2019年07月14日

瞑想の科学 段階5 理性 空を体験する

 段階4では運動を意識して、体の動かすことを学んだ。すべては運動するという思想の段階だ。段階5では。その一連の運動を一つの認識でとらえることができる。運動の法則などを意識する。
 
 さて、段階4(運動)や段階5(理性)は、瞑想で心の奥深く進むと、ゆきつくところだ。ここではカリュキュラムで、『見えない機械』を使って、脳を操作してそれを体験できる。が、一般の瞑想家はどうやって、そこに到達したらよいだろうか?
 
 私の段階は、仏教の五蘊では、こう対比できる。
 
段階1 内的感覚(生理的欲求) - 色蘊と受蘊の生理的欲求 4-6歳
段階2 感覚(五感) - 受蘊の生理的欲求よりあと 7-9歳
段階3 悟性(知性) - 想蘊 10-12歳
段階4 運動 - 行蘊 13-15歳
段階5 理性(論理思考) - 識蘊 16-18歳
 
瞑想で五蘊を会得した者は、それぞれの段階に瞑想でゆくとよい。我流で瞑想をして、五蘊などわからない者は、発達心理で同じものを体験する年齢(もっとも少ない年)を思い浮かべる。その年齢の記憶の光景から上に瞑想であがると、そこにゆきつく。もしくはその年齢の精神に、瞑想で完全になりきる、とその段階にゆけるだろう。もしくは、瞑想でその年令の記憶がある段階に、意識をおくとよい。すると、その段階を体験できる。いろいろある。その年令の気分が最も感じられるものを探そう。
 
 では、段階5の理性を説明する。この段階に入るとまず『空』を体験できる。感覚、知性、運動から離れた自己を見いだせる。その状態に慣れてから、瞑想をいったん離れて、目を開けること。止まっているものに関心が向かないことがすぐにわかるはずだ。感覚にも、とらわれない。自分の欲求にもひきずられない。まさに空の境地だ。
 
 動くものは、よくみえるだろう。どのように動いているか、よく観察しよう。この段階では、運動を瞬時に見極められる。そこに気づくことが大切だ。運動の法則を理解できる段階である。合理的なものしか、受け入れられなくなる。ここをマスターすると、普遍的な法則を理解して、科学的な思考が真実だと実感できる。
 
段階5 理性 法則の獲得
 
前半 
1, 空、運動の簡単な法則
2, 生態の法則か
3, 人体の臓器の法則か
4, 社会 国家の法則
5, 自然の法則
 
後半
1, 運動の理解
2, 複雑な機構を作る
3, 生物をいじくる
4, 社会、国家を考える(人権や制度)
5, 自然への関心
 
上のものは、はっきりしたものではない。が、およそこうだ。あらゆるものを合理的、理論的にとらえようとする。不合理なものを嫌う。
 
後半、我々の世界をできるだけ合理的にしようとする。特に、言論をそうしたがる。社会にあふれる考えた(思想)、習慣、制度。それらが不合理であることに違和感を強くもつ。それらを合理的なものにしようとする意欲が強くなる。そして、正しい知恵を身に着けようと思う。
 
 この段階の世界観は、西洋哲学のデカルトやカント、ヘーゲルの生きた時代の人々のそれと同じだ。理性的に、理論的に、科学的に物事をとらえようとする。また知恵を得て、自らを最高の人格にすることを目指す。自らを神に近づけようとする。
 
カリュキュラム
 『菩薩の世界を体感させてください。お兄さん。****(段階名か境地)を感じさせてください。』と願うこと。見えない機械で、脳が操作され、その段階にゆき、体験できる。なお、その段階に到達してない人は、簡易に体験できる。
 
 『空』についてはまた述べる。簡単に、それはブッダなどがとおりすぎた初期の瞑想の段階である。その段階を体験しなかったものが、ブッダの言葉や他の瞑想者の言葉などから様々な見解を発表した。それら観念的なものは、その段階を二次的に言ったものでしかない。象について、盲者が様々に触った感触など言える。が、象そのものを見て、述べたものにかなわない。
 
空は大乗では一部、混乱しているが、実はもっとシンプルである。

 以上、段階5(理性)の説明である。
posted by たすく at 12:06| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください