜい6次元 平均は5次元で、最低レベル

宇宙人は精神次元が高いのか? 実はせいぜい6次元

チャネラーは宇宙人と交信して、高い次元とアクセスする。彼らが交信する宇宙人の次元はいくらだろうか?

『我々は神霊』と8次元を装うもの、9-10次元の霊と共に宇宙領域にいる宇宙人、高い次元の総督など、彼らは高い次元であることを殊更にアピールする。

 どうも彼らは怪しい。素性を隠す者は詐欺師である。彼らは出身星を明らかにしない。星名を言わない。どういう手段で地球に来たかもはっきりしない。どんな円盤に乗っているかも、伝えてこない。地球のどの辺りにいるかも、定かでない。名前すら本当かわからない。
 人間は信用が第一だ。もし、会社の人なら、どこの番地にある会社の者で、本名を告げるものだろう。宇宙人は、そういう基本情報をあえてぼかす。この態度は詐欺師そのものだ。詐欺師は、5次元上位である。

 彼らの予言は当たったことがない。宇宙人コンタクティは様々に予言する。それはたくさんの宇宙人が予言を出す。そのうち、一つも当たったものがない。宇宙人が真実を語るなら、それと交信するコンタクティの予言はすべて当たるはずである。そういうのが1人もいない。宇宙人は予言をするが、外してばかりだ。彼らは、本当の未来を知るが、嘘つきなのである。嘘をついて人間を騙すのは、詐欺師と同じ次元である。

 精神論がおかしい。ワクワクするというのは幼稚だ。精神論とは、道徳である。愛だけでなく、信頼、義、徳、善悪、偽善、嘘、悲しみなどを総合的に論じる。が、そういう道徳の教科書のようにすべての資質を網羅する宇宙人はいない。『愛』とか、『調和』とか中身がない話をするのはいくらでもある。また、精神を浄化して、宇宙人と交信するような『コンタクティ養成』のカリュキュラムのようなものも、たくさんある。が、それは怪しい宇宙人と交信できる者を増やすことを目指している。精神を鍛えるものではない。彼らは精神性の向上に興味はなく、そんな人々と同類なので、5次元である。

 彼ら宇宙人から技術を教えてもらい、それを実用化させたのは知られているのはナチスとアメリカくらいだ。そういう情報は秘密で出回らない。巷でみかける宇宙人本にある情報は、全てインチキな技術や理論である。宇宙人のくせに、進んだ技術すら示せない。彼らの言い分は、地球人に過干渉してはいけないからだ、という。ならば、偽りの技術を教えるのは、もってのほか。なのに、そういうインチキなものは、たくさん宇宙人本に書いてある。これら宇宙人は、地球人を騙してもよいらしい。騙すことを本業とするのはペテン師で、5次元である。

 総じて、宇宙人本には未来の技術や優れた精神論があるようで、使えないものばかり。予言を信じて、実践すると、いつもあてが外れる。どういう星から来ているかも名乗らないし、霊と宇宙人が一緒にいるという。人間と霊が一緒に活動するなど奇妙なことだが、彼らは平気でそんな嘘をつく。彼らは、程度が低い。彼らの精神次元は、最低の5次元で、高くても6次元である。

 彼らは地球では、詐欺師集団と似る。本当のことを何一つ言わないのに、ターゲットを信じ込ませることができる。そういう騙しの手口だけに長けている。人間社会では、犯罪組織に入るのは、5次元である。そういうところに、7次元以上は生まれない。というわけで、彼らのトップは6次元だろう。

 これはすべての宇宙人の精神次元が低い、という話ではない。霊能者を通じて現れる宇宙人は、精神が低いという話だ。地球のような惑星は、銀河系にも幾億とあるだろう。そういう星々には、嘘をつかないで、本当のことしか言わない正しい者達はいる。そういう人たちは、地球より進化していて当然である。だが、なぜか、人間に姿を表す宇宙人は、そんなところからは来ていないのである。

posted by たすく at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

精神次元をあげたい僧侶たち ならば、チベットの瞑想を学ぶとよい

精神次元をあげたい僧侶たち

日本の仏教では、菩薩や如来の心になることを目指す。仏教における菩薩とは、大乗の発想で、大衆を救うという修業で得られる境地だ。

 自分の感情や欲望、煩悩を超えて、心を空にした上で、人としてなすべきことができる人をさすようだ。

 如来は悟りを開いた者というが、仏陀などしかできない。

しがらみや苦悩を消化できない者は、菩薩にはなれない。如来は、菩薩よりさらに進む。仏教には、細かいことがたくさんある。それは瞑想の階梯なので、私は詳しくないから省略する。

仏教は、瞑想の進み具合で、人の心の様を言い表す。瞑想には階梯(段階)がある。私は詳しく、覚えてない。が、だいたい空に至るまでの心理。空を過ぎた心理がある。

日本の仏教は、ほとんど『空』の心に至るまでの解説しかない。さらに深い瞑想の境地を学ぶには、チベット仏教を頼るしかない。中国の龍樹?は、年をとってから念願の曼荼羅を見た。それで覚者となった。

ゲルク派のチベット死者の書には、曼荼羅を見るまで、曼荼羅以後の経緯が事細かにある。チベットに、曼荼羅の砂絵の文化は、そういう段階まで進んだ者が大勢いて生じた。

ラマの高僧には、末期癌で激痛にあえぐ体でも、痛みを感じないように心を保てる。寒くても平気でいられるという技もある。遠視もできる。幽体離脱などお茶の子さいさいだ。たいていの人はLSDで幻覚を見ると発狂するが、彼らはなんら動じない。瞑想で見た光景と似るとそれを楽しむ。彼らは脳を高度にコントロールできる。

チベット仏教が、高等・大学の教本とすると、日本仏教は、中学の教科書のようだ。

密教の修行僧から聞いた体験をもとに、あれこれ理解しようとするのが大乗だ。現実に、その心の状態を体験してないから、教義ばかり増えてゆく。大乗の教えは、それ故、瞑想は深くならない。が、人の法、生き方に関しては、部分的に発達する面もある。

仏教は、瞑想の学問である。が、実は、瞑想は発達心理にも関係する。そういう面が明らかになると、仏教は見直されるだろう。やがて発達心理学は、仏教を凌駕するだろう。

posted by たすく at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする