2016年05月23日

世界の終わりに関する考察 宇宙の終わり、地球の終わり、人類の終わり

こんにちは、

 キリスト教ではよく、『世界の終わり』がある。昔の人の『世界』は、ちっぽけな地球の1エリアだろう。国が終わるか、洪水で平野が水浸しになるほどの災害である。現代人は、古代の人にとっての『世界』が小さい範囲だということがわからない。現代人の考える『世界』で解釈しょうとする。それで、宇宙全体をさすと思い違えた。

 その終末論にまつわる話である。

 世界(宇宙)の終わり
 現代の宇宙論では、宇宙は空間ごと爆発的に広がっている。ある人はそれがいつか収縮するという。ある人は、そのまま永遠に拡大する、という。私は後者の立場をとる。空間や物体が外に外に広がっても、その速度が小さくなることはあっても、収縮するだけの力は生じないだろうからだ。
 私の宇宙論では宇宙の拡大が止まり、小さくなって、あらゆる宇宙の物質は一つに擬縮される、という宇宙の終わりはこない。人間は宇宙の終わりを心配しない。

私の考えでは、宇宙に終わりはない。

 地球の終わりはくる
 太陽はやがて大きくなり、その後、小さくなる。太陽は小さいから超新星爆発はしない。太陽は光を放たない凍えた星となる。その時、地球に届く日光は弱くなり、地球は氷に閉ざされる。地球に緑はなく、そこに生命は住めない。地球という惑星は永遠に残るだろう。が、生命が住めない星である。それが私の想像する地球の終わりだ。

 地球の終わりは、太陽が収縮して、弱い光しか放たなくなって、地球が氷の惑星になることだ。破滅した、爆発することではない。それは数十億年後にくる。100億年後くらいと見積もっている。

 太陽が大きくなった時に、地球が太陽に飲み込まれて、地球が破滅するのでは?
 人類がそれまでに破滅したら、地球はそれで宇宙の藻屑となるだろう。が、人類は知恵を出し、地球の軌道をずらし、太陽から遠ざけるだろう。訳なくそれを行う。

 人工太陽を作り、日光の弱体化を防ぐ?
 地球が氷の惑星となる。それを放棄したくない人達もいるだろう。人類が地球に固執する時、人工太陽を作り、なんとか地球上の生物は維持する。それもありうる。が、別惑星への移住のほうが簡単なら、そちらを選ぶだろう。太陽の巨大化後に、光が弱くなるまで、数十万、数百万年はある。それまでに移住可能な惑星をテラフォーミングして、緑ある惑星にすることはわけないだろう。

 宇宙の終わりは来ない。地球の終わりは、数十億年後だ。それらは先のことだ。慌てて心配することはない。その頃には、別惑星の移住するだけの宇宙船くらいあるだろうからだ。

 人類の終わりについて
 大隕石の衝突、強烈な核爆発による核の冬。人類が絶滅しうるような自然災害は理屈では可能性ゼロではない。それを終わりの日と呼ぶこともできる。が、今では、大隕石は発見しだい回避できる。地球に大損害を与えるくらいなら、水爆をぶつけて、その隕石の軌道をずらすだろう。
 核戦争は冷戦が終わり、もう回避されたにも等しい。ロシアは民主化して、中国ももはや半分は資本主義国で、半分は西側である。

 地球が終わっても、人類は自ら数億年かけて緑化して、生命が住む別惑星に移住する。人類の終わりはこない。

 以上まとめると、

 宇宙の終わりはこない。地球の終わりはくる。人類はその時、別惑星に移住するから、人類の終わりもこない(あまりに老化すると、種として絶滅する可能性はある。なぜなら、何百億も続いた人類種は見たことがないからだ。)。

 結論
 宇宙の終わりを数十億年、いや未来永劫に心配する必要はない。
 地球の終わりは、核戦争や小惑星の衝突、超新星爆発の巻き添えなどで、低い確率だが、心配してもよい。数十から100数億年後には必ず、生命が住む惑星としては終わる。
 人類の終わりは、それら地球の破壊もしくは、地球上の生物の消失によって、あり得るから、心配してもよい。それを防ぐことが人類の課題である。
posted by たすく at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください