2017年08月08日

永遠を生きる時の幸福論

永遠を生きる時の幸福論

前回のは、特定の視点にこだわった。今回は、もっと全体的な観点から述べる。永遠を生きる時、霊となった時に、どうすると幸福を高められるか?

まずは、人間が幸福になる条件を満たすことは当然だ。異性とのセックス、家庭があること(夫婦、霊界では子供は大人の年齢なので同居しない。)、夫か妻が共にいること(あの世では恋人は二の次)、社会的に充実した仕事をしていることだ。

こういうわかりきったことでも、人の世とあの世とは、若干の違いがある。それはまた今度説明する。 あの世では、苦痛や病はすぐに治療する。圧政などもない。そういう幸福が当たり前にある。その上で、何を求めるか? するとこういう要素が大切となる。

さて、あの世で幸福になるには、1,高い才能、2, 豊かな人間関係 3, 愛すべき伴侶 4, 子供達(分身) 5, 仕事を共同して行うグループ 6, 良き指導者がいることが必要だ。

1,才能が高いこと
なんでも名人であること。芸術、学問(技術、理論)、政治、運動で能力が高いこと。絵が下手では、絵を書く喜びがない。政治の才能がないと、統治する喜びがない。絵画をかく欲求、音楽をする欲求は人にある。それらをたくさん満たせる人ほど幸福だ。

2, 人間関係が豊かなこと
あの世でも、友人(近く、遠く)、親族(魂の)などがいる。同系も。それらが濃密で愛が強い関係ほど幸せだ。誰も友達がいない人はあの世ではないが、少ないとこの社会的な喜びが小さい。なお、人間の親族関係にあの世で再会して、そこに過大な安らぎを期待する人が多い。が、それは、最も親しい間柄ではない。

3, 愛すべき伴侶 
生きている時に、結婚した相手でない人のほうが多い。そんなすれ違い、わかりあえない夫婦ではなく、真に愛せる相手だ。赤い糸がつながった相手だ。あの世で初めて会うのも多い。生きてそういう人にめぐりあい結婚する人も中にはいる。それがあの世でも続く。
なお遺伝子上、男性のほうが多く生まれる。すると、あの世では、幾人かの男性には、真に愛せる相手がいないことになる。この問題をあの世でどう解決しているかは、はっきりと知らない。推測では、あの世では女性を多めに生み、育てている。それで男女の数を揃えているのではないか。

4, 子供達(分身) 
これはお腹から生まれる子供ではない。遺伝上の子供ではない。夫婦の間に生まれる子は、他の霊の分身である。自分が守護霊となって、人生を計画して、育てあげる人物のことだ。自分と性格がそっくりで、自分のグループの一員として、働く。この数が多いほど、あの世で仕事が楽になる。この一族は、人を指導する時に、同族がよく代替する。

5, 仕事を共同して行うグループ
ある時代に人間の子供を一緒に育てるグループをさす。大きなソウルグループと分類されるものだ。霊界では、みな友達となる。親族を担当する係、友人を担当する係、会社や職場に一緒にいる係、教師などの係、ソウルグループの係などいる。一生の間に、自分が巡り合い、関係をもつ人の何倍かはいる。およそ800-3000人以上はいる。いつも同じ面々が人間を一緒に育てることになる。ここの社会はお互いが親しい。ここで楽しく、活動できることが大切だ。

6, 指導者
天国でも、自分を教える教師はいる。よき指導者が山ほどいる。教えを受ける時は、幸福である。学校などで、個人指導を受ける時は、うれしいものだ。この指導者がいる人ほど、幸せだ。良き指導者がいないと、本人は成長できなくて、取り残される。悔しくつらい。

このように、自分の才能があり、社会関係が豊かで、同じ仕事仲間がいて、友人たちや魂の同類がいて、愛する者がいて、自分の子どもたち(分身)がいて、良き指導者に教え導かれる。そういう中で、幸福を保つ。このすべての面で、とりわけ優れると、幸福が最大化する。

 あの世は進んだ社会で、個人が幸福なのは当然だ。が、さらに幸福になるために、人はみな努力する。やはり周囲より劣るのは、つらいのだ。そうならないようにしたい。
posted by たすく at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください