2019年07月20日

愛の矛盾とは

今朝、思いつきました。「愛の矛盾」という哲学的考察。好きになるのは、自分にとってよいものをもっている人です。美人とか優しいとか、金持ちとか助けてくれた優しく尊敬できる人だから、好みだとかです。愛は好きの最上級です。
 一方、愛は与えること。相手に欠けることを満たすことです。飢えた赤児に食い物。病人に薬を。悪いことを直すことです。愛は相手が悪い点をもっていることで生じます。
 愛はその人がよいことをもっているからそういう気持ちになります。そして、愛は相手が悪いことをもっていても生じます。これが愛の矛盾です。
 はい、問題。この「愛の矛盾」を解いてください。答えは、下記に。


****

皆様が考える時間です。

私の歌を聞きましょう。

ぱっぱらぱっぱ、パッパラッパパー。

答えがわかった方は下に。

****

愛の矛盾の答え
 「愛」は多くの意味がある前時代的な言葉です。愛の永遠に続く意味は、人を好きになることです。好きになるのは相手の好ましく、良い点です。他の意味は今は使われている、キリスト教独特の概念で、長く使われない宗教用語で、大事にする、守る、育てるというものです。それは悪い点や未発達な点を直すことです。この2つは、善悪という基準をからみると、一部、矛盾します。

 2つの別の意味があるとき、それをある基準で眺めると矛盾、逆さの面を見いだすことができる場合があります。愛で、それをしました。現在使われている用法では、愛は精神論や学術的な用語としては、あまりよい言葉ではありません。愛は好きの面は残し、その他は使わないようにすべきです。

これは哲学でもなんでもありません。愛という言葉が、あいまいなものだということの例証です。
posted by たすく at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

瞑想で精神は成長するか? 精神の段階はあがるか?

こんにちは

瞑想で精神は成長するか? 精神の段階はあがるか?
 瞑想をいくらしても、すでに青年期に固定した本人の精神次元をあげることはできない。成功例を私は見たことがない。だから、瞑想では本人の信念、信条は基本的に変わらない。これを踏まえた上で、瞑想でできることを明らかにしよう。
 
 瞑想で脳の深い奥に進むことができる。理論上は、最終の段階までゆける。短時間でそれを行うノウハウは、100年以内に開発されるだろう。古来から瞑想しているが、龍樹だったか、中国の高僧は長年の苦労の末に、曼荼羅をある日に見て、とても喜んだそうだ。昔は、段階を上げるにかなり時間がかかった。
 
 瞑想とは、意識の経路、一本のラインを深く進む。その時、年齢ごとの発達課題をすばやく、急いで、簡単に感じることができる。
 
瞑想の段階は、発達心理と対応する。瞑想で感じられるのは、1~150-180歳の発達課題だ。
 
3-5歳は内的な感覚、6-8歳は外の感覚、9-11歳は認知(物体を感覚から識別すること)、12-14歳は運動、15-17歳は理性(論理)、18-20歳は社会(通信)、21-23歳は空間、24-26歳は平面(絵画)、27-29歳は線(文学、音楽)、30-32歳は点(直感など) 33-35歳は? 36-38歳は鉱物 39-41歳は植物、42-44歳は動物、45-48歳は目、49-51歳は耳だ。
 
 第三の目を開くためには発達心理では45歳の段階に到達することが必要だ。
 
なおその段階は脳のどこかの部位である。その部位から神経が身体のそれぞれの機能につながる。0-44歳は脳の認知である。45歳から何年かのテーマは感覚器官となる。
 
すべての段階を終えると、部位の特定の場所に、意識を集中することができるようになる。脳の開発が自在にできるようなになれる。
 
有用な瞑想その1
精神の次元を、初期から末期に引き上げる
 精神は次元(段階)の初期で止まっている。意識をうまくコントロールすることで、その次元の後半まで進めるられる。およそそれには3年弱かかる。最初に止まっている状態から、動かす。あとは何もしなくても、2-3年かけてその段階の最上位まであがり、止まる。6次元の人ならば、何もしないと6次元の初期にいる。それを瞑想によって、再び成長するようにできる。すると、6次元の末期にまで自動的にあがる。それをするとやや賢くなる。複雑なことを考えれるようになる。精神の素朴さから脱却できる。
 
 詳しく書こう。人間の精神次元は、本人がゆくべき段階に入ると、その数ヶ月後に向上をやめる。どの人もそれは共通だ。精神が止まりやすい場所がある。7次元の人は、15歳と数週間から数ヶ月で精神の成長が止まる。その年令の価値観をもつ。それは一生変わらない。
 
 が、瞑想をうまくやると、18歳で8次元に到達することがないが、その手前、7次元の最も高いところまで精神は成長できる。
 
 実際に、ブッダはそれを行い、9次元の初期だった自分自身の精神を9次元の後半まであげている。イエスとモーゼはそれをしていない。どうしてわかるか。イエスとモーゼは素朴な9次元の精神をもつ。が、ブッダだけは何か複雑な精神を宿す。それは、どの段階でも末期まで進んだ人の特徴である。それは、瞑想して、自らの次元をその段階の末まで進めた人だけだ。
 
 理想的には、精神成長が止まった直後、若いうちに再始動させるのがよい。そして、元来の成長の日程に合わせるのだ。瞑想を使うと、同じ段階なら、本人の年齢の心理よりも、先に進められる。が、そうすると、本人の発達心理と、強引に瞑想で引き上げた精神の課題が一致しない。それでは自らの発達課題を自覚しにくい。ずれる事なく、合わせるのがよい。
 
 私のシステムでは、そこまでは行う。しかし、適齢期を過ぎた者は、それはしない。本人の発達心理とは合わない。で、その再成長はできるだけゆっくり、自然に成長するのと同じ時間をかける。無理やり早く引き上げない。できるだけ成長のプロセスを自覚させるためである。
 
瞑想で身につけられる特殊技能
 
また脳内の様々な機能を使うこともできるようになる。それによって、精神が上がるということではない。霊格も上がらない。運動神経がよい、サッカーがうまい、とかそういう技能なのだ。
 
 脳のどの部位でも、自在に感じ、使える才能は身につけたほうがよい。これは技能である。精神の高さとはあまり関係がない。
 
この中で、成長のために有用なものをいくつか明らかにする。それぞれは、どの脳部位、神経を活性化させるかは、厳密にある。ノウハウがどこかにあるので、そのトレーニングをする。
 
まずは、記憶をよくするもの。空海は一度見たものはすべて覚えると言われた。そういう能力は瞑想を使うと、身につけられる。この方法は現在は確立シてない。が、やがて誰もが習得できるようになるだろう。
 
 第三の目を開くと、交信ができる。携帯電話などなくても、よく聞こえ、くっきり見えるようになるかもしれない。私は、これを身に着けようと思っている。携帯電話を持ち歩くのは面倒なので。
 
解離を自在にできるようになると、苦痛を感じなくできる。もしくは、乖離性障害に陥った時に、自力で戻すことができる。
 
あとは脂肪を燃焼できるようになる。これは寒い時にやると、すぐに体がぽかぽかする。他にも、太りかけた時にすると、やせる。ダイエットも簡単にできるようになる。
 
他には、幽体離脱も自在にできるようになる。これは透視に欠かせない。また夢に入ることも自在にできるようになる。これも身に着けたい能力だ。一人で個室にいても、退屈しない。
 
過去や未来を透視する。それもうまくやるとできるようだ。
 
瞑想で脳の神経を活性化させると、様々な技能をマスターできる。いろいろ便利なのだ。高い精神に必須ではない。が、役立つ。未来社会では、誰もが習得するようなものもある。それは例えば、目を使わなくても見えることだ。機械を使えばよい。
 
特殊な脳の段階をあげること
 あるエネルギーを脳内に注入すると、ある部分が瞑想のように、段階をあげる。瞑想ははっきりと自覚して行われることだ。これは、瞑想と同じように、段階があがが、自覚しにくいものだ。瞑想と違って、最初にそれをすると、あとは自動的に上がる。瞑想をマスターすると、脳内の神経を自在に使えるようになる。が、これは何もできないに等しい。あまり有用ではない。が、高い段階をうっすらと体験できる。
 
 私は若い頃、これに熱心だった。が、これをして、高い段階は体験出来た。が、今となっては、あまり有用なものと思えない。
 
さて、私は現在、瞑想はどの段階まであげたか?
 日々、少しずつあげている。現在は、「爪」の段階だ。爪が熱くなったり感じられる。皮膚の段階もあるし、毛の段階もある。瞑想では、体のすべての部位についての段階がある。その段階に入ると、認知がさほど上がらなくなる。あといくつかの段階があると終わるみたいだ。早くしよう。
 
まとめ
 瞑想しても、さほど精神の成長とは関係がない。しかし、簡単にできることで、それによってわずかでも才能があがるならしたほうがよい。精神の成長は、1%あがるかどうかの勝負なのだ。複利計算を知ってるか? 1%利息が違うだけで、何十年後には大きくかわる。どんな小さなことでも、本当に精神向上の役に立つなら、しておいて損はない。
 
 ただし瞑想に長時間つぎこむよりも、数学や工学などやっておいたほうが、有用なのは確かである。瞑想でやっておくべきなのは、その段階の初期から末期に引き上げること。それだけだ。これは現在の私の考えである
posted by たすく at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞑想の効果 -- 脳の特定部位の働きを感じ取れる。

こんにちは

 まず瞑想で何ができるか
 瞑想では、脳の部位を順にたどることができる。
 
 瞑想では様々なことを感じることができる。それは脳の部位の働きを意識することだ。感覚、感情、怒り、悲しみ、記憶、知識、理性など。瞑想書には、そういう感じるものがおもに書かれている。しかし、理性は感じられないので、「空」と考えられていたりもする。瞑想では、いったい何を感じているのか? それをおおまかに分類することができる。それは順に内的感覚、外の感覚、知識、記憶、理性、社会性、空間的なものとなる。
 
それは一本の線(経路)を進むかのようだ。最初は生理機能を司る部位、そして、感覚・認知を司る部位、それから各感覚器官の部位、それから内蔵や皮膚や骨、血管、爪、毛などを司る部位である。これらの脳の部位は連続してつながるようだ。それで、瞑想することで、それらを司る部位を、順に巡り、熟達するとその機能を自分の意志で使うことができる。
 
 瞑想で超能力を得るのは、夢を見る部位にアクセスして、夢を自在に見れるからだ。また意識を解離させることもできるようになると、目覚めながら痛みを感じなくもできる。幽体離脱できる部位もあるようで、それも熟練すると、できる。未来や過去を見る部位は記憶に関係する部位である。何か思い出す時には過去を見ているので。うまく使うと未来も見える。
 
 脳の部位を順に、具体的に意識するのは、年齢と共に行われる。若い者はしだいに性に目覚め、社会に関心を持ち、25歳をすぎると絵画や文学にも興味をもつ。それは脳のあるそれぞれの部位が本格的に動き出すためだ。
 
 瞑想では、それらの経路を大雑把に感じ取る。段階の色や見える景色をとらえ人は多い。曼荼羅とか、第三の目とか、青い星とか、様々に。が、なかなか、段階ごとの信条まで自覚できる人はいない。訓練した人は、段階(部位)ごとに、感じるものを意識できる。が、明確なものではない。瞑想は、その達人でも、その段階で何をテーマにしているか、どんな信条をもつべきか。そこまで解明している人は、まずいない。
 
 段階ごとに、特定の欲求が強まったり、特定の部位を意識する。耳が鋭敏になったり、爪が熱くなったりする。その部位における内容(感覚、信条)を、細かく自覚することはない。それはまるで大阪を3日観光して、京都にゆくようなものだ。大阪の人の気質や性格、大阪の文化の特徴など詳しく理解するわけではない。
 
 もっと大雑把に言うと、電車の中から、それぞれの駅と町を見て、通過するかのようだ。ざっと景色を見ることはできる。が、その駅の町に何があるか細かいことを知るわけではない。
 
 瞑想では、つまり、それぞれの段階を大雑把に把握するだけだ。それで、その段階の精神や特徴を身につけるわけではない。まずはそれを理解しよう。現在、仏教でも、初期の段階で、どんな心理体験をするか。それがおおやかに明らかになっただけだ。深い段階のことなど、まだ未解明だ。
 
 瞑想の利点は、瞑想で到達した段階まで、どの段階の心理もいつでも自在に体験できることだ。発達心理では年齢相応の体験しかできないのだが。
 
それは今後、脳科学が発展すると、明確になるだろうと思われる。
 
 脳の段階と発達心理について
 
 人間の段階は、40-70ほどある。発達心理では、1段階につき3年要する。それを3年間、テーマにする。15-17歳には、理性とは何かを考えはじめる。18-20歳には社会に興味を持つ。年齢では150-180歳ほど長生きすると、すべての段階を経験できる。が、現在はそれほど長寿ではない。残りは、あの世で続きをする。
 
 精神の段階について
 人は寿命が短いため、最終の段階まで精神はあがらない。年齢分の心理は体験できる。が、およそ、6-24歳で内的成長は止まる。実際は、最高でも7-8段階めくらいまでしか上がらない。内的成長は、その段階の課題をこなすと、次に上がれる。
 
 かっこよいものなど快楽主義的なものを求める人は大人によくいる。6-8歳の子供は誰でもそうだ。その段階で内的な精神が止まると、ずっと快楽志向になり、そのまま信条を変えることなく、一生を終える。精神がもっと先に進むと、知識とは何か? と子供は考え始める。小難しいことが好きになる。6歳で成長が止まらなかった子供だけでなく、多くの9歳の子供はそんなことに興味をもつ。が、知を追い求めることが自らのテーマとなるのは、そこまで精神が成長した子供だけだ。
 
 12歳になると、運動とは何か? と考え始める。規則とは何か? 賢い子供は先に進む。が、それらに答えが思いつかないと、成長が止まる。
 
その後も、テーマは日々変わるが、それをこなした者だけが、より新しいテーマを自分のものとして考える。
 
 およそ6,9,12歳でほとんどの子供は精神成長が止まる。すると、その時の考え方を自らの哲学・信条とする。これは、日本で12歳まで育った子供の考えが、日本的になる。その後、外国で何年住もうが、日本人らしい気質を失わないことと同じだ。基本的な考え(信条、志向)が子供の時に固まる。それ以後に、変わらない。すべての人はその価値観をベースに生きている。
 
今日はここまで。
posted by たすく at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする