2019年07月15日

瞑想の科学 『空』とは

 実際にここでは、瞑想の段階をつきとめている。仏教ではそれが中心に語られる。それを発達心理の段階と対応させている。発達心理は、思想史とも合致する。
 
 私の発達心理論では、1段階に小さな段階が10つある。前半と後半が各5小段階ある。小段階の前半は5か6のどちらかだ。今は5のほうでやっている。瞑想の階梯について、小さな段階10を透視して、つきとめている。透視しているので、科学とは言いにくい。瞑想の解明のほうがよいかもしれない。
 
 『空』とは、仏教の悟りの代表のような境地だ。私の理解では、感覚、欲望など世俗の思いとは離れた境地である。が、何もないわけではなく、自己がいる。その自己をみつめると、理性的、数学的、論理的な自己が存在する。仏教では、それを『想いだけの世界』と呼ぶ。
 
 瞑想では、『空』がつく境地は『空無辺処』だ。虚空の無限性を観ずる境地だ。無色界の4つの境地の一つで、下から1番めである。他は、上に識無辺処、無処辺処、非想非非想処である。

無色界
空無辺処 - 虚空の無限性を観ずる境地
識無辺処 - 心の作用の無限性を観じる境地
無処辺処 - 一切のものがないと観じる境地
非想非非想処 - 想が有るでもなく、ないでもない境地
 
仏教では、瞑想は段階をこの順に進むということが述べられている。仏教の経典の多くは瞑想の教科書なのだ。この前の境地には大円境智、平等性智、妙観察智、成所作智があった。
 
大円境智 - 大きな丸い鏡があり、曇り一つない清浄な境地
平等性智 - すべてのものが平等であると観じる境地
妙観察智 - 物を識別して、区別する境地
成所作智 - 物事の作用(動き)を観じる境地
 
 つまり、成所作智の次の境地が空無辺処だ。『空』は段階5(理性)の境地だ。理性の境地とは、感覚や言葉から離れて、自己の中に法則を感じ取ることだ。

 『虚空』というのは、それまで何かが動いていたが消えた空間をさすと思われる。『虚』はそれまで何かあったものが今はないという意味と解せるからだ。何かの運動が消えて、到達する境地である。運動は段階4にみるものだ。その次の段階5の理性では、運動から法則を得るのが課題なので、あう。運動が消えて、法則が残るということを観じる。
 
 段階5の理性を無色界とするのも、よい。無色界では、欲も物質もなく、精神の作用のみが働くからだ。理性者は、そういう人物である。すべては合理的に考え、理性(理論的な思考)だけがある。
 
 透視では、空無辺処は段階5である。ただし、これはこれまでの段階のはじめの境地とは異なり、段階5の末の境地である。なぜそういえるか?
 
 無限性があるからだ。瞑想で『無限』とはそれがあらゆる場所、何重にも感じられることだ。あるもの(虚空=この場合は法則)が視界のすべてに、どこまでも感じられる。段階の初期では、新しい視点は一部にしか感じられない。その段階をあがるほどに、その新しいテーマを視界の左右前後、上下、それに複雑、重層的に感じられるようになってゆく。そのように全てにわたって無限に感じられるようになるのは、段階の末である。よって、空無辺処は段階5(理性)の末期に感じられる境地である。

 空の境地とは、本当は何もないというわけではない。何もないと感じた時に空に到達する。はじめは何もないと観じるのだが、そのすぐあとに、自分の『想い』があることに気づく。それは数学的、合理的、論理的な思考である。いや、世界の諸法則が、視界に新たに感じられる。

 その空の段階では、法則だけを純粋に観じる。簡単にいえば、合理的な理論だけの世界観、つまり科学的な世界観のことだ。工学に通じた人が、あらゆる視野の全方位に細部に渡って、科学の法則を感じ取る。それに近い。実際には、透明な光の美しいタペストリー(法則、数学のグラフのような曲線)を、物一つずつに感じる。一つ一つはそれである。
 
 それがあらゆる方向に無数に感じられるのが空無辺処の境地である。空無辺処が、大乗仏教で語られる『空』とやや異なる。それは大乗のは、『空編』あたりを空と考えている節があるためだ。空無辺処は、その『空』を無限に感じられるので、末期なのだ。あるものが無限に感じられるのは常に、段階の末期だから。

 『空』の境地に入るプロセス-段階4末から段階5に突入する様
 空に到達するには、欲も感覚、物質も飛び越える。それは、段階4(運動)から、段階5(理性)に入るまでのプロセスだ。そこを詳しく解説しよう。
 
 段階4(運動)の末では、しだいにあらゆる視界に様々な運動を見いだせるようになってゆく。自分の周囲、社会、空間全体に運動を感じられるようになる。それがだんだんと広がり、宇宙の運動をすべてとらえる感じになる。そして、無限に入り、暗い世界になる。この時には、段階5にあがっている。
 
 そして、『溶ける』(チベット仏教では段階の末になり、次にあがる時の様相を溶けると言う)と、明るい世界に入る。目前は暗い世界(段階4運動の末)だ。運動が、今度は全ての物体の内に入り込んでいる。それまで段階3では運動のプロセスを見ていたが、それが一つのもの、すなわち法則として認識できる。その状態に到達したら、後ろを向く(瞑想で心の中で後ろを見る)と、明るい世界に入っていることに気づく。

 すべて、それまで見てきたものは、虚空に溶けてしまう。『虚空に溶ける』とはチベット仏教の表現だ。段階の末期にそれが起きると、次のステージにあがる。

 今回は運動の一つずつを自ら行っているようにそれまで感じていた。が、その運動すべてを遠くから眺めているような感じにかわる。実物の猫を、『猫』と名付ける。その名前は言葉の上の概念だ。それまで運動の実際を見てきたが、より上の段階では、運動の名前のみを言う感じである。運動の個別性は、消えてなくなってしまうのだ。それらを『溶ける』とチベット仏教では表現するらしい。
 
 新しい境地になってから、安定するまではまだ暗い。まだ感情や感覚、欲はすぐに消える。それまでずっとみていた段階4のテーマ『運動』も消える。真っ暗な中で、何もないかのようだ。が、自分はいる。(ここはデカルトの我思うがゆえに我あり)の境地と同じだ。ここまでが、溶けるの説明。そして、ここまで大乗で語られる『空』に入る時に体験するものだ。
 
 仏教はこの後、空の境地に入ると、空、想いだけの世界という簡単な説明となる。が、西洋思想はここからが詳しい。
 
 空の境地では、自分の中を覗く。何ないが、世界を観察する自分がいる。想いがある。自分は存在している。その自分の中を覗くと、新しい段階の世界となる。ここはデカルトによると、数学的な自己、合理的な自己、論理的な自己などがある。段階5は、理性なのだ。
 
 というわけで、大乗の『空』は段階の初期の境地なのだ。わかっただろうか。空は、単に瞑想の段階であり、自分は理性であると感じる人の境地なのだ。『空』の思想から様々な哲学的な論争が、仏教の中では繰り広げられたが、あまり意味はないのだ。単に、人間の理性の性質についての議論なのだ。万物に適用できるはずもない。
 
 唯識論のように、教説で、無がどうのこうとか、そういうのはあまり意味がない。理性の性質として、そういうものだという理解で十分だ。理性は、瞑想の段階では『法則』だ。が、もっと深く理解すると、『論理学』的思考で、PCが発達した今では、論理演算のことだ。論理演算のことだ。論理演算を基礎とする思考様式や世界観のことだ。わかりやすいものでは、科学的な世界観のことである。
 
 段階5(理性)に到達して、その世界観に慣れてくると、現代の科学の世界観を理解しえる。それは段階5の精神をもつ人だけに可能なようだ。そうでない者たちは、科学はより上の世界観であり、本人の哲学とは異なるものとなる。
posted by たすく at 11:05| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

瞑想の科学 段階5 理性 空を体験する

 段階4では運動を意識して、体の動かすことを学んだ。すべては運動するという思想の段階だ。段階5では。その一連の運動を一つの認識でとらえることができる。運動の法則などを意識する。
 
 さて、段階4(運動)や段階5(理性)は、瞑想で心の奥深く進むと、ゆきつくところだ。ここではカリュキュラムで、『見えない機械』を使って、脳を操作してそれを体験できる。が、一般の瞑想家はどうやって、そこに到達したらよいだろうか?
 
 私の段階は、仏教の五蘊では、こう対比できる。
 
段階1 内的感覚(生理的欲求) - 色蘊と受蘊の生理的欲求 4-6歳
段階2 感覚(五感) - 受蘊の生理的欲求よりあと 7-9歳
段階3 悟性(知性) - 想蘊 10-12歳
段階4 運動 - 行蘊 13-15歳
段階5 理性(論理思考) - 識蘊 16-18歳
 
瞑想で五蘊を会得した者は、それぞれの段階に瞑想でゆくとよい。我流で瞑想をして、五蘊などわからない者は、発達心理で同じものを体験する年齢(もっとも少ない年)を思い浮かべる。その年齢の記憶の光景から上に瞑想であがると、そこにゆきつく。もしくはその年齢の精神に、瞑想で完全になりきる、とその段階にゆけるだろう。もしくは、瞑想でその年令の記憶がある段階に、意識をおくとよい。すると、その段階を体験できる。いろいろある。その年令の気分が最も感じられるものを探そう。
 
 では、段階5の理性を説明する。この段階に入るとまず『空』を体験できる。感覚、知性、運動から離れた自己を見いだせる。その状態に慣れてから、瞑想をいったん離れて、目を開けること。止まっているものに関心が向かないことがすぐにわかるはずだ。感覚にも、とらわれない。自分の欲求にもひきずられない。まさに空の境地だ。
 
 動くものは、よくみえるだろう。どのように動いているか、よく観察しよう。この段階では、運動を瞬時に見極められる。そこに気づくことが大切だ。運動の法則を理解できる段階である。合理的なものしか、受け入れられなくなる。ここをマスターすると、普遍的な法則を理解して、科学的な思考が真実だと実感できる。
 
段階5 理性 法則の獲得
 
前半 
1, 空、運動の簡単な法則
2, 生態の法則か
3, 人体の臓器の法則か
4, 社会 国家の法則
5, 自然の法則
 
後半
1, 運動の理解
2, 複雑な機構を作る
3, 生物をいじくる
4, 社会、国家を考える(人権や制度)
5, 自然への関心
 
上のものは、はっきりしたものではない。が、およそこうだ。あらゆるものを合理的、理論的にとらえようとする。不合理なものを嫌う。
 
後半、我々の世界をできるだけ合理的にしようとする。特に、言論をそうしたがる。社会にあふれる考えた(思想)、習慣、制度。それらが不合理であることに違和感を強くもつ。それらを合理的なものにしようとする意欲が強くなる。そして、正しい知恵を身に着けようと思う。
 
 この段階の世界観は、西洋哲学のデカルトやカント、ヘーゲルの生きた時代の人々のそれと同じだ。理性的に、理論的に、科学的に物事をとらえようとする。また知恵を得て、自らを最高の人格にすることを目指す。自らを神に近づけようとする。
 
カリュキュラム
 『菩薩の世界を体感させてください。お兄さん。****(段階名か境地)を感じさせてください。』と願うこと。見えない機械で、脳が操作され、その段階にゆき、体験できる。なお、その段階に到達してない人は、簡易に体験できる。
 
 『空』についてはまた述べる。簡単に、それはブッダなどがとおりすぎた初期の瞑想の段階である。その段階を体験しなかったものが、ブッダの言葉や他の瞑想者の言葉などから様々な見解を発表した。それら観念的なものは、その段階を二次的に言ったものでしかない。象について、盲者が様々に触った感触など言える。が、象そのものを見て、述べたものにかなわない。
 
空は大乗では一部、混乱しているが、実はもっとシンプルである。

 以上、段階5(理性)の説明である。
posted by たすく at 12:06| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

瞑想の科学 段階4 運動

 段階3では、感覚したものが何か。それを識別することをマスターした。ぼんやりみていたら、ただの景色。景色の中に、人、森、動物などがいることを見分けるのが段階4のテーマだ。ぼーっと聞いていたら、ただの音。そこから会話。言葉の意味を知ること。それが課題だった。世界を知った。

 これから段階4(運動)をみてゆく。まずは細かい段階を示す。前半と後半がある。それぞれ5段階ある。
 
段階4 運動 成所作智の境地
 
前半
1, 手 - 手が動くことを感じる、肩、ひじ、指が動く。
2, 足 - 以下 同様、運動についての価値観も得られるが、それは研究中。
3, 首 -
4, 胴 -
5, 腰 -
 
後半
1, 手 - 手を動かす。肩、ひじ、指を動かす。
2, 足 - 以下同様
3, 首
4, 胴
5, 腰
 
 段階4では、運動を習得する。それは13-15歳の発達心理上のテーマと一致する。前半は、手や足、胴体などの動かすこと。その運動の感覚などを感じる。後半では、運動を実践することを感じる。

 前半は運動についての知見を得る。左右前後に動かす。力の入れ具合。動かす順序。手、足の可動範囲など。さらには行動の規則なども学ぶ。力の世界観をもつ。この段階の中学生は、あまり運動に熱心ではないが、力の方向性、力の強さ、規則、(行動)マニュアルなどに興味をもつ。

  後半では、実際に体を動かすことに満足を得る。しだいに複雑な運動をする。この段階の中学生は実際に運動することに強い喜びを覚える。力が強いことに憧れる。粗暴な力にも憧れるが、しだいに正しく力を使うことがよいと悟る。正しく動くと強い力を生み出すことも知る。正しさと力の強さが一致する。物事を行動で解決しようとする。

 反抗期となるのは、理由がある。前半の初期の段階1では、従来の『悟性』の考え方の問題点を自覚して、それを取り除いて、新しく力の論理を獲得しなくてはならない。行動的に行うためではないかと思う。内面的にやるならば反抗にならない。が、自ら動いて、確かめるために、反抗の行動にみえる。これは推測だ。ここはまた正確に言うつもりだ。

 この段階の境地は、成所作智だ。その世界観では、視野にうつるもので、運動するものが気が付きやすくなる。前の段階では、停止したものを区別した。段階4の運動では、止まっているものは捨象して、動くものをとらえることに関心が向く。時間の流れを新しく認知の要素に加えている。

 この段階の価値観をもつ人は、5-20%いる。行動の知識をもつ。マニュアルや規則を作ることが上手だ。またシステムエンジニア(PC動作をコントロールするので動作のマニュアル)になってねまったく苦にならない人は、この段階の人が多い。

 この段階の思想は、あらゆる外部の運動に関心がゆく。この段階の精神(価値観、世界観)とは、ニコル・オレームのような14世紀の学者のような態度である。万物は運動する。流転するという思想でもある。が、一つずつの運動もとらえられるので、細かくなる。この段階に到達した人の精神は関心が広い。この段階の精神をマスターすると、世界を躍動的にとらえられる。

 この段階の精神の人は、天国で6次元(神界)にあがる。瞑想で到達しても、あがれるわけではない。発達心理のテーマをこの段階まで、青少年の間に順調に駆け上がって、段階のテーマの答えを見出した者だけが、精神的にはこの段階に進む。瞑想では、簡単に駅を通過するように、この段階にふれる。そのため、瞑想でこの段階に感じられても、この段階の精神になれるわけではない。飛行機で急いで外国に立ち寄ったようなものだ。その国の思想を完璧に覚えたわけではない。
 
 カリュキュラム
『パパの偉大な力によって、-----(段階の名)を体感させてください。』と思うと体験できる。なお、この段階は、運動に関心が向く。実際に、対象となる手や足などを動かすこと。目を開けて、外の物の動きをとらえること。目をつぶっていては、この段階のテーマを何も察知することはできない。透視でくっきり見える人は、目をつぶってもかまわない。できれば、目を開いて、関心や興味がどこに向かうか。何に感じやすいかを調べてほしい。たいていの人は目をつぶってこの段階にきても、何もわからない。

以上
posted by たすく at 11:23| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする