2017年06月12日

本当の君

本当の君

 君は凡人の群れに長くいた。そこでは本当の君を、誰も見てくれない。
 他人の思いを追いかけていた君は、それで自分を見失った。

 君は今、小さくなって、才能もみせなくなった。
  自分が何人かも忘れてしまった。
そんな君は、この前まで、やる気にあふれていた。

 かつての君は、伝統技能の達人だった。
 輝いていた君は、年に数回の旅行をしていた。
 君は本屋で、世界の最先端を知っていた。
 暖かい友達がたくさんいた。
 女性たちと気兼ねなく楽しく遊んでいた。

 今の君は、気力が抜けている。
 才能は閉じ込められる。
 君を認める友人がいない。
 君が活躍する場がない。

 なにより、君の能力が貶められている。
 育たないように檻に閉じ込められている。

 君は、本当の自分を見失った。
 それは、君の最高能力の集合だ。
 君は、誰よりも強かった。
 君は、圧倒的に、世界を明るくとらえていた。
 君を超える思想はなかった。

 最高の自分をたくさん集めてごらん。
 そこに、本当の君がいる。
 君は、その最高到達地点から、
 また始まる。

 だいぶ下まで落ちたような気がするとしても、
 卑下するな。無力と思うな。それは偽りの自己だ。
 本当の君は、山々の上に腰をおろしている。
 思い出せ。そこによじのぼらなくてよい。
 今、ありのままの君は、高みにいる。
 そこからの景色をもう一度、よく眺めろ。
 君のちからは、衰えてはいない。
 才能は残っている。消えたりはしない。
 その真実が、君を本来の自己に戻す。

 君は千の才能を宿す。
 それぞれを、そこから始めよう。
 君はずっと前から輝いていた。
 君は、山を上る。それが君の幸せだ。
 幸せになろう。
posted by たすく at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

偉人の気持ち 代弁


 代弁
 俺は、世界の頂点に立つ。君たちを率いてゆく。
 あちこちから世界の著名人が、私に話を聞きに来る。
 私は、彼らを教え導く。すごいだろ。

 へぇ。君の専門は何だい? 宗教だろ。
 霊のことは、誰よりも詳しいか?
 天国のことは、知っているか?
 君は、知識不足だ。

 君のとりえは唯一、君の思想だ。
 新時代の思想が君の中にある。
 それをもって、世界を導く。法を作る。宗教を動かす。

  君は、他に何も大きなことはできないのかな?
posted by たすく at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神が高い人は、各種能力を鍛える

精神が高い人は、各種能力を鍛える

彼は精神で高みにいる。判定を見ただろう?
 君たちは彼と比較にならないんだ。わかっていて、言うなよ。
 君たちは、心が幼稚のまま大人になったではないか? 
 精神的にはけっして彼は子供ではない。君たちと違って。
 精神的な成長なんてものは、一度、止まったら、それより生きて上がらない。
 そんなことも知らないのか? そこが低いといって何の役に立つ?
 それは君たち自身への非難であって、彼に対するものではない。

 彼のふるまいが大学生のようで、年齢に合わず若者っぽいことは彼も自覚する。
 一般人がもついくつかの能力が低い。そこを青年っぽいと言われても…
 そう。彼に足りないのは、精神的な面ではなく、
 個別の才能なのだ。しっかり分けて、言え。

 君たちが言いたいのは、わかる。
 彼に社会性が足りないのだろう? それとも社会地位の才能か?
 リーダーシップの実技か? SEXの技量か?
 会話力か? 言語力か? 組織力か?

 君たちが大人らしい振る舞いと思っているのは、
 こういう各種能力が、一定の水準に達するとできることなんだ。
 たわいないことだよ。数年で学習できる。
 彼の才能なら、5-10年で君たちをあっという間に超える。

 彼はもう精神的には大人なんだ。
 それぞれの技能は、必要な時に身につく。
 彼の場合は、急速に。待てばよい。

 君たちが自分たちは大人だと自信たっぷりだ。
 彼から見ると、君たちはかなり幼稚なのだがな。
 彼のほうが正しいのは、判定の通りさ。

 じゃ。
 
posted by たすく at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする