2019年07月10日

瞑想の科学 段階3 悟性・認知

 これまで段階2(感覚)を見てきた。段階2で5感の感じ方、使い方を習得できる。さて、段階3(認知)とは何にだろう。それは、視野に何が映っているかをみわけることだ。ぼーっとみていたら、ただの景色。が、頭を使うと、そこに木があり、家があり、車が走る。それに気づくことである。感覚した『データ』が何なのか。見たもの、聞いたもの、かいだ匂いは何かを知ること、名をつけること。それが段階3の課題だ。

 感覚したものを『定義する』段階でもある。AIが、何らかの写真から、猫を区別するようになることだ。パターンを学習することでもある。これは、時間が止まった中で行われる認知だ。この段階では、動くものをとらえることはメインではない。
 
 瞑想で留意すること。自分の課題、社会や家族、学校、人間関係のいざこざなどは、表面的なことだ。心を静め奥深くに入ると、瞑想で感じられる心の空間にゆきつく。それが、瞑想の段階である。覚醒も、曼荼羅を見るのも、この段階である。
 
 段階3(認知)は感覚したものの意味を識別することだ。見たもの、聞いた音、かいだ臭いが何かを区別することだ。

 これは10-12歳の発達心理の課題だ。10歳頃に、この段階の精神を宿す。この段階で精神の成長が止まるとそれ以降、基礎的な価値観・信条がかわらない。そのため、この段階の精神の人は10歳頃の価値観のまま大人になり一生を過ごす。5-7割近くいる。彼らは快楽志向ではなく、知的だ。『定義する』ことを好む。自分の判断は主観だと思う。多くは小難しいことを好む。が、理論を駆使する頭はない。
 
 この段階の精神は、方丈記など平安時代とは違い、何か知的な趣がある考え方に近い。平安時代は自然を感じることが讃えられたが、この段階では、知的に何かを語ることがよいとされる。自然を語ることが大事なのではなく、何か知識を得ることを好む。
 
 『妙観察智』はこの段階の境地だ。物事を観察して、知識を得ること。仏教の五蘊では、『想蘊』にあたる。この段階の完成は視覚、聴覚、臭覚などを概念にして統一することだ。『全て』という概念を得ることである。
 
この段階は前半と後半が各々5段階ある。前半は、認知の理論。後半は、実践である。
 
段階3 悟性(物事の認知)

前半
1, 視覚 -- 見ているものが何かを区別する。
2, 聴覚 -- 聞いた音が何かを区別する。言葉、音楽など
3, 嗅覚 -- 匂いに名をつける。何の匂いか嗅ぎ分けること
4, 味覚 -- 味を区別すること。甘い、辛い、苦い、おいしい、まずい、食べられるもの
5, 触覚 -- 痛さ、熱さ、冷たさ、圧、ぬれ、乾き、ねっとり、触るなど
 
後半
1, 視覚 -- 見方。近くからみる、場所を変えてみる。遠くからみる。
2, 聴覚 -- 音。近づいてみる、方角を聞き分ける。首を回す。
3, 嗅覚 -- 臭い。力強く吸う。弱く吸う。近づいて吸う。
4, 味覚 -- 毒、よく味わう。軽い舌の上にのせる。
5, 触覚 -- 触る。一瞬さわる。長く触る、手にふれる。頭が熱いなど。
 
瞑想して、この段階の特徴をよく知ろう。そして、この段階の精神の人はたくさんいるので、彼らの視点を学ぼう。
 
さて、精神の信条はどこで止まるか?
 人間はおよそ生理的欲求、感覚、悟性、運動、理性、社会、空間、二次元と8種の信条をもつ。快楽主義者、知的なものを好む物、運動をとらえることが上手なもの、全ては法則だと理解する物、社会的な動きを好むもの、空間の感覚を見極めるものなどだ。彼らは、それぞれの段階の初期で発達心理のテーマをこなせなくなり、そこで精神を止める。すると、その段階の精神に固定される。それが、人の精神の信条や価値観となる。

 この詳しい理論はまた記そう。今回、いったいいつ止まったか。それを明らかにする。透視では、その段階に入ってから、14日と少しである。それぞれの段階をこなすのに365×3日かかる。1195日かかる。これを10段階に分ける。すると、1段階は120日寂。だが、新しい段階に入ってから、わずか14日と少し、精神の成長を止める。すると、それぞれの段階に精神となる。
 
カリュキュラム
この段階の好きなところにゆける。それぞれを感じよう。瞑想の段階がここより上の人は、それを直に感じられる。ここ到達した段階がここより下の人は、一時的に体験できるだろう。
 
『世界のお兄さん、段階"****"を教えてください。』と思うと、感じられる。
 
目をつぶってするよりも、外を歩きながら、世界を感じながら瞑想を行ったほうが、より多くの知見を得られるだろう。なにしろ、この段階は感覚を知識に変えることが課題だ。目をつぶっていていは、何も感じられないから、知識にすることもあまりない。この段階の課題をこなせないのだ。本当に、自分の感覚を言葉にする段階かを、そのようにして、感じながら調べよう。

以上だ。
posted by たすく at 11:01| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする