2017年05月14日

誰かが決めた人生なら、自分に責任はないのか?

誰かが決めた人生なら、自分に責任はないのか?
悪事を犯し、罪を背負う。だが、それがもし運命だとしたら? 彼は自分のせいではない、と言い張ることはできるだろうか。

彼はただ運命に従っただけだ。彼は操られて、それをした。だから、全責任は彼を操った者、彼の人生を計画した者、つまり彼の神、守護霊にある。

理屈としては悪くない。が、犯罪を犯したら、人が罰されるのが、人の世のならいだ。彼は罰されなくてはいけない。

彼が罰されるのも、彼の運命だ。彼の全責任を負う守護霊は、それを願うだろう。

こういう禅問答みたいな話は、ここのメインではない。

彼は誰を恨めばよいのか? 彼の自由度は8%だ。彼は、92%は人生で決められたことをしている。しかも、それは彼に未来を変えられる能力があるという前提でだ。その力がないなら、彼は守護の決めたことをほぼ100%する。

犯罪を犯すのは守護霊が決めたこと。彼は自身の力で犯行をやめることはできなかった。なら、罪悪感をもった彼は、自らの神(守護霊)をのろうべきだ。彼が罪を犯したのは、彼の守護霊の仕業だからだ。

死後、天国に行った時に、守護霊を責めたらよい。その時に、人間の人生をひどいものにした恨みをはらしたらよい。ただし、彼は、守護霊が与えたものを総合的に判断して、守護にそれなりの対応をしなくてはならない。

人生が平均以下のひどいものなら、彼は守護霊を嫌うだろう。が、彼の人生は、一時は犯罪者の汚名を着せられても、ふつうの人以上に幸福で、人類に貢献できたなら、それは守護に感謝する。

彼は守護霊の支配から自由になって、独立できる時が数百年後にくる。その時、彼は守護霊の決めたことに従わずに、自由に行動する。守護霊の監督が嫌らなら、その時を待ちわびるしかない。自分で自分の人生を設計できるほどの才能を早く身につけて。

自分の人生は思い通りにならないが、それは守護霊--数千年前に生きた古い時代の霊の価値観、趣味、嗜好で決まったことだ。古い人間の発想で、作られた自分の人生。それに不満を持つのは当然だ。それから抜け出し、自由に自分らしく生きることが、いつの日かできるのだ。なんと、うれしいことか。
posted by たすく at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の自由は何%?

人生の自由は何%?

不幸に陥った人は、早く脱したい。幸福になりたい。しかし、どん底の期間が長く、どうやってもその苦境から抜け出せないと、その人生は運命だと思うと諦めてしまう。

運命は、神様が計画する。本人の意志ではどうにもならない。物事は、計画通り進む。未来に楽しく、充実した幸せな生活が予定された人だけが、日陰の人生を終わらせ、明るく生きられる。それがくることをひたすら待つしかない。

これは運命論者が陥りやすいミスだ。人生はすべて決められていて、人間は何も変えられないと思い込む。定められた人生を歩むしかないのだと。

しかし、本当は、人間の意志でほんの少しだけ、変えることはできる。不幸と定められた期間でも、何がしら本人の意図でよくなる物事は必ずある。では、それは人生の体験の何%か?

だいたい8%ほどだというのが、私の調査だ。

人生は、神(地球の計画を練る者)が3-4割決める。何の仕事をして、何を発明、発見するか、誰と関わるか、何年生きるか、それをなしとげる要件(才能・住居)などを。残り3-5割は、守護霊が決める。友人、恋人、結婚、性格、家族などなど。で、人が変えられるのは、変える余地があるのは、残りの部分、人生の計画に支障がないような瑣末な出来事のみだ。

人生上の「事故」、「失敗」は計画されている。が、未来予知ができると、その中で、事故・病気などしたくない体験をしないことができる。

私は、ほとんど事故のない人生を30歳から送る。交通事故はない。自転車事故はほぼなく、人にすら当たって怪我させてない。料理中に包丁で手を切るのは、この一年近くない。階段でこけない。たまに、見逃した事故は起きるとしても、小さな失態ですんでいる。

犯罪被害などどうしても防げないものは、いまだ起きている。が、自分でよけられるものは、ここ数年はほとんど体験してない。これが、私がほんの少し自由になる8%だ。

結婚とその相手、恋人もずつと先まで決まっているから、変えられない。新しく増えない。自分が住む家も、引っ越す先も変わらない。職場、自分の仕事、同僚も、自分ではどうすることもできない。生まれてくる子もそうだ。すべて計画通りに進む。

だが、一部の不幸、予知で避けられるものなど自分で決められることは少しある。それらは自分で選択できる。これが希望だ。
posted by たすく at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする