2017年04月08日

みなが正しいことをする社会はつまらないか?

みなが正しいことをする社会はつまらないか?

この物言いをする人は、学校をイメージして、実に発想が貧困だ。学校の先生が定める校則。風紀委員や規律委員会が全員の行動を監視して、それをはみだすことを許さない。そんな全員が規則を"正しく"守る社会を想定する。

 確かに、この教師の自己満足で、規則を守ることが正しさの基準となった学校はつまらない。風紀委員は「ルールだから守れ。」の一点張り。校則に生徒を従わせる。風紀委員が厳格になるほどに、自由さが消える。はめをはずすこともできず、縛られ、行き詰まるようだ。そこは退屈でつまらない。

一般的に、規則を守ることが正しい、とする社会はつまらない。校則だけではなく、人権の細かな規則をただひたすら守らせようとする連中が作る社会も、窮屈だ。
 その最たるは社会主義の国家である。不合理な規則を守り、従うと、自由がなくなり、活力がなくなるからだ。彼らは、小さな社会での彼らの独善的な正しさを押し付ける。

しかし、「みなが正しいことをする」と考える時に、こんな学級会のようなモデルを使って、考えることは一般論として間違っている。

 正しいことは、この場合、「規則をただ守ること」に限定されているからだ。しかもだ。その規則には、正しくないもの(理不尽な規則、特殊な規則、不合理なもの)がある。その間違った規則を守る行為は、正しくはないのだ。つまり、規則を守るだけの社会では、全員が正しいことをしているとは限らない。間違いを犯しているのだ。規則が完全に正しいという前提ではないからだ。

「全員が正しいことをする社会」と言う時、規則をただ守る人々をイメージするのは、というわけで、間違いである。校則に縛られた社会は、全員が正しいことをするところではない。日本人はよくそんな物言いをするが、それは「正しい」の定義に反する。賢い人の考え方ではない。

真に全員が正しいことをする社会はもっと自由があり、正しく、喜びあふれているものだ。正しいことをするから、そこでは間違ったことはしない。そこはつまらないわけではない。

社会的な間違いとは、まず犯罪だ。そこでは犯罪者と犯罪がいなくなる。それだけでも社会不安がなくなる。殺人、窃盗、強姦など悲しみがなくなる分、喜びがます。

また過失や失敗も、正しくないことに入る。人がみな正しいことをすると、人はミスを極度にしなくなる。誰も、交通事故をしない。子供が広場でボールを投げ遊ぶ最中に、誤って、ボールを家の窓ガラスに当てて、割ることもない。これはこれで楽しいと思う。なにしろ失敗や過失がないと、人生は成功が増える。実にうれしい。

また人はいつも正しいことをして、間違えないから、試験では全員が百点をとる。実に、教育効果は高く、素晴らしいではないか。みなが完全無欠の秀才になれる。

というわけで、本当に「全員が正しいことをする社会」は素晴らしいのだ。つまらないどころではない。悲しみがなく、人権弾圧の暴虐がなく、共産主義のような間違った国家も消えて、人々がみな自由を謳歌する。
 楽しく、うれしく、喜びにあふれている。これがこの物言いの正しい理解の仕方だ。「正しいことをする」という意味を、正しく考えて、そういう社会を思い描かなくてはならない。

 みなが正しいことをする社会は、理想であって、そこは素晴らしい。退屈でつまらないわけがない。
posted by たすく at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

直感的に生きる人が最も正しくある理由 -- 6-7次元以上の哲学

直感的に生きる人が最も正しくある理由

 これは直感に従い、理性的に生きている人を対象にした話だ。

 この手の人は、自分の運命をより緻密に生きることができる。答えが出ないことは、自分で考えても迷う。そんな時は、直感が指し示すことを行う。すると、その日にやるべきことができる。それを続けると、いつかは大きなことができる。

 心の導きに従うこと。この手に人にとって、それが正しい生き方だ。この方法で、よりよく生きられる。

 まず頭であれこれ考えた結論。それ以上のことができる。直感に従うと、思いもよらぬ発見がある。それで限界を突破して、自分を成長させる。

 だから、導きに従うことが、正しい生き方だと。

 他の生き方(知的型、感情型)とはどこが違うのか?

 一、運命に忠実な点では、直感タイプは他とあまり変わらない

 厳密に考えよう。直感に誘導される生き方。これは、結局、運命に従う。運命を超えることはなく、運命以下にもならない。自分の神が立てた計画。その人生を歩む。

 他の生き方、自分の考えに固執して、時折、生じる激しい感情で、自分の道を決める不器用な生き方。彼らは、鈍い生き方だ。が、彼らが、彼らの神が用意した運命を超えることはなく、運命以下の生き方をしているとも思えない。彼らも、また運命に従う。

 より感性的な人もいる。好き嫌い、考えが少なく、感情、好嫌いなどで動く人たち。彼らもまた、神が用意した人生を歩む。彼らもまた運命に縛られている。

 まとめると、直感タイプ(理性)と思考タイプ(知的)、感情タイプ(感性)はそれぞれの方法で運命に従う。この点で違いはない。直感タイプが他よりも、運命に忠実ということはない。感情タイプが他よりも、運命から離れているわけでもない。

 ニ、創造性、成長の点では、直感型は優れている

 感情タイプは、何をするかをよく考えることができない。よいと感じるもの、悪いと感じるものを、すぐにやりたがる。それをするのがよい、という深い考えはない。それで正しいことを考えてみつけるものは、不得意だ。

 知的タイプは、物事を考えて、何をすべきかを見いだせる。このタイプは、知識が指し示すことなら、できる。秀才にはなれる。だが、発想の飛躍がない。直感をあてにしないからだ。だから、知的限界、思考の枠組みからなかなか抜け出ない。

 だが、直感タイプは、どうにもこうにも行き詰まった時は、何も考えないことにして、アイデアがひらめくのを待つ。すると、しばらくするとよい案が思い浮かび、物事を解決できる。そのように、同じことを考え続ける人々よりも、問題解決能力が高い。

 知的タイプが一つの所にとどまっている間に、直感型はさらに上の世界へとたどりつく。直感型は、このように一つずつのアイデア、優れる。それが全般にわたる。

 直感的に生きるのが正しいのは、こういう従来の学問や考え方、習慣の限界を突破できるからだ。それほどに、問題解決の能力として、優れているからだ。

 まとめ
 感情型、知識型、直感型は、共に運命を生きる点では、差異がない。直感型が、他よりも人生に忠実に生きることはできるが、感情的な人は粗いナビゲートによる人生であり、本当は差異がない。

 直感的に生きる人は、問題解決能力において優れている。考えに行き詰まった時に、直感に従う。すると、それまで考え方では思いつかなかったようなアイデアを得て、自分のテーマを解決できる。それを日常的に行うことが他よりも、素晴らしい。また生き方としてより正しい。
posted by たすく at 21:20| Comment(0) | 精神次元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

守護霊をつけるのは、ほとんど嘘 その見分け方

守護霊をつける

霊能者が人間の分際で、守護霊を人につけるという。本当にできるのだろうか?

答え
 巷の霊能者にはできない。彼らの9割9分は、守護霊と交信できない。彼らは霊視すると、霊がみえる。それは視野にうつる『本物そっくりの霊の動く絵』だ。

宇宙人は、霊能者が霊視すると、その視野に合成映像をうつせる。ほぼすべて宇宙人はコンピューター映像の『霊』を霊能者にみせる。だから、ニセモノなのだ。霊能者は、そんなのにひっかかっている。

守護霊はニセモノだ。で、霊能者が、守護霊をつけて、と依頼する相手はそんな人を騙す悪い宇宙人だ。そんな宇宙犯罪者のような彼らは、天国に頼んで、守護霊をつけることはできない。

実際には、どういうことになるか?
霊能者は、悪い宇宙人に、守護霊をつけてもらう。すると、霊能者は依頼者の守護霊として交信できるニセ霊が一体増える。そのニセ霊は、守護霊のふりをする。それを本物と思い込んだ霊能者は、新しいのが増えたと喜ぶ。霊能者が見える映像や声、全てが虚構である。

私は他人に新しく守護霊はつけられる
できることはできる。私は、様々な守護を自分につけている。例えば、サイクリングしながら、物事をうまく考える才能がほしいと願う。天国に頼むと、いちおうつけてもらえる。それ依頼、私はサイク中に、よく思索できる。私はその新しくついた指導霊と交信はしない。が、実際に、効果があったことで、ついたことを確認する。
運動が機敏になる才能がほしいと頼む。すると、やや運動神経があがる気にはなる。で、何年後かにサッカー選手を見たら、私と同じような雰囲気で動きが素早い。彼と同じ指導霊だとわかる。
そんなわけで指導霊は、本当に新たにつく。私は他人にもつけられる。誰かはすぐにはわからないが、適切な人物(霊)が指導をするようになるようだ。

私は、天国と縁がある。だから、できる。なぜ、そうなっているかはよくわからない。他に同じことをする人はいない。専門を指定すると、指導霊はつく。

だが、一般に『守護霊をつける』というのは信じないほうがよい。霊能者が新しい指導霊と会話して、『あなたは強化されました。大丈夫といってくれる。』が、何も変わらない。なにしろ新規の守護霊が加わっていないのだから。

実質、お金とられて、霊能者が交信できる『ニセ霊』が増えるのみ。そして、彼らから嘘偽りを聞かされる。霊能者が新しい守護霊と会話したから、ついたと思うのは間違いなのだ。
本当に指導霊がついたなら、新しい才能が身につくはずだ。その有無で、霊能者が本物かを判断しよう。

天国と交信できる霊能者は、私以外にいないのでは? 
posted by たすく at 20:46| Comment(0) | 霊能者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする