2017年07月12日

宇宙人に唯一、受けるネタ

 宇宙人と会話する時に大切なこと

 外国によくゆく人なら、何が宇宙人の交流で大事かは、すぐにわかる。日本人が外国人と話す時、ユニバーサルな能力をみせつけることは大事ではない。日本の国の文化を語れることだ。自分の疑問をしっかりと話すことだ。

 宇宙人と話す時も同様だ。地球に育ったことを誇りにもっていることだ。地球人として振る舞うことだ。地球という文明初期、宇宙的には遅れた文化に学問しかないのだが、それを卑下することなく振る舞うことだ。

 宇宙人の進んだ学問を尊敬すること、憧れをもつこと。それはかまわない。が、それが行き過ぎて、自分を捨てて、彼らに従うのは、彼らが納得しない。

 彼らは地球人に教えるために、会話するのではない。交流を楽しんでいるのだ。彼らは地球人らしい考え方、思想、言葉、視点に触れたいのだ。それをもってないなら彼らはがっくりだ。

 さて、私事。
 私は毎日、近隣の宇宙人と話している。近隣というのは銀河系の地球周辺の数百光年未満の距離にある星だと思う。

 私は、特に、相手から学ぼうとする気もなく、順番にいろんな人とあっているのだ。文明の雰囲気をざっと感じようと。相手はたいてい人格者で、100才以上で、たいていの学問は修めた者達だ。

 受けたジョークはこれだ。
 『君の星に、珍しい花ある? それ地球産でないよね?』
 地球は生物が豊富で、多様性に満ちた星と言われている。他の星は、地球の1/3も生物種はないのだ。

 相手がきつい表情になることはあまりない。
 『君の星で自殺は何年に1回?』 くらいのことを尋ねないと険しい顔をしてくれない。確か、初期文明の星で、『何十年か前に狂ったのがいて。』、と言っていた。

 地球があまりに劣っているように思えたら、相手の星の恥部を尋ねるのは、気分転換によいかもしれない。

 そうそう。偉大な人(惑星のトップ3)と交流する時は、『君の星では、妻以外とはセックスするのか?』という質問は厳禁だ。隣にいるであろう彼の妻がいい顔はしない。彼らは地球よりも寛容なのだが、公式の場ではこういう質問はよくない。

 文明歴が低い(100-300万年の歴史がない文明)と、たまに悪いのと交信することになる。そういう根性が悪いのは、ただちに変えてもらえ。向こうには、10-20億人ほどいる。長生きだから、案外、同世代は少ないかもしれないが。嫌がらせを受けるために会話するのは時間のムダだ。

 で、交流する星が多くなると、だいたい文明歴がいくらなら、学問の水準がどのくらいか、察することができるようになる。そうなると、猿顔の宇宙人など面白いかも。ゴリラ顔に近いのもいる。そんな時は、早く慣れるのがこつだ。

 大事なことは何か?
 巷の交信本の宇宙人は、人間味がない。まず嘘が多い。あれは宇宙人でなく、人工知能のようなものだと思えば、正解である。

 本当の宇宙人は名前と地位はきっちりいうし、地球からの距離を隠すこともない。それにこちらが何も知らないという侮った態度をとらない。

 宇宙人は調査能力はどの星も高いから、たいていのことはなんでも把握できるのだ。地球もそうだと思われている。教えようとばかりするのは、地球で何か悪巧みしようとしている。

 巷には、ニセモノがいっぱいある。そこで、ニセモノを見分ける方法を言う。嘘つき宇宙人は、本物ではないのだ。嘘をつく宇宙人を信用しないほうがよい。嘘を一つでも言ったら、信用できないから、すぐに変えてもらえ。その心がけを忘れてはいけない。何度変えても、嘘をつくなら、それとは交信するな。他をあたれ。

 交信能力が低くて、相手の言葉が聞こえなくて、別の存在が介入して、別の情報をもたらす時がある。それは相手の嘘ではないので、間違えないこと。

 これらを守ると、あなたも宇宙人と交信通だ。
posted by たすく at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする