2019年05月29日

霊はなぜ空気中にいられるか?

 霊は1,服を着る、2,生きている人に入っている、3, 地上にいる。この3つは事実とみなします。この前提から、何がわかるか? それを示してます。

 霊は服を着ることから服にも霊があるとわかります。
 霊体と人体はほぼ同一です。なぜなら、死ぬ前と霊とでは、思考が同じですから。脳がうり2つでないとそんなことはできません。脳がほぼ同じということは、脳細胞、脳内分子、および原子までほぼ同一と考えることができます。材質は、我々の世界のものと、あの世(霊界)の物質という違いはあります。が、脳内について、死んだ途端に、分子構造が大変化して、まったく別のものになることはありません。そしたら、記憶もかわり、別人になります。同一人物なので、ほぼそれら原子、分子まで同一と考えられます。

 こういう細かいことをさらりと書くと、下のようになります。理解できる人はすぐに理解するのですが、わからない人はわからないかもしれません。

 人体はたくさんの元素・分子から構成されます。霊が生きられるのは、同じ霊物質が入っているからでしょう。ここからすべての元素、物質の中に、霊物質があるとわかります。それは死ぬ時にしか、分離しません

 またあの世で男女は楽しいことができるので、霊はお互いにぶつかりあいます。だから霊は扉や壁、人体、窓を通り抜けられません。中に霊の扉や壁、人霊、窓が入っていて、霊はそれにぶつかるからです。難しいですが、もう理解しましたね。

 地表は一面、空気に覆われてます。空気の霊もあるはずです。これまでの説明なら、霊は空気の霊とぶつかるので、地上の空気中にいられないはずです。 空気(中に霊の空気の塊がある)があるため、霊は地上に存在できないはずです。

 霊がいられるには謎の人型の真空ができなくてはいけません。でも、そんなものは発見されてません。 空気がない宇宙空間まで霊はいかないと、居場所がないはずです。が、幽霊は地上で発見されます。ここから、霊は空気を通り抜けることがわかります。

 ここはやさしい話ですね。

 霊はなぜ空気中にいられるのか?
 これは霊が物質を通り抜けないとわかったために生じる新たな疑問です。

 霊は人体を死ぬ時に通り抜け、肉体の外に出ます。ここから、霊は特殊な状況で、物体を通り抜けるとわかります。霊が人体を通り抜ける時、他の霊物質にぶつかりません。それは、物体の中に霊物質がないことが条件です。

 霊が空気を通り抜けることも同様のはずです。空気の中の霊物質は、霊にあたると簡単に、空気から分離するのでしょう。それで、空気の中の霊空気がなくなります。霊はその霊空気のない空気中には、いられると考えます。霊がいる場所は、空気が少し違います。ふつうの空気は中に霊の空気が入っています。しかし、霊がいる場所だけは、空気の中に霊の空気が入っていません。かわりに、霊の肉体があります。そのようにして、霊は空気中にいるのでしょう。

 これは朗報です。空気から霊の空気を分離できなければ、霊は地上にいられないのですが、それができるからです。また霊は霊の空気を自由に吸えます。呼吸ができなくて、苦しむことはありません。

 霊体は、人体とうり2つです。分子や原子がほぼ同じです。食べ物を欲するし、水も飲みたくなります。呼吸もします。霊体というのは、人霊の肉体ということです。霊体は何らか特殊な物体ですので、霊の世界の引力が作用します。物理法則もです。霊の世界の物理法則が働かなければ、人とうり2つの霊の脳は機能しません。こんなことは考えなくてもわかりますね。ここは細かいので読み飛ばしてかまいません。

 さて、映画『ゴーストバスターズ』では大型掃除機で、霊を捕獲しようとします。が、それは徒労です。霊は風をよけます。除霊する時に呪文をとなえる人はいますが、それでは霊は消えません。扉を開けて、霊を捕まえて、追い出すしかないのです。彼らは霊の事を何も知りません。

 これは霊の物理論です。物理の世界が好きな人、霊を科学的に考えたい人は、否定しないようにしましょう。霊の物理論の反対は、霊の唯心論です。唯心論が嫌いな人は、私の説を支持するのも一策です。
posted by たすく at 20:47| Comment(0) | 霊の物理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊はなぜ地下に落下しないのか?

 霊は飛ばないという話をしたので、今度は霊は地下に落ちないという話です。

 霊は1,ヌードでない 2,生きる人体に入る 3, 地上にいる。この3つの事実らしいことから、何がわかるか? それを明らかにしています。誰も反論できないでしょう。

 霊は服を着るから霊は服を通り抜けない。霊物質同士はお互いに通り抜けしません。霊は生きている人から分離しました。人体に多数の物質が入っていることから、すべての物質の中に霊物質が入っていることが類推できます。人体に含まれる物質は多くの原子を含みます。鉄、カルシウム、セレン、亜鉛などなど。それぞれの物質の中に霊物質が入ってます。それらも霊はもっているはずです。なぜなら、それら微小な元素が欠けた分子では、霊は不完全な分子や途切れたDNAしかもてなくなり、霊界で生物として生きていられないからです。霊は地上にいることから、霊に引力が作用して、霊が飛ばないことがわかります。

 今日のお題は、地獄は地下にないという話です。宗教ではそこに邪な心をもった者たちが閉じ込められて、苦痛の叫びをあげます。それは物理的にありえません。霊は地下にけっして落ちません。

 なぜか? 霊が着ている服は、木綿、絹、プラや金属のボタンからなります。靴はゴムです。人体もほとんどの物質から作られてます。

 この事実らしいことからあらゆる物質に霊が中に入っていることが、わかります。霊はイルカやクジラだけでなく、愛犬や愛猫もなります。あの世でかわいいペットが待っています。人だけ霊になり、彼らの霊がないのは寂しいです。あの世では、美人やおいしいものなどあって、楽園です。どんな霊もあるのです。

 地面は、石と土からできてます。そこにも霊が入ってます。石や土、地面の霊です。もちろん無機物なので生きてなく、話しません。霊の物質同士はぶつかります。人霊にボールの霊を当てると、通り抜けることなく、ぶつかります。

 人霊は地球に入っている地球の霊(意志はありませんよ)の重力で落ちようとします。が、地面の霊にぶつかって、それより下に落ちません。ガンダム大地に立つ。霊も大地に立ちます。地面の霊が遮るのでそれより下には落ちません。

 霊は地下に落下しません。霊は地下に住むという霊能者は、本当の霊を知りません。

 霊は地下に落ちないだけでなく、地下に暮らせません。地下は土と岩でぎつしり詰まってます。その下はマグマです。それら鉱物の霊があって、地下に入り込めないのです。霊は地下室にいけます。が、せいぜいビルの下に歩いてゆくくらいです。日本では毎日100万人くらい亡くなります。その何割かが住める巨大な空洞は地下にみつかってないですね。よって、霊も地下に暮らせません。

私の論は大雑把なようで緻密。反論できる人なんていないでしょうね。きっと。
posted by たすく at 09:21| Comment(0) | 霊の物理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

霊はなぜ他人の体に入れないか?

 欧米の新聞記者に大人気のシリーズです。
 霊が体に乗り移って、異言を話した。守護霊は、体の中に入るのよ。転生では記憶を消して、霊は新しい体の中で一から学ぶのよ。よくきかれます。全部、間違いです。霊は他人の体に入れません。

 ここでの前提は、1,霊は地上にいる 2, 霊は服を着る 3, 人が死ぬ時に霊は肉体から離れることです。誰もが知る事実から、一つの真実を見抜きます。

 霊は服を着ることから、服は霊をすり抜けません。霊物質どうしは、同じ空間的に重なりあうことはできません。牛糞が詰まった瓶に鶏糞を入れたら、あふれます。わかりますね。

 生きている人の中には、本人の霊体が入っています。もう一体、霊が入るスペースはありません。証明終わり。簡単でしたね。1人の体の中に、2人の霊を詰め込むことはできません。

 まさか、新しく生まれる人の霊体を取り除いて、乗っ取る。そんな非倫理的なことを考えてませんか? それは無理です。転生のように霊が人体の中に入り、人の意識を感じ取るには、人と霊の脳神経を1mmもずらさないで結合させる必要があります。1mmずれたら、別の神経回路につながれてしまいます。他人は脳のサイズも神経の配置もまったく違います。新しい人体に他霊を結合させることはできません。また倫理的である霊がそんな新霊殺しを平気でするという主張には、難があります。

 これは人体から霊が死ぬ時にしか離れない理由でもあります。もし、死ぬ前に一度でも離れたら、二度と元に戻れません。霊が入れる人体は、死んで魂が抜けた直後の抜け殻となった土左衛門(御遺体)だけです。

 次元が異なる霊は入り込めるとか、そんな非科学的な反論をするのですか? 確かにその場合は、人体の位置に霊がいることができます。しかし、その霊と人体とは次元が違うので、まったく干渉し合いません。別の空間にいるようなものです。両者は直接的に影響しません。地球の地面の上は、別の次元ではそこは別の星の空中か地下、もしくは宇宙空間だったりします。そんなところにいて、人間の行動にあわせて、位置を変えて、何をするつもりでしょうか? また両者はつながってないので、人間の反応をまったく同じように感じることはできません。

 まとめ
 霊は他人の体の中に入れません。本人の霊がそこにいますから、入る空間がありません。

 霊が他人の体に入るという考えは、満杯の肥溜めにさらに糞を入れて、あふれさせるような話です。入りません。体の中に霊が入ったという霊能者は真実の霊を知らないようです。彼女たちは霊ではない何か得体のしれない存在と交信しています。

 人を操るには人体に入る、もしくは背後から指導するしかないというのは古代的な発想です。バーチャルリアリティによる遠隔操作を知った現代人がいつまでも、そんな固定観念に縛られてはいけません。
posted by たすく at 00:07| Comment(0) | 霊の物理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする