2017年02月03日

人類は、どういう惑星と交流するか? 現実的に考えよう

 人類は、どういう惑星と交流するか?
 人類はまだ宇宙人を公式に発見してない。が、彼らはきっと地球人を何百万年前からみつけている。よって、こちらが話しかけるよりも先に、彼らからアプローチしてくる。最初に人類は表立って交流する宇宙人を選べない。最初の相手は仕方ないのだ。どこかの宇宙人のはぐれ者(悪党)がくるかもしれないし、母星の正式なオファーがくるかもしれない。私は、悪いやつが先に地球にやってくると予言する。

 ファーストコンタクトして交際する彼ら文明1は、善良ではない。が、もし善良なら、正しい近隣の宇宙文明のリストをくれるだろう。その後、地球人自ら、その文明リストを見ながら、地球人がつきあいたい交流相手を選ぶ。悪い宇宙人のリストは悪い宇宙人の一覧表であり、破棄すべきである。

 どういう基準で選ぶか?
 引っ越して最初にするのは、ご近所挨拶だ。近い惑星から順に、交信して、交流を求める。こは地球との距離の近さが、基準となる。
 そのように次々と周辺星と交流を広げてゆく。この時には、もう地球は10-30つくらいの星と交信する。だんだん増えてくると、交流を密にするか、疎にするかを選ばなくてはならなくなる。

 ここから先はまた今度。
posted by たすく at 21:58| Comment(0) | 宇宙人研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください