2017年03月03日

瞑想で覚醒しても無限の叡智を得られない、ひたすら勉強しろ

瞑想で覚醒すると、無限の叡智を得られる?

瞑想のトレーニングの宣伝文句に、『覚醒して、内なる叡智を得られる』、『無限の叡智をもてる』などあるが、どこまで本当だろうか?

 まずは瞑想する。心の雑念を振り払い、心を空にして、さらに奥深く、心を覗き込む。空海によるといずれ小さな光が見える。それに向かって進むと、光輝く世界に入る。すると、仏が降りる。その後、仏がいつもそばにいて、智恵と光に満たされる、という。どこか嘘くさい。

 この叡智を求めて、人々は瞑想する。自分はどんなに賢くなれるのだろうか? そうなれることを思い、うかれつつ瞑想する。高僧のようになりたいと。だが、瞑想ばかりで、勉強しないで、智恵や知識はたくさん身につくのだろうか?

 過去、覚醒した人は山ほどいる。インドのヒンズーの行者、ラマの僧侶、中国、日本の修業者。彼らは悟り(覚醒して)、何やら深遠な話をするようになった。思慮深くなり、賢そうになれることは、わかる。素晴らしい。

 仏陀の覚醒は、菩提樹の木の下だ。それは万物と一体化するという感覚だった。それは第三の目を開くというものではない。それは修業時に体験したようだ。魔が現れ、誘惑する、と彼はいう。

 比叡山でも修業している。第三の目を開いた人は、自らはそれを名乗らないが、大勢過去にもいただろう。阿闍梨は見識を保ち、僧侶の範となり、京都や大津などの大衆にとって精神の鏡である。尊敬だ。

 古今東西、第三の目を開いた人は、無数にいる。彼らの智恵は、何かはよくわからないが、精神への深い洞察力につながった。

 残念ながら、第三の目を開いただけで、神の叡智を得た人はいない。イエス・キリストやモーゼ、ユダヤの予言者達は修業をしたという記録はない。よって、第三の目を開いた者が得られる智恵は、無限ではなく、有限。しかも、神未満だ。

 神が降りたと自称する人たちは、神のお言葉をはく。予言、宇宙の話、神々の話、精神論などなど。霊言を読むと、過去、未来の出来事が書かれている。しかし、思い出そう。それは実用書ではない。だから、役立つことはほとんど書いていない。SFのような楽しみはある。精神的に価値があるのかもしれない。僧侶の語りで、心が軽くなる人もいる。

 瞑想家の智恵は、精神論としては有用なようだ。が、物質的な生活を豊かにするには、無価値も同然だ。精神論として古臭いものは、あまり現代の人には、通用しないことが多い。気休めにはなる。が、科学の知見がほしい人には、なんの役にもたたない。

 瞑想で神仏とつながり、彼らから得られる智恵は、自身の人生の指針としても役立つかどうかは疑問だ。というのは魔にとりつかれると、破滅へと導かれるからだ。仏陀はそれを警告する。

 そもそも、瞑想とは、部屋・洞窟に閉じこもり、目をつぶり、心をみつめることだ。これは『ひきこもり生活』なのだ。実用的な智恵が身につくわけがない。もし、本人が何か新しい知見に至るとしても、それは、本人が自分の問題を自分で解決したことだ。それを1日に、1-3つしたとする。それで、どのくらいの精神の向上になるというのか?

 内面的な智恵を得るとは、自分の問題を解決することで、せいぜい1日にいくつか。1ヶ月でも、1人で頑張っても、さほど精神的な成長はない。1年で1冊の本にまとめられるほどにもならない。ある修行者は、ほうきをはく修業を10年以上やって、何かを悟った。そんなちんたらしたペースなのだ。

 瞑想を10年すると、老ける。瞑想をそんな期間しても、得られる知見などごくごくわずかだ。本一冊分にもならないだろう。

 が、医学部に6年通うと、平凡な人間が医者になれる。工学部に4年在籍するだけで、工学についてありとあらゆる標準的な知識は身につける。
 学校にゆき勉強すると、めきめきと知識が増えて、物知りになれる。絵画など芸術の学校にゆくと、2-4年という短期間で上達して、玄人に近くなる。瞑想でえられる何倍、人によって何十倍の智恵を手にすることができる。

 瞑想で得られる智恵などは、わずかなのだ。瞑想に期待しないほうがよい。

 瞑想で得られる智恵とは何か?
 密教で最も進むのがチベット仏教である。そこでは、ずばり、瞑想の智恵、ノウハウがしっかりと身につく。日本のは初歩的だ。もっとも奥深く、高い瞑想を彼らはもつ。その理論や技法を身に着け、悟ることができる。彼らは、瞑想の達人になれる。

 とはいえ、それでもって、社会を深く語れることはなく、科学をより深く理解することもなく、単に、心の奥底の真理に詳しいという話だ。瞑想に求めるのは、そういうものであるべきだ。

 心を静かに保つ才能、集中力をあげる力、異世界(宇宙人のイカサマ)と交信する能力、透視力、霊能力、夢をコントロールする力なのだ。そういうこの精神世界の独特な能力。それを求めるなら、瞑想したらよいだろう。

 実際、この智恵の魅力にとりつかれて、修業する人も多い。が、得られる智恵はわずかなので、失望すべきだろう。まず、さっきも書いたように修業が盛んな地域は、インド、チベット、日本では仏閣である。科学の進歩から取り残されたようなところだ。

 僧侶はたくさんいるが、科学的なもの、実用的なものは、ほとんど得られない。医学の知識、新しい技術のひらめき、新しい理論を、彼らが発表することはない。彼らが話せるのは、人生を深く生きる智恵だ。数千年前から語られるようなごくごくありふれた精神の深い話だ。それができる人がかっこいいと思える人は、瞑想しよう。

 科学や技能で万能になりたい人は、瞑想に時間を費やすのをあきらめ、本で学習しよう。ずっと早く、目指すマルチ学者になれる。

 現代を生きるなら、瞑想するよりも、ただひたすら勉強しろ。私がアドバイスするのは、そちらである。
posted by たすく at 21:16| Comment(0) | 精神次元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする