2017年02月19日

神は委任統治

 神は委任統治

 地球の神はヤハエだ。霊界の王は5-7年ごとに交代するというのは、あまり正しくはない。

 私が他の惑星を調べたところ、地球より2-4万年以上進むと、それぞれの星出身の人物が『神』に就任する。神は、人類と霊界を治める。神は1万6000-1万7000年の間、働く。彼は使命感に燃え、意欲的に、自分の好みに、文明を作り変える。彼は惑星の全責任を負う。それが完了すると、次に交代する。

 文明初期の星は例外だ。自分たちには才能がある霊がいない。進んだ星から、神の役割を担う人物がやってくる。神を派遣するのは、下は3億くらいから上は5億4000万年くらいの社会だ。そこの霊界から、文明を育てる専門家がやってくる。彼らは志願して、その任につく。これは重要な仕事だ。この専門家のメンバーはおよそ決まっている。

 文明初期に生まれた者(西暦2500年以上で、そのあと数千年くらい)だ。異星文化に興味を持ち、自分も将来、そんな文明を作りたいと願った。彼らは異星の文化研究者である。そういう者が、死後、霊界で3億年くらい過ごし、精神が10次元にあがり、優秀な才能を身につける。そして、ようやく、人類が誕生する星に派遣される。

 彼が全体の見取り図をかく。人類の計画のために、周辺の星々から多種多様な人々を集め、指導霊の仕事を頼む。人類の重要な発見や思想は、彼の仲間達が作る。彼の子達がたくさん生まれ、死に、霊界にゆき、惑星の指導霊となる。

 文化の統一性から、ヤハエの惑星はずっとヤハエの統治である。王が7-10年ごとに変わることがあっても、外的にヤハエの星だということは変わらない。韓国のような大統領制で、首相がコロコロ変わるようなものだ。だから、地球で霊界の王が変わることに、あまり重要な意味はない。

 委任統治の話をしよう。

 実は、銀河系では、神はたいてい4惑星を同時に指導する。宇宙の中心付近では6惑星を担当する。神1人で、全4星の人や霊を指導できない。それで、惑星ごとに、彼の子達が統治の実務を担う。

 地球では、今最も大きな権限を持つのは、イランあたりで生まれたヤハエの子である。次がゼウスらしい。他にも幾人かいて、彼らが共同で、政治を行う。神は全体的な計画のチェックをするが、直接何かをするということはあまりないようである。難しい計画は神が作る。やさしいものは神の子たちがそれぞれ書くのだろう。

 何しろ、ヤハエが地球に滞在するのはおそらく1年の1/4以下である。神がいない間は、いる間も、主な仕事は何人かいるヤハエの子達が分担するものと思われる。それでも、十分、霊界の人数はたくさんいて、また周辺の惑星から指導霊が随時、訪れるから、人類でも仕事か務まるものだと思われる。

 神の直接統治だが、ヤハエの子達に統治を任せているということで、委任統治と表現してみた。あまり適切な呼び方ではないのだが、そこはまぁいいと思う。

 では、王が交代するとはどういうことか? それはまたの話だ。
posted by たすく at 21:50| Comment(0) | 高い精神の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください