2018年03月02日

初心者の瞑想と高度な瞑想との違い

 こんにちは

 よしあき様 コメントありがとうございます。

以下コメント

「瞑想の定義が間違っていると思います。よって、結論も見当違いのものだと思います。瞑想は目を瞑り思考することではありません。あなたの仰る通り、知識を得るような効果はないでしょう。しかし、小学校で瞑想の時間を設けるようにしたところ、問題を起こす児童が減ったなどの結果が報告されてます。このように、感情処理能力など、脳の処理能力を根本的に向上させるのが一般的な瞑想の効果だと思います。私のコメントがどの程度正しいか、瞑想について一度調べて判断すると良いと思います。」

 自己紹介をしてから、ご意見を述べるのが礼というものですが。

 瞑想の定義が間違っているという指摘ですか?

 日本人がよく学ぶ初歩の瞑想がすべてではないですよ。瞑想はもっと奥が深いのです。

 よしあきさんの考える瞑想は、目をつぶり、感情を鎮め、何も考えず、心を無にすることですか? 瞑想で心を浄化して、精神を向上させることを目指します。初級では、思考しませんね。

 でも、ラマ僧くらいになると、違います。その程度のことはできて当然です。さらに覚醒をして、神仏と語り、叡智を手に入れ、瞑想で様々なことができるようになることを目指します。

 瞑想中にあらわれる魔物を退けるには、知恵がいります。神仏との対話も頭を使います。ここまであがると、心を無にして感じ取るだけでは、段階が何も進まないのです。

 瞑想中に神仏が現れ、問答することになりますから、様々に考えます。ラマ僧の多くは、そこで自分の考えを決めます。高度な瞑想では、思考します。初心者向けの本にはあまり書いてませんが、こういう領域もあると思ってください。

 が、そんな神仏との問答で得た知恵(叡智)はたいしたことがなく、また学習という点では効率が悪いのです。多くの人はこの段階を目標にします。私は前回、瞑想の究極の目標、その問題点を説明しました。

 瞑想の初歩しか知らないと、違う話のようにみえたかもしれません。私はラマ僧に親しいのが多くて、ついついこういう話になるのです。でも、やっぱり瞑想の話です。

 瞑想で叡智を求める人は日本人でも、多々います。釘を差しました。

 おわかり頂けたでしょうか?

 では

posted by たすく at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする