2019年09月24日

Part9 霊は永遠に生きることから何がいえるか?

 今回、霊が永遠に生きることから、何がいえるかを考えます。

Part1-8は「霊はなぜ物質を通り抜けないか まとめ」で読めます。
 
人の寿命は80年です。が、霊になると永遠に生きられると思われてます。そこから何がいえるでしょうか? 霊は老化しないはずです。が、全く老化しないとは考えられません。霊体は肉体と同じです。細胞は少しずつ壊れます。その細胞が治らないといずれ、壊れ、霊は死にます。

霊が永遠に生きるためには?
霊は老化の速度が遅くなる可能性があります。が、それは寿命が伸びるだけです。老化とは細胞が死んでゆくことで生じます。少しずつでも老化は進むと、いつか死にます。永遠に生きるためには老化を止めることが不可欠です。

永遠に生きるためには、老化しない細胞に変える
細胞は分裂しなくなると、新陳代謝が低下して、生物は老化します。老化しないために、細胞は分裂を止めてはいけません。遺伝子のテロメアの長さで細胞分裂の数が決まります。遺伝子を変化させて、そういう制限はなくさなければいけません。

それは人間にはできないので、永遠に生きる霊が住む天国は科学技術力も高いから、そこで行われるでしょう。それまで霊の細胞は人と変わらず、老化しつづけ、やがて死にます。天国に行かないと永遠の命は手に入りません。

老化した肉体は整形され、若返る
 老けた体で永遠に生きるのはつらいです。若返りしなくては、生きる喜びがありません。人類は若返りの技術を手にしてないから、死後、地上にさまよう間に若返りません。霊は天国にゆきます。そこで、霊は全身整形手術で若返るでしょう。霊は遺伝子を改変します。霊はそれで永遠の生きる体を手に入れます。

天国で、愛し合う二人は霊の赤児を生みます
 霊は、人体とほとんど同じなので、赤児を産めるでしょう。だが、赤児は、大人霊のように姿かたちが変わらないならば、永遠に胎児か赤児のままです。赤児は、大人の霊が受ける特別な処置をしないでしょう。霊の赤ん坊も人と同じように、短期間で大人になれるでしょう。

 まとめ
霊が永遠に生きるためには、天国にゆき、霊体を改造してもらわなくてはいけません。霊が地上にいる間は、寿命が伸びるだけです。

霊は天国に行かないと、永遠に生きられません。天国に行けない霊が、永遠に生きるという考えは捨てましょう。彼らはしだいに老化して、体の機能があちこち停止して、やがて動かなくなります。地獄霊が何百年も、永遠に生きて、サタンになるというのは生物学的に間違いです。

以上
posted by たすく at 20:37| Comment(0) | 霊の物理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください