2017年06月17日

『世界はなぜ「ある」のか?』(ジム・ホルト、早川書房)の感想 その3 なぜ彼は、「自分の世界」がなくなることに真摯に答えようとしない?

『世界はなぜ「ある」のか?』(ジム・ホルト、早川書房)の感想 その3 なぜ彼は、「自分の世界」がなくなることに真摯に答えようとしない?

 彼は、自分の世界がなくなり無になること、死ぬことについて、真摯に答えようとはしなかった。彼は、それを「唯我論者の主観的な世界」、「特定の人間に局在した意識」、「唯我論的な幻想」と、哲学・思想的にはあまり価値がない議論のように扱う。西洋人らしい。

 なぜか?
 それは「自分の世界がなくなり、無になること」といくら哲学的なテーマのように語られても、単に死への不安である。キリスト教文化においては、聖書に答えがある。誰もが、キリスト教の答えは知る。死んで霊になる。霊は永遠で、自分の世界がなくなることはない。そう考えることはナンセンスである。それは霊の世界への無知からくる。

 それで、哲学や物理学で論じてもしょうがないから、適当にあしらえ、と考えためだろう。彼は、それで直接的に答えなかった。

 彼は 、死への不安と似たような大きな問題で、思想的にも価値がある問題に、吸い寄せられた。「世界が消失する不安」を慰めるほうを選んだと推測できる。
posted by たすく at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする