2017年06月14日

『世界はなぜ「ある」のか?』(ジム・ホルト、早川書房)の感想 その1

『世界はなぜ「ある」のか?』(ジム・ホルト、早川書房)の感想 その1

彼は子供の頃から死んで無になることが、怖かった。そこから、彼がなぜかゆきついた問いが、本題だ。
 この本は、西洋哲学らしい議論がたくさん登場する。それを勉強した人には、楽しい。私は面白く読んでいた。

 まずは彼のみつけた答えは哲学者や神学者らしいものではなく、現代物理学に基づく宇宙論のものだ。

 彼はビッグバン理論を信じる。それは原初の宇宙が無から確率的に誕生するという量子力学的なものだ。彼は、現在の量子力学の法則にうさんくさいものと思わずになぜか信じる。私にはそこが非常に残念だ。

 アインシュタインが粒子の発生確率に疑問を呈したのに、彼はそこを動かしがたい事実とした。

 で、ここの下は私の理解だ。

 素粒子は、発生確率ごとに存在するはずで、それは無限である。そこから、彼は素粒子の多いパターンによる宇宙(セレクター)が無限にありえる、と推測する。そのうち、確率的に多く発生する素粒子がある。それが結合して、安定化する。それはいくつかの種類となる。そんな宇宙が支配的になるという。10次元宇宙論や可能性ごとの宇宙論である。

 話を戻す。彼の説では、

 たった一つの宇宙ではなく、我々の住む宇宙以外にも他に、無限に宇宙がある。彼によると、時間も宇宙の内在する。無限にある宇宙が、より大きな"宇宙"だ。それは素粒子のパターンごとの宇宙以外にも、我々の宇宙、他の宇宙、過去の宇宙も、未来の宇宙も、他の可能性の宇宙も含まれる。それはけっしてなくならない。

 我々の宇宙が発生する以前は、現在の量子力学に基づくビッグバン理論では、"無"に近かった。我々の宇宙が唯一という発想だ。

 が、彼はより大きな視野をもち、宇宙物理学の見地から、他に無限の宇宙があるとする。で、それら全ての宇宙を含むものを"宇宙"と考えると、"無"というものがなくなる。宇宙はある(なくなったことはない)という結論にになるそうだ。

 彼の話ぶりからすると、無はかなり限定的で局所的になるようだ。

 これは私の理解かもしれないが、彼は必然的にこういう結論になることを明確に書かなかったから、私がかわりに書いたまでのこと。

 私としては、死んで無になる、というありきたりの問題を少しつつくような幼稚な日本人的な議論でないので、とてもよかった。

 これはまた続きも書く予定だ。
posted by たすく at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

本当の君

本当の君

 君は凡人の群れに長くいた。そこでは本当の君を、誰も見てくれない。
 他人の思いを追いかけていた君は、それで自分を見失った。

 君は今、小さくなって、才能もみせなくなった。
  自分が何人かも忘れてしまった。
そんな君は、この前まで、やる気にあふれていた。

 かつての君は、伝統技能の達人だった。
 輝いていた君は、年に数回の旅行をしていた。
 君は本屋で、世界の最先端を知っていた。
 暖かい友達がたくさんいた。
 女性たちと気兼ねなく楽しく遊んでいた。

 今の君は、気力が抜けている。
 才能は閉じ込められる。
 君を認める友人がいない。
 君が活躍する場がない。

 なにより、君の能力が貶められている。
 育たないように檻に閉じ込められている。

 君は、本当の自分を見失った。
 それは、君の最高能力の集合だ。
 君は、誰よりも強かった。
 君は、圧倒的に、世界を明るくとらえていた。
 君を超える思想はなかった。

 最高の自分をたくさん集めてごらん。
 そこに、本当の君がいる。
 君は、その最高到達地点から、
 また始まる。

 だいぶ下まで落ちたような気がするとしても、
 卑下するな。無力と思うな。それは偽りの自己だ。
 本当の君は、山々の上に腰をおろしている。
 思い出せ。そこによじのぼらなくてよい。
 今、ありのままの君は、高みにいる。
 そこからの景色をもう一度、よく眺めろ。
 君のちからは、衰えてはいない。
 才能は残っている。消えたりはしない。
 その真実が、君を本来の自己に戻す。

 君は千の才能を宿す。
 それぞれを、そこから始めよう。
 君はずっと前から輝いていた。
 君は、山を上る。それが君の幸せだ。
 幸せになろう。
posted by たすく at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

偉人の気持ち 代弁


 代弁
 俺は、世界の頂点に立つ。君たちを率いてゆく。
 あちこちから世界の著名人が、私に話を聞きに来る。
 私は、彼らを教え導く。すごいだろ。

 へぇ。君の専門は何だい? 宗教だろ。
 霊のことは、誰よりも詳しいか?
 天国のことは、知っているか?
 君は、知識不足だ。

 君のとりえは唯一、君の思想だ。
 新時代の思想が君の中にある。
 それをもって、世界を導く。法を作る。宗教を動かす。

  君は、他に何も大きなことはできないのかな?
posted by たすく at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする