2017年04月07日

直感的に生きる人が最も正しくある理由 -- 6-7次元以上の哲学

直感的に生きる人が最も正しくある理由

 これは直感に従い、理性的に生きている人を対象にした話だ。

 この手の人は、自分の運命をより緻密に生きることができる。答えが出ないことは、自分で考えても迷う。そんな時は、直感が指し示すことを行う。すると、その日にやるべきことができる。それを続けると、いつかは大きなことができる。

 心の導きに従うこと。この手に人にとって、それが正しい生き方だ。この方法で、よりよく生きられる。

 まず頭であれこれ考えた結論。それ以上のことができる。直感に従うと、思いもよらぬ発見がある。それで限界を突破して、自分を成長させる。

 だから、導きに従うことが、正しい生き方だと。

 他の生き方(知的型、感情型)とはどこが違うのか?

 一、運命に忠実な点では、直感タイプは他とあまり変わらない

 厳密に考えよう。直感に誘導される生き方。これは、結局、運命に従う。運命を超えることはなく、運命以下にもならない。自分の神が立てた計画。その人生を歩む。

 他の生き方、自分の考えに固執して、時折、生じる激しい感情で、自分の道を決める不器用な生き方。彼らは、鈍い生き方だ。が、彼らが、彼らの神が用意した運命を超えることはなく、運命以下の生き方をしているとも思えない。彼らも、また運命に従う。

 より感性的な人もいる。好き嫌い、考えが少なく、感情、好嫌いなどで動く人たち。彼らもまた、神が用意した人生を歩む。彼らもまた運命に縛られている。

 まとめると、直感タイプ(理性)と思考タイプ(知的)、感情タイプ(感性)はそれぞれの方法で運命に従う。この点で違いはない。直感タイプが他よりも、運命に忠実ということはない。感情タイプが他よりも、運命から離れているわけでもない。

 ニ、創造性、成長の点では、直感型は優れている

 感情タイプは、何をするかをよく考えることができない。よいと感じるもの、悪いと感じるものを、すぐにやりたがる。それをするのがよい、という深い考えはない。それで正しいことを考えてみつけるものは、不得意だ。

 知的タイプは、物事を考えて、何をすべきかを見いだせる。このタイプは、知識が指し示すことなら、できる。秀才にはなれる。だが、発想の飛躍がない。直感をあてにしないからだ。だから、知的限界、思考の枠組みからなかなか抜け出ない。

 だが、直感タイプは、どうにもこうにも行き詰まった時は、何も考えないことにして、アイデアがひらめくのを待つ。すると、しばらくするとよい案が思い浮かび、物事を解決できる。そのように、同じことを考え続ける人々よりも、問題解決能力が高い。

 知的タイプが一つの所にとどまっている間に、直感型はさらに上の世界へとたどりつく。直感型は、このように一つずつのアイデア、優れる。それが全般にわたる。

 直感的に生きるのが正しいのは、こういう従来の学問や考え方、習慣の限界を突破できるからだ。それほどに、問題解決の能力として、優れているからだ。

 まとめ
 感情型、知識型、直感型は、共に運命を生きる点では、差異がない。直感型が、他よりも人生に忠実に生きることはできるが、感情的な人は粗いナビゲートによる人生であり、本当は差異がない。

 直感的に生きる人は、問題解決能力において優れている。考えに行き詰まった時に、直感に従う。すると、それまで考え方では思いつかなかったようなアイデアを得て、自分のテーマを解決できる。それを日常的に行うことが他よりも、素晴らしい。また生き方としてより正しい。
posted by たすく at 21:20| Comment(0) | 精神次元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする