2017年08月05日

幸福論 真の幸福の条件--



 私の幸福論だ。これは私の調査にもとづく見解だ。私は幸福の条件を調べた。すると、実に平凡な原因がみつかった。

 幸福の条件とは1, 恋人、夫か妻との性が充実していること 2, 家庭があること 3, デートもしくは愛の時間があること 4, 仕事が楽しく充実 5, 子供がいること 6, 社会の表の人生 アングラでないこと 7, 病気、怪我などで苦しい期間が短いことだ。

 幸福は、原始人でも、共産国という最悪な社会にいても、それなりになれるのだ。難しいことではない。幸福を感じるより効果的なものから順に説明しよう。

1, 恋人、夫か妻との性が充実していること
 単純にセックスを定期的にしていると幸せだ。男女の密な体験は、幸福感をもたらす。適度な頻度がある。それ以上にやっても、気持ちよくなっても、幸福度は高まらない。
 セックスしない者達は、簡単に幸福にならない。性体験で充実していたら、まずまず幸福てみてよいだろう。

2, 家庭があること 
 恋人がいて、もっと幸せになるには、同居する。結婚生活は幸せという共通認識は、正しい。たまに会うよりは、長く一緒にいられる。女性は男と結婚して、幸せになれると信じる。実際そうなのだ。イージーなようで真実である。愛の巣をもつ人が幸せだ。

3, 恋人、妻がいて、デートもしくは愛の時間があること 
 恋人とのつきあっている時が楽しく、幸せ。それでよい。幸福感というのは、異性とつきあっている時に最も高まる。女性はすぐにそれを求める。女性はかんたんに幸せになれる生き物だ。夫婦、恋人との時間が長いほど幸せだ。

4, 仕事が楽しく充実 
 やっと男女関係から離れる。男は、仕事で成功したり、充実してないと幸せになれないと強く思っている。実際、会社で過ごす時間が長く、そこで幸せかどうかは、大事だ。会社でみじめで、苦痛に満ちた時間が長いと、それだけで不幸だ。仕事で充実。

5, 子供がいること 
 また家庭の話で、子供がいると何かと幸せだ。家族旅行も楽しい。子供の世話が何より幸福感をもたらす。家族団欒もその一つ。これもまた女性が得意とすることだ。女性は、幸福となる方法を知っているようだ。子なしは不幸で、子供の数だけ幸せになれる。

6, 社会の表の人生 アングラでないこと 
 このように家庭や男女関係がうまくいっていると、幸福だ。が、犯罪者の1人だったり、アングラな世界に暮らしていたら、それだけで不幸だ。共産国に暮らすのは不幸なのだ。反社会運動も、幸せになれない行為だ。犯罪組織の一員で、泥棒や傷害行為を人にすることを強いられる生活は、警察や国に追われ、休まることがない。

7, 病気、怪我などで苦しい期間が短いこと
 健康こそが幸福の源だ。病気、怪我で長く入院して、苦痛から抜け出せない。それは幸福ではない。

 幸福になりたかったら、恋人を得て、セックスして、一緒に暮らし、結婚して、子供をたくさん生む。仕事でもうまくやる。そして、明るく正しい社会に住み、表の人生を歩む。そして、健康であること。何も難しいことではない。

 月並みの幸福は得られるだろう。ほとんど女の世界だ。が、女がすることを小馬鹿にしてはいけない。なにしろ、これこそが唯一の幸福の方程式なのだから。

 男が『女なんていらねぇ。』と格好つけることは不幸の始まりなのだ。幸せになりたかったら、そんな孤独な男を演じるのは、今すぐやめなくてはいけない。幸福論に男女差はない。

 さて、当然、これは世俗的な幸福だ。この幸福をすべてなしとげるのは、そんなに難しいことではない。2-4割くらいの人はできる。多少の賢さ、要領のよさがあるとよい。そして、人生に満足して、幸せに満ちた生活になれる。

 これで満足なら、そうするとよい。ただしよりよい幸福はある。例えば、夫との愛が弱いと、愛情が小さくなり、幸せも薄くなる。これを解決するには、相性が最もよい人と結婚するしかない。そういうのは、また別の機会に論じよう。
posted by たすく at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください