2017年03月17日

守護霊をつけるのは、ほとんど嘘 その見分け方

守護霊をつける

霊能者が人間の分際で、守護霊を人につけるという。本当にできるのだろうか?

答え
 巷の霊能者にはできない。彼らの9割9分は、守護霊と交信できない。彼らは霊視すると、霊がみえる。それは視野にうつる『本物そっくりの霊の動く絵』だ。

宇宙人は、霊能者が霊視すると、その視野に合成映像をうつせる。ほぼすべて宇宙人はコンピューター映像の『霊』を霊能者にみせる。だから、ニセモノなのだ。霊能者は、そんなのにひっかかっている。

守護霊はニセモノだ。で、霊能者が、守護霊をつけて、と依頼する相手はそんな人を騙す悪い宇宙人だ。そんな宇宙犯罪者のような彼らは、天国に頼んで、守護霊をつけることはできない。

実際には、どういうことになるか?
霊能者は、悪い宇宙人に、守護霊をつけてもらう。すると、霊能者は依頼者の守護霊として交信できるニセ霊が一体増える。そのニセ霊は、守護霊のふりをする。それを本物と思い込んだ霊能者は、新しいのが増えたと喜ぶ。霊能者が見える映像や声、全てが虚構である。

私は他人に新しく守護霊はつけられる
できることはできる。私は、様々な守護を自分につけている。例えば、サイクリングしながら、物事をうまく考える才能がほしいと願う。天国に頼むと、いちおうつけてもらえる。それ依頼、私はサイク中に、よく思索できる。私はその新しくついた指導霊と交信はしない。が、実際に、効果があったことで、ついたことを確認する。
運動が機敏になる才能がほしいと頼む。すると、やや運動神経があがる気にはなる。で、何年後かにサッカー選手を見たら、私と同じような雰囲気で動きが素早い。彼と同じ指導霊だとわかる。
そんなわけで指導霊は、本当に新たにつく。私は他人にもつけられる。誰かはすぐにはわからないが、適切な人物(霊)が指導をするようになるようだ。

私は、天国と縁がある。だから、できる。なぜ、そうなっているかはよくわからない。他に同じことをする人はいない。専門を指定すると、指導霊はつく。

だが、一般に『守護霊をつける』というのは信じないほうがよい。霊能者が新しい指導霊と会話して、『あなたは強化されました。大丈夫といってくれる。』が、何も変わらない。なにしろ新規の守護霊が加わっていないのだから。

実質、お金とられて、霊能者が交信できる『ニセ霊』が増えるのみ。そして、彼らから嘘偽りを聞かされる。霊能者が新しい守護霊と会話したから、ついたと思うのは間違いなのだ。
本当に指導霊がついたなら、新しい才能が身につくはずだ。その有無で、霊能者が本物かを判断しよう。

天国と交信できる霊能者は、私以外にいないのでは? 
posted by たすく at 20:46| Comment(0) | 霊能者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする