2017年03月10日

瞑想は、効率が悪い

瞑想は、効率が悪い

賢くなろうとして、智恵を求めて、瞑想する。そんな目的で瞑想するのはおかしい。

学生はしないと思うが、テレビを見ながら勉強すると、学習効率が落ちる。2-4割は頭に入らなくなる。テレビを用いた学習は、通常の5割ほどしか身につかない。

では、ラジオは? 私はラジオで勉強したことはないが、3-4割くらいではないだろうか。ラジオで英語はとてもじゃないが、勉強できない。まったく身につかないからだ。

では、瞑想では? 
 静かに勉強できる? それはそうだが、目をつぶって、ノートもなく、教科書もない。それで何を勉強するのだろうか? 教材を何も与えず、社会から隔絶した場所、例えば、監獄にぶちこむ。すると、その人は、ムショでひたすら犯行を反省するだろう。やがて、彼は何か悟るだろう。

 とはいえ、わずかな知識しか身につかない。

何かテーマをもって、それを考えたい人が、時々、部屋にこもって、1人、あれこれ考えを巡らせる。こういう学習テーマが決まっている瞑想は、どの程度の効率か?

ふつうに勉強するのを100とする。彼は目をつぶって思索するから、ノートと鉛筆も持たない。だから、何か新しいこと思いついては、それを記録しないから、忘れる。それを繰り返し、同じようなことを何度も考える。あまり考えが進まない。

2次方程式を暗算で解くのは、至難である。慣れた人でも、三次方程式は暗算で解けないだろう。囲碁を、碁盤と石なしで、打つようなものだ。将棋を盤と駒なしで対局する。これは、とても効率が悪い。3-4割だろう。

瞑想中に、メモするのはいい案である。が、メモがあっても、効率はふつうの学習並みにならない。教材がなく、すべて自分で考えるから、1人で参考書と教科書なしに、数学を学ぶようなものだ。その効果は、本人の興味を満たす程度である。効率はすこぶる悪い。15-30くらいだろう。

さて、私は透視しながら、いろいろ考える。瞑想すると、頭に物事がクリアに浮かんできて、それをもとに様々なことを考えられる、と過大視する人はいる。が、透視して、何かを見ながら考えても、考えは進展しない。私は学校などで習うお金がないから、自由連想するしかないのだ。

 PCの画面にくっきり見えるなら、そっちのほうがよい。もっと楽に、思考が進む。本があるとなおさらよい。瞑想は、単に、よい本がないからやっている。それがあれば、瞑想じみたことはしないのだ。

高僧が想像力豊かで、様々に思い描くことができて、深い思索ができる。そう考える人は、期待しすぎだ。学校で習うほうが3倍はよい。

瞑想は、通常の学習の2-3割未満の効率である。時間をムダにしたくない人は、専門学校や教室で習うことを勧める。
posted by たすく at 21:58| Comment(0) | 精神次元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください