2017年05月18日

自分を好きな人たちとは、いつ交際がある?

自分を好きな人たちとは、いつ交際がある?

異性の話。私を好きな人たちは、見た目でわかる。私を見てはうれしがり、照れた顔をする。彼女たちはいつ見ても、私を好きそうにしている。

こんな方たちは人生の中で、たくさん見てきた。が、私は気が強くて、センスがいいのがよくて、無視してきた。気弱だと長くつきあえないと思って。

現実に、つきあいがなかったのは、単にちょうど私に縁があるのがいなかっただけ。それだけのこと。人生上に用意されてない。私の運命はそうなのだ。

でも、あまり選り好みできる年でもなくなって、心開いてみようと思った。案外、話があって、気が合って、楽しいかも。

こういう人たちとは、いつかそんな機会がくるものだ。そう信じておこう。生きている間でなくても、あの世でそうなるかもしれない。

これは、自分のランクというのがあって、それと同じような者同士が、友人になる、という思い込み。それより上も下も、手を出さない。そんな億劫でいると、いつまでも交際範囲が広がらないケースである。

自分の中の異性に対する基準を緩め、美人やスタイルのがよいのや、性格がよい、気立てがよいのだけを選ばずに、人間として信頼しあえるなら、多少は信頼できないところがあっても、楽しく過ごせるなら、友達といえるようにしよう。すると、友達は増えるだろう。

何も自分にとって宝石やダイヤモンドばかり集めなくてよい。
posted by たすく at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください