2017年02月19日

神は委任統治

 神は委任統治

 地球の神はヤハエだ。霊界の王は5-7年ごとに交代するというのは、あまり正しくはない。

 私が他の惑星を調べたところ、地球より2-4万年以上進むと、それぞれの星出身の人物が『神』に就任する。神は、人類と霊界を治める。神は1万6000-1万7000年の間、働く。彼は使命感に燃え、意欲的に、自分の好みに、文明を作り変える。彼は惑星の全責任を負う。それが完了すると、次に交代する。

 文明初期の星は例外だ。自分たちには才能がある霊がいない。進んだ星から、神の役割を担う人物がやってくる。神を派遣するのは、下は3億くらいから上は5億4000万年くらいの社会だ。そこの霊界から、文明を育てる専門家がやってくる。彼らは志願して、その任につく。これは重要な仕事だ。この専門家のメンバーはおよそ決まっている。

 文明初期に生まれた者(西暦2500年以上で、そのあと数千年くらい)だ。異星文化に興味を持ち、自分も将来、そんな文明を作りたいと願った。彼らは異星の文化研究者である。そういう者が、死後、霊界で3億年くらい過ごし、精神が10次元にあがり、優秀な才能を身につける。そして、ようやく、人類が誕生する星に派遣される。

 彼が全体の見取り図をかく。人類の計画のために、周辺の星々から多種多様な人々を集め、指導霊の仕事を頼む。人類の重要な発見や思想は、彼の仲間達が作る。彼の子達がたくさん生まれ、死に、霊界にゆき、惑星の指導霊となる。

 文化の統一性から、ヤハエの惑星はずっとヤハエの統治である。王が7-10年ごとに変わることがあっても、外的にヤハエの星だということは変わらない。韓国のような大統領制で、首相がコロコロ変わるようなものだ。だから、地球で霊界の王が変わることに、あまり重要な意味はない。

 委任統治の話をしよう。

 実は、銀河系では、神はたいてい4惑星を同時に指導する。宇宙の中心付近では6惑星を担当する。神1人で、全4星の人や霊を指導できない。それで、惑星ごとに、彼の子達が統治の実務を担う。

 地球では、今最も大きな権限を持つのは、イランあたりで生まれたヤハエの子である。次がゼウスらしい。他にも幾人かいて、彼らが共同で、政治を行う。神は全体的な計画のチェックをするが、直接何かをするということはあまりないようである。難しい計画は神が作る。やさしいものは神の子たちがそれぞれ書くのだろう。

 何しろ、ヤハエが地球に滞在するのはおそらく1年の1/4以下である。神がいない間は、いる間も、主な仕事は何人かいるヤハエの子達が分担するものと思われる。それでも、十分、霊界の人数はたくさんいて、また周辺の惑星から指導霊が随時、訪れるから、人類でも仕事か務まるものだと思われる。

 神の直接統治だが、ヤハエの子達に統治を任せているということで、委任統治と表現してみた。あまり適切な呼び方ではないのだが、そこはまぁいいと思う。

 では、王が交代するとはどういうことか? それはまたの話だ。
posted by たすく at 21:50| Comment(0) | 高い精神の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守護霊が○○という時、本当は誰が守護をしているのか?

守護霊が○○という時、本当は誰が守護をしているのか?

 守護霊は2人いると考えたほうがよい。まずは人生を決めた守護霊。もう1人は、その上位の守護霊だ。

 私の守護霊はユダヤ系のエジプト人である。紀元前1300年、モーゼが生きていた頃に活躍した者だ。チープな霊能者が別人をあげ、うんざりしたから、わかるようにヒントは出しておく。私は現在、数多く生まれているエジプト人の1人である。このヒントだけで私の守護をつきとめたら、逆に偉いのだが、巷の霊能者はムリだろう。私以外に、彼と交信できない。

 もう1人、私の上位の守護霊は、9次元の黄色い霊(名前は『三毛猫』としよう)である。実によく働く霊だ。一般に名が知られていない。だから、私は三毛猫の子とも呼ばれる。

 さて、私はユダヤの子か、それとも三毛猫の子か。どちらと考えたらよいか? 同じように悩む人はたくさんいる。この答えを出す。

 まず大切なのは、自分の人生だ。大きな業績の部分(使命)は、神が決める。それをこなしつつ、人生の大半(結婚、友人、家族、使命以外の仕事、趣味)は地球霊が計画した。だから、私はほとんど6-8割はユダヤの彼の趣味と志向によって決まるから、ユダヤの子というのはある意味、正しい。

 が、どの系列に所属するかというと、三毛猫(ヤハエ母星の霊の1人)のグループだ。私の守護でいつも指導するのは、三毛猫の子達なのだ。だから、2-4割は三毛猫の性格なのだ。

 私の守護のユダヤ人は、私1人しか今の時期に指導しない。彼は指導力が低いから、2人はできない。

 三毛猫グループはこの地球で1世代2人で、2世代の合計4人を指導する。つまり、現在、私と性格が非常にそっくりなのは、地球に3人いる。他の惑星でも、40年ごとに2人のペースで人を育てる。いくつの星で、三毛猫グループが人を育成しているかは知らない。宇宙全体で3000人以上は指導するらしい。

 この時代、この宇宙で私のような性格をもつ人間(宇宙人も含めて)は、3000人はいるのだ。これが三毛猫グループの全貌である。三毛猫が直接、私を指導することはめったにない。

 隣近所の惑星と交信すると、必ず三毛猫の子が2人以上いて、私と話したがる。彼らと話すと、性格がほぼ同じなので、気が合う。彼らの守護霊には、私を何度か指導した者がいる。彼らの周囲の人間も、私の周辺と似ていて、親近感が沸く。私の周囲の善人と悪人の構成までかなりメンバーが同じなのだ。

 妻(赤い糸がつながる相手)は、私と同じく緑の子というのは少なく、三毛猫の妻の子というのが多い。

 私はエジブト・ユダヤの子である。が、性格は彼の面(彼のコピーで、1/3-1/10の彼の縮小版)では狭くなる。三毛猫の子と分類したほうが、私の性格全体を表す。守護の子と限定しすぎると、自分の可能性全体を理解できなくなるから、注意したい。

 また上位の守護霊はめったに本人には来ない。彼の子達が指導することが多い。このあたりを理解しておくと、よいだろう。案外、自分を普段、守護するのは、守護霊の関係者の霊である。だから、高次元の子が、普段、力を出さないのは、別の者達が来ているからなのだ。たまにしか来ないから、才能は発揮されにくい。

 例えば、神の子は、常に、神が指導するわけではない。かわりに、神の子たちがたくさん来て彼らが指導する、ということもあるのだ。いつも、守護霊の中で、最高の霊が指導するとは限らない。そこは弁えておいたほうがよい。また、自分の守護の系列のいろんな霊が、他惑星から来ているから、そういう事情も頭の片隅に入れておくとよい。他の惑星を旅行した時に、『昔、君のことを教えたことがあるよ。』という霊によく出くわすからである。
posted by たすく at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

あなたは天使の子か?

 あなたは天使の子か?
 私の調査では、大阪に何十人も暮らす。堺周辺と、池田界隈ではよくみかける。この前も、大阪市立大学の学園祭で1人、私が知らなかった新しい若い女性をみかけた。

 次に多いのが、芸能界だ。よく知られた人物で、テレビによく映るのが数人以上は、天使の子だ。女優が多い。

 天使の子は、案外、よくお目にかかる。テレビを見て、あれは私と同類だと思う人は、天使の子だ。また天使の子は自らそうだと自覚している。子供の時から確信がある。自分は人より賢く、かつ理性的だ。歴史的な偉人とは、発想が似る。

 理性的だが、直感的に生きる、という7次元の精神(菩薩)の特徴もある。それで人生がうまくゆく。性格はたいていよい。日本的というよりも、地球的だ。人類の理性や良識と同じものを持ち合わせている。自分の発想が、そういう人類の理性とまったく同質だと理解している。書物にある精神論や道徳よりも、自分のもつそれのほうが優れている。

 また天使の子らしい微笑みもある。過度なもの、過激なことを避ける。賢明に生きている。ほとんどが力強い。根本的にパワフルである。

 これらは天使の子のありふれた性質の一つでしかない。天使の子同志は、哲学が同じだから、話すと通じる。まぁ、ほとんど天使の子は単独で活動する。めったにこういう同類間で、つるむことはない。が、例外はある。

 天使の子にはそれぞれ、周囲の友人たちに恵まれている。サポーターもしっかりついている。だから、自分の仕事に夢中になっている間は、あえて同類を求めはしない。それは、弱さだと思うからだ。心の故郷に帰り、同類どうしで、傷を舐め合うことだと思い込んでいる。

 それは、他人が酒場でつまらない哲学を語り合い、お互い慰めあっているのを見て、情けないなと思ったからだ。自分と似た者と出会うと、そんな心の傷のなめあいのようなくだらないことしかしないのだろう、と思い込む。本当は、これは勘違いで、単に同類と話すと趣味が合う人達との話のようにはずみ、創造的なことができる。百年来の友人と、出会うと、もっと社会的なことができるのである。自分の使命に近い仕事、それを一緒する仲間をみつけるようなことだ。

 が、世間と闘い、その自分とは違う性質の人たちと一緒に活動することが、自分の使命だといつのまにか思い込んでいる。同類とつるむことは夢見ているが、かなわないと諦めている。

 もう一つ、天使の子は、それぞれ哲学・思想が割り当られている。その社会に発表する思想の違いから、お互いが交わりにくい、と感じる。根本の理性は同じだ。が、時代背景や、そこから生じた信念が違う。だから、同類を見ても、別の活動をすると思い込んでしまい、近づかない。同じ性格とは、わかるがすれ違う。そういう理由で、なかなか天使の子は、何かを諦める時まで、同類と一緒にならない。

 私の周辺に結構、天使の子がいたのだが、彼女たちが長く交友しているのは、見たことがない。天使の子どうしで、遊び回ることはあまりないのだ。が、そういう者達は気が合うだろう。それはいつの日か? 多種の人々の間で闘うことをやめて、自分らしさを求めた時に、出会うようである。

これら要件にあてはまる人が天使の子である。孤独、理性的、賢い、過激ではない、人類の良識や思想と同じものをもっている、自分は天使の子という自覚があるなどだ。それがない人は、残念ながら天使の子ではない。

 理性があっても、違うならそれは、どこか別の星の天使なのだろう。

posted by たすく at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする