2017年07月14日

守護霊の生まれた時代と精神的特徴、あなたの人生は神と守護霊、どちらが決めた?

 あなたは守護霊の影響をどの程度受けているか?

 キリスト教徒は思い込む。人は神が作った。神が計画して、すべての人を育てた。自分の人格は、神の賜物だ。自分の性格、精神、人生の原因のすべては、神にある。

 一方、守護霊がいると思う人は、輪廻転生者はすべては守護霊・指導霊。もしくは前世のカルマで現世が決まる、と考える。

 どちらが正しいのか?

 実際はどうか? 残念ながら、預言者や重要人物、神の子でないかぎり、神の影響は、そんなに多くない。

 私が聞いた話だと、個人の人生のうち、神の計画で3割、守護霊(カルマに等しい)は4割弱、残り3割は、それ以外の霊達(地球には無数の計画があるのだ)の願い(計画)である。

 正解は、神と守護霊がほぼ半々で人生を決めているというものだ。

 神の計画は、地球における人間の仕事だ。そこから個人の能力・技能が定まり、その教育が決まる。住む場所も、仕事場に近いところで、定まる。

 仕事とは、預言者の場合は預言することと、宗教組織を導くこと。教会をつくり、弟子を育て、法を残す。弟子は、預言者に学び、伝導する。
 一般人の場合は発明、発見をして、製造して、それを普及(販売)させる。男女は必要な子供を生むことがあげられる。兵士になる。思想家になる。学者になり、研究する。芸術家になる。IT技術者になる。政治家になる。その他すべての職業は、計画により定まり、人員が割り当てられる。悪人、抵抗者などもそれぞれに決められる。
 これらは神により決められる。それを守護霊達、地球の霊が才能ある霊達を指導係にして、総動員して、こなす。

 性格は悪い。が、仕事はできる人がいるだろう。しごとは神という上位から与えられるから、しっかりサポートされる。が、本人の精神は、宗教家か、思想家でない限り、さほど要件が厳しくないため、神のサポートが少ない。これは、守護霊が弱いが、高い才能が必要とする仕事をする人のケースである。

 今日は、守護霊の生まれた時代と精神的特徴について説明する。

 私のように古い時代の守護霊をもつとどうなるか? 私の守護は紀元前12-13世紀、もっと古いのもいる。こういう古代人を守護にもつと精神はどうなる?

 一般的に、古代人ほどおおらかだ。細かいことを気にしない。また快楽好きである。気持ちがよいものを好む。快適な姿勢をうまく保てる。が、生活が怠惰だ。すぐに怠ける。和気あいあいとにぎやかなのが大好きだ。部族ごとに大勢で暮らしていた。

 このタイプは、賢い。霊は年に比例して賢くなる。よほど未開の部族生まれでなければ、それなりに賢く振る舞い、外面はよい。が、家ではだらだらしている。彼の人生もきっちりしていない。何もないとしだいに、落ちてゆく。古代の人は、病気などしだいに悪くなると決まっていた。最初はよくても、だんだんと生活が落ちてゆく。で、テコ入れするとよくなり、しだいに悪化する。それを繰り返す。このままでは先が危ないと気づいても、なおざりにする傾向が強い。無策人生というやつだ。これを脱しないと、人生は向上しない。この人生パターンは古代人を守護にもつ人に限られる。

 紀元前0年くらいの守護霊ではどうなるか?
 この頃にヨーロッパや西アジアで生まれたのが守護霊の人は多い。イエスを例にすると、彼は建築を仕事とした。彼は勉強も好きだった。酒会も好きだった。宗教信徒になることも得意だった。夫婦も体験した。神の導きも受けた。こういうことはできる。この頃になると、多くの社会の規律があり、その中で生きる才能が高くなってゆく。これは古代人にはみられない傾向だ。

 守護霊が生きた時代が現代に近づくほど、社会的制約をこなす才能が高い。現代病をより多くもつ。

 平安時代に生きた守護霊になると、
 私の身近にあまりこの手の人はいないのだが、のんびりしているようにみえて、社会規則への適応が高くなる。この年代の守護では、制約の中での仕事は難なくできる。

 戦国時代になると、
 あまり多くはみかけない。人生で失敗した人、社会的に迫害を受けると、表情は暗くなり、苦悩を多くもつ。そな現代病のようなものを、精神にもつ。新しい時代の霊ほどそういう傾向が強くなる。不安を強くもつようになる。ただ幸福な人生を終えたものは、おおらかで明るくなる。問題を必ず解決しようとする意欲がある。人生が無策で、そのまま悪化することは避けられる。

 現代人の守護霊をもつとどうなるか?
 現代の精神をより多くもつ。日本人なら、かなりいびつな精神となるだろう。それを払拭するのに時間がかかる。明るく、健康に生きる人の割合は最も小さくなる。現代は、歪んだ精神(霊達)の生産場なのである。特に精神の荒廃がひどいのが、全共闘や共産活動家、共産国の住民である。

 今後、数百年の社会に生まれると、それら悩みを抱える人生だったり、迫害を受ける者は極端に減る。道徳教育も確立して、精神は鍛えられる。社会も制度が整い、反社会的な悪人もいなくなる。病気も治療できる。それらで、健康かつ精神的に優良な人間が育成される。そういう守護をもつと、また幸せになれるだろう。

 人間はこれら性格をもつ。その特徴から、どの時代の守護霊をもっているかは、判別できる。

posted by たすく at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください