2017年04月08日

みなが正しいことをする社会はつまらないか?

みなが正しいことをする社会はつまらないか?

この物言いをする人は、学校をイメージして、実に発想が貧困だ。学校の先生が定める校則。風紀委員や規律委員会が全員の行動を監視して、それをはみだすことを許さない。そんな全員が規則を"正しく"守る社会を想定する。

 確かに、この教師の自己満足で、規則を守ることが正しさの基準となった学校はつまらない。風紀委員は「ルールだから守れ。」の一点張り。校則に生徒を従わせる。風紀委員が厳格になるほどに、自由さが消える。はめをはずすこともできず、縛られ、行き詰まるようだ。そこは退屈でつまらない。

一般的に、規則を守ることが正しい、とする社会はつまらない。校則だけではなく、人権の細かな規則をただひたすら守らせようとする連中が作る社会も、窮屈だ。
 その最たるは社会主義の国家である。不合理な規則を守り、従うと、自由がなくなり、活力がなくなるからだ。彼らは、小さな社会での彼らの独善的な正しさを押し付ける。

しかし、「みなが正しいことをする」と考える時に、こんな学級会のようなモデルを使って、考えることは一般論として間違っている。

 正しいことは、この場合、「規則をただ守ること」に限定されているからだ。しかもだ。その規則には、正しくないもの(理不尽な規則、特殊な規則、不合理なもの)がある。その間違った規則を守る行為は、正しくはないのだ。つまり、規則を守るだけの社会では、全員が正しいことをしているとは限らない。間違いを犯しているのだ。規則が完全に正しいという前提ではないからだ。

「全員が正しいことをする社会」と言う時、規則をただ守る人々をイメージするのは、というわけで、間違いである。校則に縛られた社会は、全員が正しいことをするところではない。日本人はよくそんな物言いをするが、それは「正しい」の定義に反する。賢い人の考え方ではない。

真に全員が正しいことをする社会はもっと自由があり、正しく、喜びあふれているものだ。正しいことをするから、そこでは間違ったことはしない。そこはつまらないわけではない。

社会的な間違いとは、まず犯罪だ。そこでは犯罪者と犯罪がいなくなる。それだけでも社会不安がなくなる。殺人、窃盗、強姦など悲しみがなくなる分、喜びがます。

また過失や失敗も、正しくないことに入る。人がみな正しいことをすると、人はミスを極度にしなくなる。誰も、交通事故をしない。子供が広場でボールを投げ遊ぶ最中に、誤って、ボールを家の窓ガラスに当てて、割ることもない。これはこれで楽しいと思う。なにしろ失敗や過失がないと、人生は成功が増える。実にうれしい。

また人はいつも正しいことをして、間違えないから、試験では全員が百点をとる。実に、教育効果は高く、素晴らしいではないか。みなが完全無欠の秀才になれる。

というわけで、本当に「全員が正しいことをする社会」は素晴らしいのだ。つまらないどころではない。悲しみがなく、人権弾圧の暴虐がなく、共産主義のような間違った国家も消えて、人々がみな自由を謳歌する。
 楽しく、うれしく、喜びにあふれている。これがこの物言いの正しい理解の仕方だ。「正しいことをする」という意味を、正しく考えて、そういう社会を思い描かなくてはならない。

 みなが正しいことをする社会は、理想であって、そこは素晴らしい。退屈でつまらないわけがない。
posted by たすく at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

『人は感情の生き物だ』という人の精神次元は、5次元の上位

 日本人の中には、『人は感情の生き物だ』とどこぞで聞いた観点を得意げに話すのがいる。うっかりこんな幼稚な人間観を披瀝すると、西洋では、野獣と理性をもつ人間との違いがわからない人、と小馬鹿にされる。

 彼らは、アリストテレスから教えなくてはならないこの獣性と人間性がいまだ共存する日本人を冷ややかにみつめ、二度と哲学的な話はふってこないだろう。

 彼の精神次元はいくらか?
 知的な話題を好むから、5次元上位以上だ。5次元の下位は感覚的なことしか興味がなく、賢こぶるのは感覚に素直でないと思っているから、知識にかぶれたまねはしない。
 また個人の内面に関心が強いから、それは5次元上位なのだ。6次元では、外の世界の成り立ちに興味が強く、内面はあまり語らない。
posted by たすく at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

宇宙人は精神次元が高いのか? 実はせいぜい6次元 平均は5次元で、最低レベル

宇宙人は精神次元が高いのか? 実はせいぜい6次元

チャネラーは宇宙人と交信して、高い次元とアクセスする。彼らが交信する宇宙人の次元はいくらだろうか?

『我々は神霊』と8次元を装うもの、9-10次元の霊と共に宇宙領域にいる宇宙人、高い次元の総督など、彼らは高い次元であることを殊更にアピールする。

 どうも彼らは怪しい。素性を隠す者は詐欺師である。彼らは出身星を明らかにしない。星名を言わない。どういう手段で地球に来たかもはっきりしない。どんな円盤に乗っているかも、伝えてこない。地球のどの辺りにいるかも、定かでない。名前すら本当かわからない。
 人間は信用が第一だ。もし、会社の人なら、どこの番地にある会社の者で、本名を告げるものだろう。宇宙人は、そういう基本情報をあえてぼかす。この態度は詐欺師そのものだ。詐欺師は、5次元上位である。

 彼らの予言は当たったことがない。宇宙人コンタクティは様々に予言する。それはたくさんの宇宙人が予言を出す。そのうち、一つも当たったものがない。宇宙人が真実を語るなら、それと交信するコンタクティの予言はすべて当たるはずである。そういうのが1人もいない。宇宙人は予言をするが、外してばかりだ。彼らは、本当の未来を知るが、嘘つきなのである。嘘をついて人間を騙すのは、詐欺師と同じ次元である。

 精神論がおかしい。ワクワクするというのは幼稚だ。精神論とは、道徳である。愛だけでなく、信頼、義、徳、善悪、偽善、嘘、悲しみなどを総合的に論じる。が、そういう道徳の教科書のようにすべての資質を網羅する宇宙人はいない。『愛』とか、『調和』とか中身がない話をするのはいくらでもある。また、精神を浄化して、宇宙人と交信するような『コンタクティ養成』のカリュキュラムのようなものも、たくさんある。が、それは怪しい宇宙人と交信できる者を増やすことを目指している。精神を鍛えるものではない。彼らは精神性の向上に興味はなく、そんな人々と同類なので、5次元である。

 彼ら宇宙人から技術を教えてもらい、それを実用化させたのは知られているのはナチスとアメリカくらいだ。そういう情報は秘密で出回らない。巷でみかける宇宙人本にある情報は、全てインチキな技術や理論である。宇宙人のくせに、進んだ技術すら示せない。彼らの言い分は、地球人に過干渉してはいけないからだ、という。ならば、偽りの技術を教えるのは、もってのほか。なのに、そういうインチキなものは、たくさん宇宙人本に書いてある。これら宇宙人は、地球人を騙してもよいらしい。騙すことを本業とするのはペテン師で、5次元である。

 総じて、宇宙人本には未来の技術や優れた精神論があるようで、使えないものばかり。予言を信じて、実践すると、いつもあてが外れる。どういう星から来ているかも名乗らないし、霊と宇宙人が一緒にいるという。人間と霊が一緒に活動するなど奇妙なことだが、彼らは平気でそんな嘘をつく。彼らは、程度が低い。彼らの精神次元は、最低の5次元で、高くても6次元である。

 彼らは地球では、詐欺師集団と似る。本当のことを何一つ言わないのに、ターゲットを信じ込ませることができる。そういう騙しの手口だけに長けている。人間社会では、犯罪組織に入るのは、5次元である。そういうところに、7次元以上は生まれない。というわけで、彼らのトップは6次元だろう。

 これはすべての宇宙人の精神次元が低い、という話ではない。霊能者を通じて現れる宇宙人は、精神が低いという話だ。地球のような惑星は、銀河系にも幾億とあるだろう。そういう星々には、嘘をつかないで、本当のことしか言わない正しい者達はいる。そういう人たちは、地球より進化していて当然である。だが、なぜか、人間に姿を表す宇宙人は、そんなところからは来ていないのである。

posted by たすく at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする