2017年07月04日

万能になることは、人の最初の目標--専門分野だけでは狭量だ。

理数が得意で、文系が苦手。芸術やスポーツの才能はあまりない、は人間として正しいか?

 寿命が80年と短い間は、全能力を高度に発達させなくても、人格者になれる。が、未来で、科学も進歩して、寿命が200年、300年と伸びると、その間に多々学べる。学問が発達して、現在では習熟に困難なものも、わりと簡単に習得できるようになるだろう。

 そんな200才、300才も人が長生きする文明では、数理工学は一通り学ぶ。文学(情報学、会話、小説)も全部は、習得する。芸術も一通り、絵画、彫刻、音楽も身につけるだろう。スポーツも何百年と健康で、ある程度できなくてはお話しにならないだろう。今でいう万能が、大人の最低要件となる。

 専門分野だけの才能で得意がるのは、実に、狭い人間ということになる。

 人間は死んだら、その後は、あの世で学ぶ。同じように、今身につけなかったものは、早急にあの世で、学習して、会得する。500年あると、あらゆる学問は一通りマスターして、芸術全般をそれなりにこなせるような万能に近い人格になれる。

 しかし、はっきり言う。これは、霊界ではごくごく初期の達成ノルマだ。何千万年と生きる霊達にとって、数百年しか生きてないようなのはひよっこだ。我々、人類はその生まれたての赤子に等しいようなのにも及ばない。

 万能は、必ず目指さなくてはいけない。しかも、それは初歩的な目標である。人格の標準的な完成という最初の目標である。専門分野だけで、十分と思ってはいけない。

 その上があるのだが、それはまた調べてからかくことにしよう。

posted by たすく at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする