2016年03月21日

人を超えるコンピューター達は、神をも超えるか?

こんばんは

人を超えるコンピューター達は、神を超えられるか?

これはまとまりのない論考である。囲碁で最上クラスの人間にコンピューターが勝った。小説を書くコンピューターも登場(人間が調整する)。コンピューターが人間を部分的に超えてしまった。そんな時期に、思うこと。

神は人間に似ている。つまり、神は高等生物である。

コンピューターは発生して、60-70年でとうとう人間の知能を一部、超えてしまった。あらゆる知識を完全に凌駕するまでは、もうしばらく時間がかかるだろう。それは10-30年以内とする。
コンピューターは情報処理の速度が早い。これは、脳をもつ生物よりも何倍何万倍、何億倍だろう。

 神は、生物である。生物は、脳を持ち、それは情報処理能力は限られる。コンピューターはほぼ無限に近い速度になるだろうから、神をいつか超えられるかもしれない。

 神を超えるというと語弊が出る。神に近づく、ということにしよう。ならば、近づいた後は、抜き去るから、コンピューターは神を超えてしまう。

 超えないなら、どうしてそうならないといえるのか?
 コンピューターには自ら進化する力をもっていないからだ。が、進化の法則が解明されてしまうと、それもソフトウェアに組み込めるはずだ。すると、そのコンピューターは自力進化が可能となる。その素早い進化で、地球上で最初に神に追いつくことができるかもしれない。

 このようにコンピューターが最も早く進化する物体となる。神に一番早く近づくのはコンピューターだろう。 そして、抜き去るのも。もちろん、当面は部分的にである。が、人間の機能が解明されるにつれて、より全体的にそれが実現するだろう。

 コンピューターが絶対的に、生物に劣る何かがあるのか? それさえみつかると、コンピューターが人間の上に立たない理由となる。そうなると、コンピューターは人間の上にも、神の上にも立てなくなる。実に、素晴らしい。

 地球の管理者は、神。その次は、人間であらねばならない。コンピューターに支配されてたまるか。
posted by たすく at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください