2017年02月22日

精神次元をあげたい僧侶たち ならば、チベットの瞑想を学ぶとよい

精神次元をあげたい僧侶たち

日本の仏教では、菩薩や如来の心になることを目指す。仏教における菩薩とは、大乗の発想で、大衆を救うという修業で得られる境地だ。

 自分の感情や欲望、煩悩を超えて、心を空にした上で、人としてなすべきことができる人をさすようだ。

 如来は悟りを開いた者というが、仏陀などしかできない。

しがらみや苦悩を消化できない者は、菩薩にはなれない。如来は、菩薩よりさらに進む。仏教には、細かいことがたくさんある。それは瞑想の階梯なので、私は詳しくないから省略する。

仏教は、瞑想の進み具合で、人の心の様を言い表す。瞑想には階梯(段階)がある。私は詳しく、覚えてない。が、だいたい空に至るまでの心理。空を過ぎた心理がある。

日本の仏教は、ほとんど『空』の心に至るまでの解説しかない。さらに深い瞑想の境地を学ぶには、チベット仏教を頼るしかない。中国の龍樹?は、年をとってから念願の曼荼羅を見た。それで覚者となった。

ゲルク派のチベット死者の書には、曼荼羅を見るまで、曼荼羅以後の経緯が事細かにある。チベットに、曼荼羅の砂絵の文化は、そういう段階まで進んだ者が大勢いて生じた。

ラマの高僧には、末期癌で激痛にあえぐ体でも、痛みを感じないように心を保てる。寒くても平気でいられるという技もある。遠視もできる。幽体離脱などお茶の子さいさいだ。たいていの人はLSDで幻覚を見ると発狂するが、彼らはなんら動じない。瞑想で見た光景と似るとそれを楽しむ。彼らは脳を高度にコントロールできる。

チベット仏教が、高等・大学の教本とすると、日本仏教は、中学の教科書のようだ。

密教の修行僧から聞いた体験をもとに、あれこれ理解しようとするのが大乗だ。現実に、その心の状態を体験してないから、教義ばかり増えてゆく。大乗の教えは、それ故、瞑想は深くならない。が、人の法、生き方に関しては、部分的に発達する面もある。

仏教は、瞑想の学問である。が、実は、瞑想は発達心理にも関係する。そういう面が明らかになると、仏教は見直されるだろう。やがて発達心理学は、仏教を凌駕するだろう。

posted by たすく at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

精神が似た者同士は、各自の哲学を他者のそれで『確認』できる--精神が高い者は孤独だ

精神が似た者同士は、各自の哲学を他者のそれで『確認』できる 精神が高い者は孤独だ

酒場では、各自、見解が似た者どうしがつるむ。本音をさらけ出し、自己の信念を語り合う。相性がよく、気があった者は、友達となる。

次元が似た者同士の共通認識は、次元ごとにに違う。それを調査して、一覧表にすると面白いだろう。

精神が優れていると、それがない。同じような高い見地をもつ人は稀だからだ。古典の天才の中に、理性を的確に語れる者の中に、自分と似た哲学を発見して、うれしくなる。

 本当に優れた人は、哲学的に孤独である。が、下の精神は、かつて自分がたどってきた経路であり、彼らの疑問を解いたことがあるから、だいたいわかる。だが、彼らの見解が幼稚であり、間違いであることもよく知っている。だから、孤高だ。

 お互い似る者どうしは、わかる。精神的に優れた者は、たいてい孤独にしているからだ。人間関係が豊かでも、自分自身の哲学をまず語らない。誰も理解しないことをよく知っているからだ。書に残す人は多い。

が、高い次元の者は、人類のために、それぞれが違った思想を発表する役割がある。各自は、それを守らなくてはいけない。また、自分の体験や思想ことが、最も優れたものと思いがちであるため、他に譲らない。同じ理性をもつ人でも、思想が微妙に違い、それが価値観が共通する者同志が仲良くなることのネックになることが多い。

 なぜ、自分の思想にこだわるかといえば、神(自分の守護)から与えられた完璧なものだと信じているからだ。それが不完全なものであるにもかかわらず。彼らにとっては、に直感通りに生きることが最善なのだ(高い精神の人の生き方はこれ)。

 また哲学書だけではなく、宗教書の中にも、優れた者は似た考えをみつけることができる。何もかも物事を理性的にとらえようとするものは、ある。高い精神の者は、そういうものにひきつけられる。酔っぱらいの文章のようなものは、基本的に興味がない。

 本当に、優れた者は、酒場で愚痴などこぼさない。真に重要な信念に関わることは他人に共感されないからだ。最も優れた者は、理性に埋め尽くされた書を見つけ出すと、幸せになる。そういうのは滅多に出会わないからだ。
posted by たすく at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

守護霊が○○という時、本当は誰が守護をしているのか?

守護霊が○○という時、本当は誰が守護をしているのか?

 守護霊は2人いると考えたほうがよい。まずは人生を決めた守護霊。もう1人は、その上位の守護霊だ。

 私の守護霊はユダヤ系のエジプト人である。紀元前1300年、モーゼが生きていた頃に活躍した者だ。チープな霊能者が別人をあげ、うんざりしたから、わかるようにヒントは出しておく。私は現在、数多く生まれているエジプト人の1人である。このヒントだけで私の守護をつきとめたら、逆に偉いのだが、巷の霊能者はムリだろう。私以外に、彼と交信できない。

 もう1人、私の上位の守護霊は、9次元の黄色い霊(名前は『三毛猫』としよう)である。実によく働く霊だ。一般に名が知られていない。だから、私は三毛猫の子とも呼ばれる。

 さて、私はユダヤの子か、それとも三毛猫の子か。どちらと考えたらよいか? 同じように悩む人はたくさんいる。この答えを出す。

 まず大切なのは、自分の人生だ。大きな業績の部分(使命)は、神が決める。それをこなしつつ、人生の大半(結婚、友人、家族、使命以外の仕事、趣味)は地球霊が計画した。だから、私はほとんど6-8割はユダヤの彼の趣味と志向によって決まるから、ユダヤの子というのはある意味、正しい。

 が、どの系列に所属するかというと、三毛猫(ヤハエ母星の霊の1人)のグループだ。私の守護でいつも指導するのは、三毛猫の子達なのだ。だから、2-4割は三毛猫の性格なのだ。

 私の守護のユダヤ人は、私1人しか今の時期に指導しない。彼は指導力が低いから、2人はできない。

 三毛猫グループはこの地球で1世代2人で、2世代の合計4人を指導する。つまり、現在、私と性格が非常にそっくりなのは、地球に3人いる。他の惑星でも、40年ごとに2人のペースで人を育てる。いくつの星で、三毛猫グループが人を育成しているかは知らない。宇宙全体で3000人以上は指導するらしい。

 この時代、この宇宙で私のような性格をもつ人間(宇宙人も含めて)は、3000人はいるのだ。これが三毛猫グループの全貌である。三毛猫が直接、私を指導することはめったにない。

 隣近所の惑星と交信すると、必ず三毛猫の子が2人以上いて、私と話したがる。彼らと話すと、性格がほぼ同じなので、気が合う。彼らの守護霊には、私を何度か指導した者がいる。彼らの周囲の人間も、私の周辺と似ていて、親近感が沸く。私の周囲の善人と悪人の構成までかなりメンバーが同じなのだ。

 妻(赤い糸がつながる相手)は、私と同じく緑の子というのは少なく、三毛猫の妻の子というのが多い。

 私はエジブト・ユダヤの子である。が、性格は彼の面(彼のコピーで、1/3-1/10の彼の縮小版)では狭くなる。三毛猫の子と分類したほうが、私の性格全体を表す。守護の子と限定しすぎると、自分の可能性全体を理解できなくなるから、注意したい。

 また上位の守護霊はめったに本人には来ない。彼の子達が指導することが多い。このあたりを理解しておくと、よいだろう。案外、自分を普段、守護するのは、守護霊の関係者の霊である。だから、高次元の子が、普段、力を出さないのは、別の者達が来ているからなのだ。たまにしか来ないから、才能は発揮されにくい。

 例えば、神の子は、常に、神が指導するわけではない。かわりに、神の子たちがたくさん来て彼らが指導する、ということもあるのだ。いつも、守護霊の中で、最高の霊が指導するとは限らない。そこは弁えておいたほうがよい。また、自分の守護の系列のいろんな霊が、他惑星から来ているから、そういう事情も頭の片隅に入れておくとよい。他の惑星を旅行した時に、『昔、君のことを教えたことがあるよ。』という霊によく出くわすからである。
posted by たすく at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする