2017年04月18日

相性のよい人とは 具体的に

 相性のよい人とは

 私の友人をもとに、相性とは何かを考える。

 まずは、近所にいた女性の幼馴染。気が強くて、男にも果敢に立ち向かい(私はあまりみてないが)?、悪いことは基本的にしない。あっさりした性格。私とどこが似ているのかわからないのだが、気は合った。信じ合える人である。元気であることが一番ということが私と同じだ。

 次に小学生の男の親友。彼は活発で、活動的だ。何かと遊んでいる。いろんなことをやっている。頭も悪くはなかった。親友である。サッカーなど好きな遊びが似ていた。ちょうど社交的な度合い、遊び好きなところが同じ程度だった。あと、大阪は天王寺が最も強い人がいてなど、枚方に暮らす者としての社会観が似ていた。あまり政治などは興味なくて。

 高校では、小学校の同級生から、お前に似たのがいると紹介された別の高校の男子が友達。囲碁をしていたし、温厚で、優しくもあり、似ていたかもしれない。今は、たまに会っても、あまり話すことがない。

 大学では、へんな兄さんをみつけたのだ。私よりも顔はよく、いい笑顔だ。なかなかタフなので、いろいろ出かけた。が、残念ながら、何を話したのか覚えてない。タイプは違うのである。私は学者肌で、彼は事業家タイプなのだ。彼は私の扱いに長けていた。私も彼のやりそうなことはだいたいわかった。わかるというのは大切である。わからない(私がこりゃだめだな、と思うような)ことばかりするのとは、つきあう気がしない。

 大学では、会わなかったが、私と発想が似た女性はみかけた。哲学が私に近い。理性的で、正しくあり、なおかつ強いこと。弱さなど気にも留めない。彼女は遠くにいた。向こうは私が同類と知っていたが、相手をする気はなかったようだ。が、年をとると、いつまでもそんな片意地張っていたら、友人ができないと気付きはじめたようで、私に関心があるような噂をきく。

 最後、これから出会う女性。私の擬態に最近まで気づかなくて、私を遠ざけていたが、それでは幸福を逃すと決意したようで、私に寄付をくれることから私に近づく。彼女は私にとって生まれてから、ずっと好きなタイプで、ショートカットが似合う利発でスポーティーな女性のはずである。主婦歴が長く、その時、本来の性格はかなり潜めたかもしれない。が、通じるところがある。

 彼女の友人と親戚は、私と彼女はよく似ている、という。理に聡く、自分をもっていて、はちゃめちゃなのだ。好き勝手にしていても、うまく物事が運ぶというところが。生き方のスタイルとして、上質なところも。

 性格の一致、気が合うことが、相性のよさである。相性がよい者を、親友と呼ぶ。これは、ジャンルごとにたくさんいる。それぞれに共通点は異なる。その話はまたあとで。
posted by たすく at 20:45
"相性のよい人とは 具体的に"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: