2017年05月12日

いつ見かけても、自分だけに美しいみえる女性は、先が短い。でも、助ける方法はある

 いつ見かけても、自分だけに美しいみえる女性とは?

 私は、1人いる。私は池田、川西の女性に興味ない。が、彼女は不思議と、多田でいつみかけても、化粧が決まり、美しく見える。美人というわけではない。ややよいくらい。単に、私の好みだ。よーくみると、やや淡黄色の輝きを放つ。私以外に、あまり評判はよくないようだ。

 過去にそういう女性はいた。とりわけ美人ではないが、私の目前では、なぜかきれいに見えた人。その女性は亡くなった。

 この手の女性は、注意が必要だ。彼女とは生きている間につきあいはない。彼女が先に亡くなる。で、あの世で、親しくなる。だから、神様の計らいか、未来の予感で、どこかひかれるのだ。が、彼女には悲しい運命が待つ。

自分だけに美人に見える人は、短命だ。いずれ親しくなるとしても、彼女が生きている間は、何もおきない。自分だけには完璧にみえる顔のよさ、黄色い輝きは、いつか天国で感じるものだ。そういうタイプである。

もし、そんな異性をみつけたら、助けてあげなくてはいけない。やがて彼女を不幸が襲う。わからないなら、未来が透視できる人に頼むとよい。きっと助けられる。

未来が変わると、彼女の雰囲気も変わる。自分にとっての完璧な美しさが、崩れる。そう感じられたら、彼女から不幸が去ったのである。彼女とは生きて、出会えるかもしれない。
posted by たすく at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする