2019年07月19日

瞑想の科学 段階7 空間

瞑想の科学 段階7 空間
 
 前回は段階6を説明した。瞑想の段階6は社会についての考え方や運営の仕方を学ぶ。チベット仏教では「如来部」と名づけられ、如来の精神をさす。識無辺処の境地になれた。今回、その一つ上の段階を解説する。
 
瞑想の段階
数-テーマ-内容-発達心理の年齢-精神の次元
1, 体内の感覚 (空腹 喉の乾き 呼吸の苦しさ )  3-4歳の精神 5次元
2, 体外の感覚 五感(目、耳、鼻、舌、触?)  6-7歳の精神 5次元
3, 認知(悟性) (食べ物、飲み物、酸素…)  9-10歳の精神 5次元
4, 運動(力) (力を学ぶ、運動規則、)  12-13歳の精神 6次元
5, 理性(論理) (空の精神、理性的自己) 15-16歳の精神 7次元
6, 社会 (通信やコミュニケーション能力、社会的地位など) 18-19歳の精神 8次元
7, 空間 (建築、人間工学、生態系、環境、環境の人間への影響) 21-22歳の精神 9次元
8, 2次元 (面、絵、写真) 24-25歳の精神 10次元
9, 1次元 (文章、音楽、声) 27-28歳の精神 10次元
10, 0次元 (直感や瞬間的なもの) 30-31歳の精神 10次元

 段階7のテーマは空間だ
 どのようにテーマが社会から空間に変わるか。段階6(社会)の末期に、識無辺処という境地になり、すべての視界に無数の理性者を感じる。先にゆくと、自分の周囲だけでなく、遠くの景色、大地、さらに広がり、宇宙全体に無数の理性者を感じる。これが社会期の最終ステップだ。そして、理性存在がすべての空間を覆う。
 
 理性期の末と似る。が、今回は理性的な存在が宇宙全体に無数にいて、それらはネットワークで無限につながっているという景色となる。理性期の末では、無限にあると感じるのは法則だ。この状態になると、次に進む。
 
 瞑想では前は暗いが、後ろか横を見ると、視点が明るくなる。この時に、段階7にあがる。その宇宙全体に広がるネットワーク網が、一つの物の中におさまる(内包される)。一つの物から、放射状に影響力が出るよう見える。ネットワークの無数の線は、太陽から放たれる光のようにみえる。
 
 テーマが変わる。個体の空間における影響となる。個体は物で、なんでもよい。この空間を感じるとは、まずは物から放たれる影響力を感じる。それは段階2の感覚と似る。違いは、物の空間への作用をよく感じるのが、段階7。段階2では、感じるのは熱さや冷たさなど具体的なものだ。似ているがやや違う。この時より、関心は社会から空間にうつる。
 
テーマは空間
 20-21世紀初頭、人類のテーマは社会思想の段階(後半)だった。それが20世紀末になると環境主義とか、空間をテーマにしだした。それと同じ順番だ。都市空間、都市環境、生物空間、生体空間など、社会空間などのテーマがある。段階の前半は理論や認知、後半は実践や作ることだ。
 
段階7 空間
前半 理論 認知
1, 住空間 住む環境
2, 食、飲み物、生物の空間
3, 運動、動作、作業、可動域、行動エリアの空間
4, 通信、声などの社会空間
5, 生体、細胞、臓器、生物の体型の形などの空間
 
後半 実践
1, 家、住、道路、町、都市などの住む空間
2, 単細胞、小動物、魚、両生類などの生態の空間
3, 運動、動作、作業、社会、文明、人類が到達する範囲の空間
4, 通信の範囲、電波、電線、声と音、手旗信号など、社会空間
5, DNA、細胞、臓器、人体、生体の空間。
 
前半は、理論を獲得する。後半は、それを現実世界に実現することを通して、技術を獲得する。
 
無色界
空無辺処 - 虚空の無限性を観ずる境地
識無辺処 - 心の作用の無限性を観じる境地
無処辺処 - 一切のものがないと観じる境地
非想非非想処 - 想が有るでもなく、ないでもない境地
 
無処辺処という境地はどこに?
 段階6末の境地は識無辺処だった。次の境地は無処辺処か? この境地に到達するのは、段階の初期か末期なはずだ。段階7の初期には、個体(物)から放射状の影響力を感じる。何も感じないわけではない。空間が何もないわけではないから無処辺処とは違う。
 
 私はこの段階末の境地に達してなかったので、はじめて今感じてみたが、なかなかにすごい。目前にPCがあり、中の部品が細かにみえる。それが適切に配置されているように感じられる。次に、部屋の中に家財道具が配置されているのが、瞬時に把握できる。だんだんと、範囲が広がり、町の家の配置がわかり、社会の家や道路などの構造がみえてくる。このままどんどんと広がり、宇宙にまで進む。
 
 空間の認識力、物の配置は特にあがる。そして、究極までつきすすむと、空間が、物の中に入り収まる。このあとは物の中に空間があるという感じだ。それを1方向からみる。つまり、テレビを見るようなイメージだ。テレビは2次元の平面だ。次の段階では、その2次元平面の視点を養う。絵画や写真的な視点をやしなうのだ。
 
 というわけで、末期にも空間が消えることは一度もなかった。無処辺処の境地はこの段階にないようだ。もっと上の段階の世界観のようだ。
 
発達心理との対応 22-24才の心理
 社会は19才、大学生のテーマだった。それまで受験勉強で智慧を身に着けたが、それを社会に生かす方法を学ぶのが大学生だった。空間に関心が移るのは、22才だ。1段階をこなすのに3年かかる。22才になると、学生はそれまで社会運動に傾倒していたが、飽きる。都市建築、建物に関心をもつようになる。
 学生時代に社会運動にあけくれた学生が、社会人となって建物や写真など芸術的なものに興味をもつ。これを大人になると自画自賛した人がいたが、それは単に発達心理の順だ。誰でもそうなる。
 
精神は9次元
 この段階の価値観をもつ人は極めて少ない。私が知る限りで、合計3人。理性が満ちており、あらゆる事物を合理的に解釈できる。そして、一つずつの理論が、普遍的である。長期にわたって強い影響力をもつ思想を書く人の段階だ。空間の影響力もとらえられる。
 
瞑想のカリュキュラム
 各小段階を体験したらよいだろう。特に、段階の末で、空間を無限に感じられる境地は面白いので、それを感じてみよう。「弟の力により、段階***を感じさせてください。お願いします。」と思うと、見えない機械がそうしてくれる。
 瞑想でここより上の人は、ここまで落として体験できる。瞑想でここまで到達してない人は、一時的に体験できる。お勧め体験は、「段階初期の停止地点(この段階の精神の人が止まる地点)」と「段階末の無限に空間を感じるところ」だ。
 
まとめ
 この段階は、体験しておくと、空間認識力が高まる。それで、設計をする人は、詳しくマスターするとよい。
posted by たすく at 11:11| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください