2016年02月29日

心の中に神様はいる?

心とは、何か?

 唯物的な科学者に、神様はどこにいるのか、と問いつめられる。苦しい返事をする信仰者達。
 「神様は、物理的に存在しないが、心の中にいる。」

 さて、これは唯心論だ。今日はそれを否定する。

 今日は、簡単に、「心」とは何かを考える。

 空想小説があるとする。それを信じるのは、「心」だ。ガンダムやドラえもん。それらは、いくらいると信じても、所詮、フィクションである。心の中に存在しても、それは、いるとは言わない。いるというのは、物理的に存在して、はじめて「それそのものがある。」といえる。

 なぜ「心」に存在するものが、重要でないといえるのか?
 心とは、言葉の世界だ。物語を信じることもできるし、神話も信じられる。矛盾も考えることができる。無限すら想像しえる。SFも、真実も、事実もだ。
 実在するものも、架空のものも、何もかも混在できる。だからこそ、心は、言葉の世界だ。概念の世界だ。どんなに矛盾するものもありうる。

 言葉の上では、共産主義という残酷な社会も、理想社会に仕上げることもできる。現実(物理世界)を無視したような「架空世界」を描けるのが、言葉だ。「心の世界」も、同じだ。

 「心」現実と虚実との違いが、はっきりしない世界だ。

「神様は心の中にいる。」というのは、「心が思い描く世界に、神様がいる。」という意味合いである。それは、神様がいることの証明にならない。なぜなら、心の中では、実際に存在しないものもいることにできるからだ。つまり、この唯心論者は、「神様は言葉の上だけの存在だ。」、「概念上の存在で、実在するかはどうでもいい。」と言ったに等しい。

 「神様は心の中にいる。」と言う人は、敗北している。

以上
posted by たすく at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください