2017年04月17日

相性とは

 相性とは
 相性は、男女、親子、友人、師と弟子など人間関係の好悪をさすものだ。

 相性がよいと親しく、信頼して、親密になる。相性が悪いと、相手に反発する、嫌う、不満を相手にもち、信頼しない。

 相性がよい人は、共通の価値観・信条をもっている。例えば、同じ趣味どうしは仲が良い。同じ政治スタイルでも、気が合う。相性とは、意見の一致が大きな原因だ。相反する価値観が話すと、反発しあい、お互いに疑いあい、信用しない。

 価値観が違う場合でも、相性が必ずしも悪いとは限らない。日本人と外人は、考え方が違うが、相性が悪いわけではなく、気が合う者たちもいる。

 ある信条(目標)について、一致する場合
 人間は趣味に生きるのがよいと思う人達は、こういう文化志向の人達は相性がよい。趣味が、絵画や彫刻など違いは、そう大きくはない。絵画好きと音楽好きが決定的な人間関係の亀裂になることは、あまりない。

 男女は、生き方が違うが、相性がよいと認め合う。細かい価値観が違う時、それは最初に問題にならない。が、話すうちに「その違い」がしだいに重大になる。すると、両者のつながりはなくなる。

 相性が悪い時、相手の行為が、嫌がらせと感じることが多い。自分を否定するとも感じる。相性の悪い者たちは、自分の価値観と反対だ。それは直感的に感じる。普段は、日本人の間では、明確に価値観の違いが現れない。物をはっきり言う人々の間では、相性の悪さは、言葉に両者の違いが明らかになりやすいのだろうが。つまり、相性が悪い相手は、自分の中にある奥深い価値観を否定する。

 心の許容度と相性は関係する。狭い心の人ほど、合わせられる人が少なく、相性がよい人が減る。多様性を認める人は、つきあえる範囲が広がり、多少の価値観の違いに反発することはなくなり、相性の悪い人は減る。アメリカでは、こういう寛容性が一部に求められる。

 だいたい相性の好悪は、生き方の違いから生じる。日本で相性が悪い相手でも、海外では相性が悪くならないこともある。例外的なことだ。それは海外では、生き方の優先順位が異なり、それぞれの立場が変わるからだ。

 以上が基本的な相性に関する話だ。

 相性のよい人とは、生き方の基本的な価値観が似ている人である。相性の悪い人は、それが多くの点で、対立する信条になっている人である。そして、両者の価値観が決定的に、わかりあえないとされる場合は、ずっと反発しあう。お互い融和することができる、和解できると思われている事柄なら、わかりあうことができる。もちろん、相手を認めるという単純なことだ。その時の関係は、対等ではなく、より正しい信条のほうが上で、より悪い価値観は下に位置する。両者はそんな人間関係に最終的になる。

 この相性というものが、恋愛にどう作用するかは、またの話。その前に、相性を決める「当人の信条」とは何か? それを明らかにしなくてはならないだろう。
posted by たすく at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする